Xbox360レッドリングオブデスフィックスキット

特徴

によって書かれた: アンドリュー・ブックホルト (および他の19人の貢献者)
  • コメント:108
  • お気に入り:610
  • 完了:615
Xbox360レッドリングオブデスフィックスキット

注目のガイド

困難



難しい

ステップ

55

所要時間

45分-1時間

セクション

14

フラグ

1

注目のガイド

注目のガイド

このガイドは、iFixitのスタッフによって非常に優れていることがわかりました。

前書き

このガイドを使用して、iFixitのRed Ring of Death FixKitをインストールします。

リフロー 完了後のマザーボード ステップ48 このガイドの(RROD修正キットをインストールする前に)は、赤いリングの障害を修正するのに成功する可能性が高く、将来の障害に対する保護も提供します。

ツール

部品

ビデオの概要

このビデオの概要でXbox360を修復する方法を学びます。
  1. ステップ1 ハードドライブ

    ハードドライブアセンブリをつかみ、その前端を持ち上げながらリリースボタンを押します。 上部の通気口からハードドライブアセンブリを取り外します。
    • ハードドライブアセンブリをつかみ、その前端を持ち上げながらリリースボタンを押します。

    • 上部の通気口からハードドライブアセンブリを取り外します。

    編集 コメント2件
  2. ステップ2 ボトムベント

    下端を上に向けて、コンソールを垂直に立てます。 Xbox360オープニングツール4.99ドル
    • 下端を上に向けて、コンソールを垂直に立てます。

    • 次の開封手順を通して、 Xbox360オープニングツール スパッジャーの代わりに使用できます。

    • スパッジャーの平らな端またはXbox360オープニングツールの端を、下部の通気口の前端にある小さな隙間に挿入します。

    • 下部ベントの前端をフェースプレートからこじ開けます。

    編集 コメント2件
  3. ステップ3

    次のいくつかの手順では、スパッジャーの先端またはXbox 360オープニングツールの指を使用して、下部ベントの左側と右側に沿ってクリップを解放します。それらの場所は赤で強調表示されます。 白いプラスチック製のサイドケースピースに成形された穴にツールを挿入します。 白いプラスチック製のサイドケースピースに成形された穴にツールを挿入します。
    • 次のいくつかの手順では、スパッジャーの先端またはXbox 360オープニングツールの指を使用して、下部ベントの左側と右側に沿ってクリップを解放します。それらの場所は赤で強調表示されます。

    • 白いプラスチック製のサイドケースピースに成形された穴にツールを挿入します。

    編集
  4. ステップ4

    クリップを解放するには、下部ベントの前端から作業します。 下部ベントの前端をわずかに持ち上げながら、スパッジャーの先端を使用して、下部ベントの前面に最も近いクリップをコンソールの内側に向かって押します。
    • クリップを解放するには、下部ベントの前端から作業します。

    • 下部ベントの前端をわずかに持ち上げながら、スパッジャーの先端を使用して、下部ベントの前面に最も近いクリップをコンソールの内側に向かって押します。

    編集
  5. ステップ5

    同じプロセスを繰り返して、下部ベントの2つの中央クリップを解放します。 同じプロセスを繰り返して、下部ベントの2つの中央クリップを解放します。
    • 同じプロセスを繰り返して、下部ベントの2つの中央クリップを解放します。

    編集
  6. ステップ6

    スパッジャーの先端を使用して、Xboxの背面に最も近い下部の通気口にあるクリップを解放します。 スパッジャーの先端を使用して、Xboxの背面に最も近い下部の通気口にあるクリップを解放します。
    • スパッジャーの先端を使用して、Xboxの背面に最も近い下部の通気口にあるクリップを解放します。

    編集
  7. ステップ7

    360から下部の通気口を取り外します。
    • 360から下部の通気口を取り外します。

    編集
  8. ステップ8 フェースプレート

    スパッジャーの平らな端をフェースプレートと電源ボタンの近くの外側ケーシングの間に挿入します。 フェースプレートの端に沿ってスパッジャーを動かし、コンソールの前面に固定しているクリップを解放します。
    • スパッジャーの平らな端をフェースプレートと電源ボタンの近くの外側ケーシングの間に挿入します。

