サムスンギャラクシーS6ホームボタンの交換

によって書かれた: ダンテマザンティ (および他の6人の貢献者)
  • コメント:123
  • お気に入り:13
  • 完了:22
サムスンギャラクシーS6ホームボタンの交換' alt=

困難

難しい

ステップ



42



所要時間



時間を提案する ??

セクション

9



フラグ

0

前書き

このガイドに従って、Samsung GalaxyS6のホームボタンを交換してください。

このガイドでは、背面ガラスを取り外します。リアガラスを取り外すと、それを所定の位置に保持している接着剤が破壊されます。フォローする このガイド リアガラスを再び取り付けます。

ツール

  • サクションハンドル
  • SIMカード取り出しツール
  • iFixitオープニングピック6個セット
  • iOpener
  • フィリップス#00ドライバー
  • スパッジャー
  • ピンセット

部品

  1. ステップ1 SIMカード

    電話機の電源ボタン側にあるSIMカードスロットの穴にペーパークリップまたはSIMイジェクトツールを挿入します。' alt= を押してSIMカードトレイを取り出します。' alt= ' alt= ' alt=
    • 電話機の電源ボタン側にあるSIMカードスロットの穴にペーパークリップまたはSIMイジェクトツールを挿入します。

    • を押してSIMカードトレイを取り出します。

    • 強く押しすぎないでください。SIMカードトレイが損傷する可能性があります。

    編集 コメント2件
  2. ステップ2

    電話機からSIMカードトレイを取り外します。' alt=
    • 電話機からSIMカードトレイを取り外します。

    編集
  3. ステップ3 iOpener暖房

    先に進む前に電子レンジを掃除することをお勧めします。底の厄介なガンクがiOpenerに付着してしまう可能性があるためです。' alt= 電子レンジの中央にiOpenerを置きます。' alt= ' alt= ' alt=
    • 先に進む前に電子レンジを掃除することをお勧めします。底の厄介なガンクがiOpenerに付着してしまう可能性があるためです。

    • 電子レンジの中央にiOpenerを置きます。

    • カルーセル電子レンジの場合:プレートが自由に回転することを確認します。 iOpenerが動かなくなった場合、過熱して火傷する可能性があります。

    編集 コメント20件
  4. ステップ4

    iOpenerを30秒間加熱します。' alt=
    • iOpenerを加熱します 30秒

    • 修理手順全体を通して、iOpenerが冷えたら、電子レンジで一度にさらに30秒間再加熱します。

    • 修理中にiOpenerを過熱しないように注意してください。過熱すると、iOpenerが破裂する可能性があります。

    • iOpenerが腫れているように見える場合は、絶対に触れないでください。

    • iOpenerの途中でまだ熱くて触れられない場合は、iOpenerがさらに冷えるのを待ってから再加熱するまで、iOpenerを使い続けてください。適切に加熱されたiOpenerは、最大10分間暖かく保つ必要があります。

    編集 コメント19件
  5. ステップ5

    電子レンジからiOpenerを取り外し、ホットセンターを避けるために2つの平らな端の1つで保持します。' alt=
    • 電子レンジからiOpenerを取り外し、ホットセンターを避けるために2つの平らな端の1つで保持します。

      職人が芝刈り機のドライブベルト図に乗る
    • iOpenerは非常に高温になりますので、取り扱いには注意してください。必要に応じてオーブンミットを使用してください。

    編集 コメント4件
  6. ステップ6 リアガラス

    お使いの携帯電話を開くと、その防水シールが損なわれます。続行する前に交換用接着剤を用意してください。接着剤を交換せずに電話機を組み立て直す場合は、液体にさらされないように注意してください。' alt= ガラスが粉々になった場合は、パネル全体にパッキングテープを貼り、取り外しプロセス中にガラスを一緒に保持します。' alt= ' alt= ' alt=
    • お使いの携帯電話を開くと、その防水シールが損なわれます。続行する前に交換用接着剤を用意してください。接着剤を交換せずに電話機を組み立て直す場合は、液体にさらされないように注意してください。

    • ガラスが粉々になった場合は、パネル全体にパッキングテープを貼り、取り外しプロセス中にガラスを一緒に保持します。

    • 加熱したiOpenerをリアパネルの上に約2分間置き、ガラスの端の周りの接着剤を緩めます。

    • 電話を十分に暖めるために、iOpenerを数回再加熱して再適用する必要がある場合があります。過熱を避けるためにiOpenerの指示に従ってください。

    • iOpenerをシフトして、パネルの残りの部分をさらに2分間加熱します。

    • ヘアドライヤー、ヒートガン、またはホットプレートを使用することもできますが、電話を過熱しないように注意してください。OLEDディスプレイと内蔵バッテリーはどちらも熱による損傷を受けやすくなっています。

    編集 コメント10件
  7. ステップ7

    後部ガラスが触ると熱くなったら、ガラスの下端近くに吸盤を適用します。' alt= 吸盤を持ち上げてリアガラスの下に小さな隙間を作り、その隙間にオープニングピックを挿入します。' alt= 必要に応じて、ピックを挿入したら、次の手順で接着剤を弱めるのに役立つイソプロピルアルコールを数滴ギャップに追加できます。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • 後部ガラスが触ると熱くなったら、ガラスの下端近くに吸盤を適用します。

    • 吸盤を持ち上げてリアガラスの下に小さな隙間を作り、その隙間にオープニングピックを挿入します。

    • 必要に応じて、ピックを挿入したら、次の手順で接着剤を弱めるのに役立つイソプロピルアルコールを数滴ギャップに追加できます。

    編集 6コメント
  8. ステップ8

    ピックを電話の下端に沿ってスライドさせて、背面ガラスを固定している接着剤をスライスします。' alt= その後、次のステップに進むときに、ピックをそのままにして、2番目のピックをつかむと役立つ場合があります。ピックを挿入したままにしておくと、分離したばかりの接着剤が再付着するのを防ぐのに役立ちます。' alt= ' alt= ' alt=
    • ピックを電話の下端に沿ってスライドさせて、背面ガラスを固定している接着剤をスライスします。

    • その後、次のステップに進むときに、ピックをそのままにして、2番目のピックをつかむと役立つ場合があります。ピックを挿入したままにしておくと、分離したばかりの接着剤が再付着するのを防ぐのに役立ちます。

    • 接着剤が冷えて硬化するのを防ぐために、必要に応じてリアガラスを再加熱します。

    編集 コメント2件
  9. ステップ9

    電話の残りの3つの側面について、加熱と切断の手順を繰り返します。' alt= 接着剤が再シールするのを防ぐために、各エッジの下にオープニングピックを残します。' alt= 接着剤が再シールするのを防ぐために、各エッジの下にオープニングピックを残します。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • 電話の残りの3つの側面について、加熱と切断の手順を繰り返します。

    • 接着剤が再シールするのを防ぐために、各エッジの下にオープニングピックを残します。

    編集 3コメント
  10. ステップ10

    オープニングピックを使用して、残っている接着剤をスライスします。' alt= リアガラスを取り外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • オープニングピックを使用して、残っている接着剤をスライスします。

    • リアガラスを取り外します。

    編集 コメント2件
  11. ステップ11

    新しいリアガラスを取り付けるには:' alt= ピンセットを使用して、電話から残っている接着剤をはがします' alt= ' alt= ' alt=
    • 新しいリアガラスを取り付けるには:

    • ピンセットを使用して、電話のシャーシから残っている接着剤をはがします。

    • 高濃度のイソプロピルアルコール(少なくとも90%)と糸くずの出ない布で接着部分を清掃します。前後ではなく、一方向にのみスワイプします。これは、新しい接着剤の表面を準備するのに役立ちます。

    • 新しい背面ガラスの裏側の接着剤をはがし、ガラスの一方の端を電話のシャーシに注意深く合わせ、ガラスを電話にしっかりと押し付けます。

    • 古いリアガラスを再度取り付ける場合、または接着剤が事前に取り付けられていないリアガラスを使用する場合は、次の手順に従ってください。 このガイド 。

    編集 コメント2件
  12. ステップ12 ミッドフレームアセンブリ

    ミッドフレームを電話に固定している13本の3.5mmフィリップス#00ネジを外します。' alt=
    • ミッドフレームを電話に固定している13本の3.5mmフィリップス#00ネジを外します。

    編集 コメント2件
  13. ステップ13

    ミッドフレームアセンブリの端をしっかりとつかみます。' alt= バッテリーを押し下げながらミッドフレームアセンブリを持ち上げて、ミッドフレームアセンブリを電話の他の部分から分離します。' alt= ミッドフレームを持ち上げるときは、オーディオジャックや充電ポートに引っ掛からないように注意してください。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • ミッドフレームアセンブリの端をしっかりとつかみます。