    • フェースプレートの端に沿ってスパッジャーを動かし、コンソールの前面に固定しているクリップを解放します。

    • Xbox 360オープニングツールの端を使用してこのタスクを実行することもできますが、プラスチックケースに傷がつく可能性があります。

      Kindle FireHDがオンにならない
    • または、手を使ってフェイスプレートをXboxから慎重に引き離すこともできます。

    編集 1つのコメント
  9. ステップ9

    前述と同じ動作を繰り返して、フェースプレートの左側を解放します。
    • 前述と同じ動作を繰り返して、フェースプレートの左側を解放します。

    編集
  10. ステップ10

    コンソールの前面からフェースプレートを取り外します。
    • コンソールの前面からフェースプレートを取り外します。

    編集
  11. ステップ11 トップウィンド

    上端を上に向けて、コンソールを垂直に立てます。 上部の通気口は、クリップを介してコンソールに固定されています。写真に示すように、最初の2つのクリップは、フェースプレートに最も近い上部ベントの下にあります。
    • 上端を上に向けて、コンソールを垂直に立てます。

    • 上部の通気口は、クリップを介してコンソールに固定されています。写真に示すように、最初の2つのクリップは、フェースプレートに最も近い上部ベントの下にあります。

    編集
  12. ステップ12

    スパッジャーの平らな端を前述の小さな隙間に挿入して、クリップを解放します。 Xbox 360オープニングツールの長い指を使用して、このタスクを実行することもできます。
    • スパッジャーの平らな端を前述の小さな隙間に挿入して、クリップを解放します。

    • Xbox 360オープニングツールの長い指を使用して、このタスクを実行することもできます。

    編集 1つのコメント
  13. ステップ13

    次のいくつかの手順では、スパッジャーの先端またはXbox 360オープニングツールの指を使用して、上部ベントの左側と右側に沿ってクリップを解放します。それらの場所は赤で強調表示されます。 次のいくつかの手順では、スパッジャーの先端またはXbox 360オープニングツールの指を使用して、上部ベントの左側と右側に沿ってクリップを解放します。それらの場所は赤で強調表示されます。 次のいくつかの手順では、スパッジャーの先端またはXbox 360オープニングツールの指を使用して、上部ベントの左側と右側に沿ってクリップを解放します。それらの場所は赤で強調表示されます。
    • 次のいくつかの手順では、スパッジャーの先端またはXbox 360オープニングツールの指を使用して、上部ベントの左側と右側に沿ってクリップを解放します。それらの場所は赤で強調表示されます。

    編集
  14. ステップ14

    クリップを解放するには、上部の通気口の中央から作業します。 トップベントの前端を少し持ち上げながら、スパッジャーの先端を使用して、トップベントの中心に最も近いクリップをコンソールの内側に向かって押します。
    • クリップを解放するには、上部の通気口の中央から作業します。

    • トップベントの前端を少し持ち上げながら、スパッジャーの先端を使用して、トップベントの中心に最も近いクリップをコンソールの内側に向かって押します。

    編集
  15. ステップ15

    スパッジャーの先端を使用して、Xboxの背面に最も近い上部の通気口にあるクリップを解放します
    • スパッジャーの先端を使用して、Xboxの大文字の背面に最も近い上部の通気口にあるクリップを解放します。

    編集
  16. ステップ16

    最後のクリップは、コンソールの背面に最も近いゴム製の脚の下に隠されています。 スパッジャーの先端を使用して、Xboxの背面に最も近い上部の通気口にあるクリップを解放します。
    • 最後のクリップは、コンソールの背面に最も近いゴム製の脚の下に隠されています。