    • バッテリーを押し下げながらミッドフレームアセンブリを持ち上げて、ミッドフレームアセンブリを電話の他の部分から分離します。

    • ミッドフレームを持ち上げるときは、オーディオジャックや充電ポートに引っ掛からないように注意してください。

    • ミッドフレームが部分的に分離されたら、電話の残りの部分の端の周りにオープニングピックを慎重に実行して、ミッドフレームの上部を分離します。

    • ガラスとディスプレイの間に誤ってオープニングピックを挿入しないように注意してください。

    • ヘッドホンジャックの損傷を防ぐために、最初にミッドフレームの上部を取り外してから、ミッドフレームを下に押してヘッドホンジャックから外します。

    • あなたはする必要があるかもしれません 熱 ミッドフレームの分離が難しい場合は、iOpenerをディスプレイの端に適用して、ディスプレイの接着剤を柔らかくします。

    編集 9コメント
  14. ステップ14

    ミッドフレームアセンブリを持ち上げて、電話機の他の部分から分離します。' alt=
    • ミッドフレームアセンブリを持ち上げて、電話機の他の部分から分離します。

    編集 1つのコメント
  15. ステップ15 サムスンギャラクシーS6バッテリーコネクタの分解

    スパッジャーの平らな端を使用して、マザーボードのソケットからバッテリーコネクタを外します。' alt= スパッジャーの平らな端を使用して、マザーボードのソケットからバッテリーコネクタを外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーの平らな端を使用して、マザーボードのソケットからバッテリーコネクタを外します。

    編集
  16. ステップ16 マザーボードアセンブリ

    スパッジャーの先のとがったエッジを使用して、BluetoothおよびWi-Fiアンテナケーブルコネクタをマザーボードのソケットから外します。' alt= スパッジャーの先のとがったエッジを使用して、BluetoothおよびWi-Fiアンテナケーブルコネクタをマザーボードのソケットから外します。' alt= スパッジャーの先のとがったエッジを使用して、BluetoothおよびWi-Fiアンテナケーブルコネクタをマザーボードのソケットから外します。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーの先のとがったエッジを使用して、BluetoothおよびWi-Fiアンテナケーブルコネクタをマザーボードのソケットから外します。

    編集 1つのコメント
  17. ステップ17

    スパッジャーの平らな端を使用して、ホームボタンコネクタを外します。' alt= スパッジャーの平らな端を使用して、ホームボタンコネクタを外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーの平らな端を使用して、ホームボタンコネクタを外します。

    編集
  18. ステップ18

    スパッジャーの平らな端を使用して、ディスプレイアセンブリケーブルをマザーボードから外します。' alt= スパッジャーの平らな端を使用して、ディスプレイアセンブリケーブルをマザーボードから外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーの平らな端を使用して、ディスプレイアセンブリケーブルをマザーボードから外します。

    編集 コメント2件
  19. ステップ19

    イヤピーススピーカーアセンブリのケーブルコネクタをマザーボードから外します。' alt= イヤピーススピーカーアセンブリのケーブルコネクタをマザーボードから外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • イヤピーススピーカーアセンブリのケーブルコネクタをマザーボードから外します。

    編集
  20. ステップ20

    マザーボードのカメラ側の端を持ち上げて、ディスプレイフレームから分離します。' alt= マザーボードを持ち上げるときに、リボンケーブルの一部を邪魔にならない場所に移動する必要がある場合があります。ボードが持ち上げにくい場合は、ボードが完全に外れていて、リボンケーブルに引っかかっていないことを確認してください。' alt= ' alt= ' alt=
    • マザーボードのカメラ側の端を持ち上げて、ディスプレイフレームから分離します。

    • マザーボードを持ち上げるときに、リボンケーブルの一部を邪魔にならない場所に移動する必要がある場合があります。ボードが持ち上げにくい場合は、ボードが完全に外れていて、リボンケーブルに引っかかっていないことを確認してください。

    • 行う ない マザーボードはまだ完全に取り外してください。マザーボードの下側にあるリボンケーブルを介してドーターボードに接続されたままです。

    編集
  21. ステップ21

    スパッジャーの平らな端を使用して、マザーボードの下側にあるソケットからドーターボードリボンケーブルコネクタを外します。' alt= スパッジャーの平らな端を使用して、マザーボードの下側にあるソケットからドーターボードリボンケーブルコネクタを外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーの平らな端を使用して、マザーボードの下側にあるソケットからドーターボードリボンケーブルコネクタを外します。

    編集
  22. ステップ22 画面

    ディスプレイガラスにひどいひびが入っている場合は、ガラスにテープを貼って浮遊ガラスを封じ込め、こじ開けを容易にします。' alt= iOpenerを再加熱します。' alt= ' alt= ' alt=
    • ディスプレイガラスにひどいひびが入っている場合は、 ガラスにテープを貼る 漂遊ガラスを封じ込め、こじ開けを容易にします。

    • 再加熱 iOpener。

    • S6ディスプレイ全体にiOpenerを置きます。 2分後、iOpenerを画面の残りの半分に移動します。

    • 電話を十分に暖めるために、iOpenerを数回再加熱して再適用する必要がある場合があります。過熱を避けるためにiOpenerの指示に従ってください。

    編集
  23. ステップ23

    電話機のバッテリー側の端、フレームとディスプレイの間の開口部ピックを上向きの角度で挿入します。' alt= 正しく実行すると、ディスプレイフレームとディスプレイアセンブリの間にギャップが表示されます。' alt= 間違って行うと、ピックがガラス越しに見えるようになります。これが発生した場合は、ピックを取り外してやり直してください。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • 電話機のバッテリー側の端、フレームとディスプレイの間の開口部ピックを上向きの角度で挿入します。

    • 正しく実行すると、ディスプレイフレームとディスプレイアセンブリの間にギャップが表示されます。

    • 間違って行うと、ピックがガラス越しに見えるようになります。これが発生した場合は、ピックを取り外してやり直してください。

    編集 3コメント
  24. ステップ24

    ピックをディスプレイの端にスライドさせて、下の接着剤を分離します。' alt= ディスプレイの下にある繊細な静電容量式ボタンを避けるために、ドーターボードに到達したら切断を停止します。' alt= ' alt= ' alt=
    • ピックをディスプレイの端にスライドさせて、下の接着剤を分離します。

    • ディスプレイの下にある繊細な静電容量式ボタンを避けるために、ドーターボードに到達したら切断を停止します。

    • 切断が困難になった場合は、iOpenerを再加熱して再塗布してください。

    • 接着剤を切断した後、ディスプレイがフレームに再接着しないように、ピックをディスプレイの側面に残します。

    編集
  25. ステップ25

    ピックを電話の下端に沿って、ヘッドフォンジャックから充電ポートのすぐ先までスライドさせます。' alt= ホームボタンの損傷を防ぐため、オープニングピックを0.25インチ(〜6mm)を超えて挿入しないでください。' alt= ' alt= ' alt=
    • ピックを電話の下端に沿って、ヘッドフォンジャックから充電ポートのすぐ先までスライドさせます。

    • ホームボタンの損傷を防ぐため、オープニングピックを0.25インチ(〜6mm)を超えて挿入しないでください。

    編集
  26. ステップ26

    ディスプレイの下隅の下、ヘッドフォンジャックの近くにオープニングピックを約0.5インチ(〜12mm)挿入します。' alt= ボタンに注意してください' alt= ' alt= ' alt=
    • ディスプレイの下隅の下、ヘッドフォンジャックの近くにオープニングピックを約0.5インチ(〜12mm)挿入します。

    • ピックを挿入するときは、ボタンのリボンケーブルに注意してください。ケーブルは壊れやすく、非常に簡単に裂けます。ピックを挿入するのが難しい場合、またはケーブルが伸び始めた場合は、さらに熱を加えます。

    • ボタンがディスプレイに再付着しないように、ピックをディスプレイの下に置いたままにします。

    • 静電容量式ボタンまたはリボンケーブルのいずれかが破損した場合は、 ドーターボードアセンブリ 、新しい静電容量式ボタンが含まれています。

    編集
  27. ステップ27

    ディスプレイの反対側の下隅の下に約0.5インチ(〜12mm)の開口部ピックを挿入します。' alt= ボタンに注意してください' alt= ' alt= ' alt=
    • ディスプレイの反対側の下隅の下に約0.5インチ(〜12mm)の開口部ピックを挿入します。