    • スパッジャーの先端を使用して、Xboxの背面に最も近い上部の通気口にあるクリップを解放します。

    • 360から上部の通気口を取り外します。

    編集
  17. ステップ17 小文字

    上端を下に向けて、コンソールを垂直に立てます。 編集 コメント2件
  18. ステップ18

    上部と下部のケースは、コンソールの前面と背面にあるいくつかのラッチを介して取り付けられています。大文字をコンソールから分離するには、これらのラッチを外す必要があります。 スパッジャーの平らな端を使用して、次のラッチを解放します。 前面のUSBポートの上。
    • 上部と下部のケースは、コンソールの前面と背面にあるいくつかのラッチを介して取り付けられています。大文字をコンソールから分離するには、これらのラッチを外す必要があります。

    • スパッジャーの平らな端を使用して、次のラッチを解放します。

    • 前面のUSBポートの上。

    • 前面のUSBポートの下。

    • メモリユニットスロットの上。

    編集
  19. ステップ19

    スパッジャーの平らな端を挿入し、上向きにこじ開けて、イジェクトボタンの上にある最後の残りのラッチを解放します。
    • スパッジャーの平らな端を挿入し、上向きにこじ開けて、イジェクトボタンの上にある最後の残りのラッチを解放します。

    編集
  20. ステップ20

    下部ケースの前部を少し持ち上げて、前部のラッチが完全に解放されていることを確認します。
    • 下部ケースの前部を少し持ち上げて、前部のラッチが完全に解放されていることを確認します。

    編集
  21. ステップ21

    上部と下部のケースは、コンソールの背面にある7つのリリースラッチによって一緒に保持されます。それらの場所は赤で強調表示されます。 上部と下部のケースは、コンソールの背面にある7つのリリースラッチによって一緒に保持されます。それらの場所は赤で強調表示されます。
    • 上部と下部のケースは、コンソールの背面にある7つのリリースラッチによって一緒に保持されます。それらの場所は赤で強調表示されます。

    編集
  22. ステップ22

    Xbox 360オープニングツールをクリップに押し込み、I / Oポートの近くで小文字を大文字に固定します。 ツールを押し下げながら、下部ケースと上部ケースを押して離し、保持クリップを分離します。 ツールを押し下げながら、下部ケースと上部ケースを押して離し、保持クリップを分離します。
    • Xbox 360オープニングツールをクリップに押し込み、I / Oポートの近くで小文字を大文字に固定します。

    • ツールを押し下げながら、下部ケースと上部ケースを押して離し、保持クリップを分離します。

    編集 3コメント
  23. ステップ23

    大文字と小文字を離しながら、スパッジャーの先端またはXbox 360オープニングツールの指を使用して、赤で強調表示されている長いクリップを360の中央に向かって押します。 クリップを解放し、電源コネクタの近くにあるクリップを、大文字と小文字を一緒に保持する唯一のものとして残します。
    • 大文字と小文字を離しながら、スパッジャーの先端またはXbox 360オープニングツールの指を使用して、赤で強調表示されている長いクリップを360の中央に向かって押します。

    • クリップを解放し、電源コネクタの近くにあるクリップを、大文字と小文字を一緒に保持する唯一のものとして残します。

    編集
  24. ステップ24

    Xbox 360オープニングツールを、電源コネクタの近くにある残りの2つのクリップに押し込みます。
    • Xbox 360オープニングツールを、電源コネクタの近くにある残りの2つのクリップに押し込みます。

    • 上部ケースと下部ケースを押して離し、保持クリップを完全に解放します。

    編集
  25. ステップ25

    前部が下を向くようにコンソールを向けます。
    • 前部が下を向くようにコンソールを向けます。

    • 下部ケースの背面部分をつかみ、上に持ち上げてコンソールから分離します。

    • 小文字は割れやすいので、電源プラグの近くで過度に曲げないように注意してください。

    編集
  26. ステップ26 イジェクトボタン

    スパッジャーの先端を使用して、イジェクトボタンを金属ケーシングに固定しているクリップを解放します。 スパッジャーの平らな端をイジェクトボタンとオプティカルドライブの間に挿入します。
    • スパッジャーの先端を使用して、イジェクトボタンを金属ケーシングに固定しているクリップを解放します。

    • スパッジャーの平らな端をイジェクトボタンとオプティカルドライブの間に挿入します。

    • イジェクトボタンを保持ポストからこじ開けて、360から取り外します。

    • これは、Xbox360オープニングツールを使用して実行することもできます。

    編集
  27. ステップ27 大文字

    アッパーケースを金属ケーシングに固定している6本の銀色の64mmT10トルクスネジを外します。
    • アッパーケースを金属ケーシングに固定している6本の銀色の64mmT10トルクスネジを外します。

    編集
  28. ステップ28

    大文字が上を向くようにコンソールの向きを調整します。
    • 大文字が上を向くようにコンソールの向きを調整します。

    • 大文字をまっすぐ持ち上げて、コンソールから取り外します。

    編集
  29. ステップ29 光学式ドライブ

    光学ドライブを金属ケーシングに固定している銀テープをはがします。
    • 光学ドライブを金属ケーシングに固定している銀テープをはがします。

    編集 1つのコメント
  30. ステップ30

    オプティカルドライブを少し上に持ち上げて、オプティカルドライブの背面にあるSATAコネクタと電源コネクタを外すためのクリアランスを確保します。
    • オプティカルドライブを少し上に持ち上げて、オプティカルドライブの背面にあるSATAコネクタと電源コネクタを外すためのクリアランスを確保します。

    • まだ光学ドライブを完全に取り外そうとしないでください。 2本のケーブルがマザーボードに接続されています。

    編集
  31. ステップ31

    電源コネクタをケーブルでつかみ、オプティカルドライブのソケットからまっすぐ引き出します。 SATAデータコネクタをすぐに引っ張って、オプティカルドライブのソケットから外します。
    • 電源コネクタをケーブルでつかみ、オプティカルドライブのソケットからまっすぐ引き出します。

    • SATAデータコネクタをすぐに引っ張って、オプティカルドライブのソケットから外します。

    編集
  32. ステップ32

    オプティカルドライブアセンブリを持ち上げて、金属製のケーシングから取り出します。
    • オプティカルドライブアセンブリを持ち上げて、金属製のケーシングから取り出します。

    編集 1つのコメント
  33. ステップ33 冷却ファンダクト

    スパッジャーの平らな端を、冷却ファンダクトの上部にある小さな長方形の開口部に挿入します。 ファンダクト保持クリップを慎重に解放し、Xboxからファンダクトを取り外します。
    • スパッジャーの平らな端を、冷却ファンダクトの上部にある小さな長方形の開口部に挿入します。

    • ファンダクト保持クリップを慎重に解放し、Xboxからファンダクトを取り外します。

    • または、Xbox360オープニングツールの金属フィンガーを使用してクリップを解放することもできます。

    編集
  34. ステップ34 デュアルファン

    デュアルファンの上にある金属製のシャーシストリップを持ち上げながら、ファンをマザーボードの中央に向かって引きます。 まだデュアルファンアセンブリを完全に取り外さないでください。そのケーブルはまだマザーボードに接続されています。
    • デュアルファンの上にある金属製のシャーシストリップを持ち上げながら、ファンをマザーボードの中央に向かって引きます。

    • まだデュアルファンアセンブリを完全に取り外さないでください。そのケーブルはまだマザーボードに接続されています。

    編集 コメント4件
  35. ステップ35

    デュアルファンコネクタをマザーボードのソケットからまっすぐ持ち上げます。
    • デュアルファンコネクタをマザーボードのソケットからまっすぐ持ち上げます。

    • 一部のファンコネクタにはロックタブがあります。ロックタブがある場合は、マザーボードからファンを外すときに必ず押し下げてください。

    • コンソールからデュアルファンアセンブリを取り外します。

    編集
  36. ステップ36 マザーボード

    スパッジャーの平らな端を使用して、RFモジュールの上端と左端に沿ってRFモジュールシールドを固定しているクリップを外します。 指の爪を使ってRFモジュールからクリップを外す方が簡単な場合があります。 コンソールからRFモジュールシールドを取り外します。
    • スパッジャーの平らな端を使用して、RFモジュールの上端と左端に沿ってRFモジュールシールドを固定しているクリップを外します。