    • ピックを挿入するときは、ボタンのリボンケーブルに注意してください。ケーブルは壊れやすく、非常に簡単に裂けます。ピックを挿入するのが難しい場合、またはケーブルが伸び始めた場合は、さらに熱を加えます。

    • ボタンがディスプレイに再付着しないように、ピックをディスプレイの下に置いたままにします。

    編集
  28. ステップ28

    バッテリーの反対側の電話の側面に沿って開口部のピックをスライドさせて、下の接着剤を分離します。' alt= 接着剤を切断した後、ディスプレイがフレームに再接着しないように、ピックをディスプレイの側面に残します。' alt= ' alt= ' alt=
    • バッテリーの反対側の電話の側面に沿って開口部のピックをスライドさせて、下の接着剤を分離します。

    • 接着剤を切断した後、ディスプレイがフレームに再接着しないように、ピックをディスプレイの側面に残します。

    編集
  29. ステップ29

    ピックを電話の上部に沿ってバイブレーターに向かってスライドさせます。' alt= イヤピースのスピーカーグリルを避けるために、ピックを少し引き出します。' alt= イヤピースのスピーカーグリルを避けるために、ピックを少し引き出します。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • ピックを電話の上部に沿ってバイブレーターに向かってスライドさせます。

    • イヤピースのスピーカーグリルを避けるために、ピックを少し引き出します。

    編集
  30. ステップ30

    オープニングピックを使用して、フレームのバッテリー側をディスプレイからそっとこじ開けます。' alt= ディスプレイとフレームが簡単に分離しない場合は、オープニングピックを使用して残りの接着剤をカットします。切断が難しい場合は、iOpenerを再加熱して再塗布してください。' alt= ' alt= ' alt=
    • オープニングピックを使用して、フレームのバッテリー側をディスプレイからそっとこじ開けます。

    • ディスプレイとフレームが簡単に分離しない場合は、オープニングピックを使用して残りの接着剤をカットします。切断が難しい場合は、iOpenerを再加熱して再塗布してください。

    • まだディスプレイを完全に取り外さないでください。ディスプレイケーブルはまだフレームに通されています。

    編集 1つのコメント
  31. ステップ31

    ディスプレイをルーティングする' alt= ディスプレイをルーティングする' alt= ' alt= ' alt=
    • ディスプレイの右端を完全に分離するために、ディスプレイのフレックスケーブルをフレームの穴に通します。

    編集
  32. ステップ32

    新しいディスプレイを取り付ける前に、' alt=
    • 新しいディスプレイを取り付ける前に、フレームから古い接着剤の痕跡をすべて取り除くことが非常に重要ですが、小さなガラスの破片は特に注意して取り除きます。

    • フレームから接着剤とガラスの痕跡をすべて取り除いた後、90%(またはそれ以上)のイソプロピルアルコールと糸くずの出ない布またはコーヒーフィルターで接着領域を清掃します。前後ではなく、一方向にのみスワイプします。

    • フレームが曲がっている場合、または接着剤やガラスの残骸が残っている場合、新しいディスプレイは正しく取り付けられず、損傷する可能性があります。必要ならば、 フレームを交換してください 。

    • 新しい画面を固定する最良の方法は、カスタムカットされた両面テープを使用することです。画面の背面にテープを貼り、ディスプレイケーブルをフレームに注意深く通します。画面を揃えて、所定の位置に押し込みます。

    編集 コメント4件
  33. ステップ33 ドーターボード

    ドーターボードをディスプレイフレームに固定している3.0mmフィリップス#00ネジを1本取り外します。' alt=
    • ドーターボードをディスプレイフレームに固定している3.0mmフィリップス#00ネジを1本取り外します。

    編集 1つのコメント
  34. ステップ34

    ホームボタンが手前になるように、ディスプレイフレームを裏返します。' alt= スパッジャーの先のとがったエッジを、右側のソフトボタンLEDケーブルの横にある溝に挿入します。' alt= LEDケーブルをディスプレイフレームからそっと持ち上げます。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • ホームボタンが手前になるように、ディスプレイフレームを裏返します。