    • 指の爪を使ってRFモジュールからクリップを外す方が簡単な場合があります。

    • コンソールからRFモジュールシールドを取り外します。

    編集
  37. ステップ37

    RFモジュールを金属シャーシに固定している3本の5.6mmT8トルクスネジを外します。
    • RFモジュールを金属シャーシに固定している3本の5.6mmT8トルクスネジを外します。

    編集 1つのコメント
  38. ステップ38

    RFモジュールをつかみ、まっすぐ持ち上げて、マザーボードのソケットから外します。 コンソールからRFモジュールを取り外します。
    • RFモジュールをつかみ、まっすぐ持ち上げて、マザーボードのソケットから外します。

    • コンソールからRFモジュールを取り外します。

    編集
  39. ステップ39

    マザーボードを金属ケーシングに固定している次のネジを外します。
    • マザーボードを金属ケーシングに固定している次のネジを外します。

    • 9つの金の11mmT10トルクスネジ。

    • 8本の黒い5.6mmT8トルクスネジ。

    • Red Ring of Death FixKitをインストールした後にXbox360を再組み立てする場合、オレンジ色で囲まれた8本のT8トルクスネジは再利用されません。

    編集 コメント4件
  40. ステップ40

    マザーボードがシャーシから落ちないように注意しながら、Xboxを裏返します。 マザーボードアセンブリを前端から持ち上げます。
    • マザーボードがシャーシから落ちないように注意しながら、Xboxを裏返します。

    • マザーボードアセンブリを前端から持ち上げます。

    • マザーボードを金属製のケーシングから離すように回転させるときに、ソケットを損傷しないように注意してください。

    • 金属ケーシングからマザーボードアセンブリを取り外します。

    編集 1つのコメント
  41. ステップ41 GPUヒートシンク

    Xクランプとヒートシンクの保持ポストの間に小さなマイナスドライバーの先端を挿入します。
    • Xクランプとヒートシンクの保持ポストの間に小さなマイナスドライバーの先端を挿入します。

    • Xクランプを、保持ポストに切り込まれた小さな溝の上に持ち上げられるまで、保持ポストから引き離します。

    編集 コメント10件
  42. ステップ42

    Xクランプとその保持ポストの間に、マザーボードと平行にドライバーを挿入します。 ドライバーをひねって、Xクランプを保持ポストから完全に解放します。
    • Xクランプとその保持ポストの間に、マザーボードと平行にドライバーを挿入します。

    • ドライバーをひねって、Xクランプを保持ポストから完全に解放します。

    • Xクランプの四隅すべてに対してこのプロセスを繰り返します。

    • Xクランプの最後の角を取り外し、マザーボードを逆さまに保持するときは、落下による損傷を防ぐために、GPUヒートシンクを必ずキャッチしてください。

    編集
  43. ステップ43

    Xクランプを再び取り付けるには、最初にヒートシンクの支柱に2つの角を取り付けることから始めます。
    • Xクランプを再び取り付けるには、最初にヒートシンクの支柱に2つの角を取り付けることから始めます。

    • Xクランプの3番目のアームをヒートシンクに取り付けられたポストに押し付けながら、小型のマイナスドライバーを使用してXクランプをヒートシンクポストからこじ開けます。

    • 詮索しながら、ヒートシンクに取り付けられたポストに切り込まれた保持溝に「歩く」まで、Xクランプのアームを押し下げます。

    • Xクランプの4番目のアームに対してこのプロセスを繰り返します。

    編集 コメント2件
  44. ステップ44

    GPUヒートシンクを取り外します。
    • GPUヒートシンクを取り外します。

    • GPUヒートシンクを再インストールする前に、必ずサーマルペーストの新しい層を塗布してください。

    • ヒートシンクをマザーボードに戻す必要がある場合は、 サーマルペーストガイド これにより、サーマルコンパウンドの交換が簡単になります。

    編集
  45. ステップ45 CPUヒートシンク

    Xクランプとヒートシンクの保持ポストの間に小さなマイナスドライバーの先端を挿入します。 Xクランプを、保持ポストに切り込まれた小さな溝の上に持ち上げられるまで、保持ポストから引き離します。
    • Xクランプとヒートシンクの保持ポストの間に小さなマイナスドライバーの先端を挿入します。