    • スパッジャーの先のとがったエッジを、右側のソフトボタンLEDケーブルの横にある溝に挿入します。

    • LEDケーブルをディスプレイフレームからそっと持ち上げます。

    • これらの繊細なケーブルをプラスチックフレームから剥がすときは、引き裂かないように注意してください。

    編集 1つのコメント
  35. ステップ35

    スパッジャーの先のとがったエッジを、左側のソフトボタンLEDケーブルの上の溝に挿入します。' alt= 左側のソフトボタンLEDケーブルをプラスチックフレームから持ち上げて外します。' alt= 左側のソフトボタンLEDケーブルをプラスチックフレームから持ち上げて外します。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーの先のとがったエッジを、左側のソフトボタンLEDケーブルの上の溝に挿入します。

    • 左側のソフトボタンLEDケーブルをプラスチックフレームから持ち上げて外します。

    編集
  36. ステップ36

    フレームをもう一度裏返し、ドーターボードを持ち上げてディスプレイフレームから剥がします。' alt= フレームをもう一度裏返し、ドーターボードを持ち上げてディスプレイフレームから剥がします。' alt= フレームをもう一度裏返し、ドーターボードを持ち上げてディスプレイフレームから剥がします。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • フレームをもう一度裏返し、ドーターボードを持ち上げてディスプレイフレームから剥がします。

    編集
  37. ステップ37 ホームボタン

    ホームボタンコネクタが手前になるようにディスプレイフレームの向きを調整します。' alt= スパッジャーの先のとがったエッジを使用して、ホームボタンのリボンケーブルをディスプレイフレームから分離します。' alt= ホームボタンリボンケーブルを取り外すときは注意してください。デリケートで破れやすいです。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • ホームボタンコネクタが手前になるようにディスプレイフレームの向きを調整します。

    • スパッジャーの先のとがったエッジを使用して、ホームボタンのリボンケーブルをディスプレイフレームから分離します。

    • ホームボタンリボンケーブルを取り外すときは注意してください。デリケートで破れやすいです。

    編集
  38. ステップ38

    スパッジャーの先のとがった端を使用して、ホームボタンケーブルをディスプレイフレームに押し込みます。' alt= スパッジャーの先のとがった端を使用して、ホームボタンケーブルをディスプレイフレームに押し込みます。' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーの先のとがった端を使用して、ホームボタンケーブルをディスプレイフレームに押し込みます。

    編集
  39. ステップ39

    ディスプレイフレームを裏返し、スパッジャーの先のとがった端を使用して、ホームボタンケーブルを穴から完全に引き出します。' alt= ディスプレイフレームを裏返し、スパッジャーの先のとがった端を使用して、ホームボタンケーブルを穴から完全に引き出します。' alt= ディスプレイフレームを裏返し、スパッジャーの先のとがった端を使用して、ホームボタンケーブルを穴から完全に引き出します。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • ディスプレイフレームを裏返し、スパッジャーの先のとがった端を使用して、ホームボタンケーブルを穴から完全に引き出します。

    編集
  40. ステップ40

    スパッジャーをケーブルの下にスライドさせて、フレームから分離し続けます。' alt= スパッジャーをケーブルの下にスライドさせて、フレームから分離し続けます。' alt= スパッジャーをケーブルの下にスライドさせて、フレームから分離し続けます。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーをケーブルの下にスライドさせて、フレームから分離し続けます。

    編集
  41. ステップ41

    ボタンは、両側のタブで固定されています。ボタンを取り外すには、ブラケットの端をクリアするのに十分な距離まで移動する必要があります。' alt= ケーブルがフレームから完全に分離されたら、スパッジャーを使用して、ブラケットの左端にあるホームボタンを押します。' alt= スパッジャーを使用して、ホームボタンを押し上げてブラケットから外します。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • ボタンは、両側のタブで固定されています。ボタンを取り外すには、ブラケットの端をクリアするのに十分な距離まで移動する必要があります。

    • ケーブルがフレームから完全に分離されたら、スパッジャーを使用して、ブラケットの左端にあるホームボタンを押します。

    • スパッジャーを使用して、ホームボタンを押し上げてブラケットから外します。

    編集
  42. ステップ42

    ホームボタンを削除します。' alt=
    • ホームボタンを削除します。

    編集
ほぼ完了しました!

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。リアガラスを再び取り付けるときは、 リアガラス接着剤交換ガイド。

結論

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。リアガラスを再び取り付けるときは、 リアガラス接着剤交換ガイド。

著者に+30ポイントを与えてください!終了しました!

他の22人がこのガイドを完了しました。

著者

と 他の6人の貢献者

' alt=

ダンテマザンティ

メンバー登録日:2015年7月13日

34,936評判

26のガイドが作成