    • Xクランプを、保持ポストに切り込まれた小さな溝の上に持ち上げられるまで、保持ポストから引き離します。

    • 必要に応じて、Xクランプとその保持ポストの間にドライバーをマザーボードと平行に挿入します。ドライバーをひねって、Xクランプを保持ポストから完全に解放します。

    • Xクランプの四隅すべてに対してこのプロセスを繰り返します。

    • Xクランプの最後の角を取り外し、マザーボードを逆さまに保持するときは、落下による損傷を防ぐために、CPUヒートシンクを必ずキャッチしてください。

    • マザーボードからCPUヒートシンクを取り外します。

    編集
  46. ステップ46 死の赤い指輪修正キット

    Xクランプは、赤いリングオブデスフィックスキットを取り付けるときに再利用されません。 ヒートシンクが両方のプロセッサから外れたので、プラスチックのスパッジャーを使用して、両方のプロセッサの面とヒートシンクの内面から古いサーマルペーストの残留物をすべて取り除きます。 アークティックシルバーArctiClean9.99ドル
    • Xクランプは、赤いリングオブデスフィックスキットを取り付けるときに再利用されません。

    • ヒートシンクが両方のプロセッサから外れたので、プラスチックのスパッジャーを使用して、両方のプロセッサの面とヒートシンクの内面から古いサーマルペーストの残留物をすべて取り除きます。

    • 多くの敏感なコンポーネントがプロセッサの近くにはんだ付けされているため、古い残留物を取り除くときにゆっくりと作業してください。損傷している場合は、まったく新しいマザーボードが必要になる場合があります

    • 次のような溶剤を使用するのが最適です ArctiClean 新しいペーストを塗布する前に、古いサーマルペーストを溶解し、すべての残留物を除去します。または、高純度消毒用アルコールなどのマイルドな溶剤を使用することもできます。

    • また、多くの古典的な乾式脱酸スプレーを使用することもできます。ペーストにスプレーしてからこすり、ほとんど楽に、残留物なしでペーストを除去します。

    • 今は、両方のヒートシンクのフィンの間からほこりを取り除く良い機会でもあります。

    編集 コメント2件
  47. ステップ47

    クリーニング後、ヒートシンクとプロセッサの合わせ面は次のようになります。 先に進む前に、今がマザーボード上のはんだをリフローする絶好のタイミングです。リフローは、赤いリングの障害を修正するのに成功する可能性が高く、達成するのは難しくありません。必要なのはヒートガンだけです。簡単にできるガイドがあります。 ヒートガン$ 19.99
    • クリーニング後、ヒートシンクとプロセッサの合わせ面は次のようになります。

    • 先に進む前に、今がマザーボード上のはんだをリフローする絶好のタイミングです。リフローは、赤いリングの障害を修正するのに成功する可能性が高く、達成するのは難しくありません。必要なのは ヒートガン 。私たちは ガイド それはそれを簡単にします。

    編集
  48. ステップ48

    マザーボードを裏返します。
    • マザーボードを裏返します。

    • 写真のボードのようにマザーボードの下側にRAMチップがない場合は、この手順をスキップしてください。

    • ボードの下部にあるRAMチップに貼り付けられている4つのシリコンサーマルパッドをはがします。

    編集
  49. ステップ49

    付属のドライバーの1/4インチソケットドライブ側をビットを挿入せずに使用して、CPUとGPUの両方のヒートシンクから4つのXクランプポストを取り外します。
    • 付属のドライバーの1/4 'ソケットドライブ側をビットを挿入せずに使用して、CPUとGPUの両方のヒートシンクから4つのXクランプポストを取り外します。

    編集
  50. ステップ50

    赤で強調表示されている領域にサーマルペーストの薄層を塗布します。
    • 赤で強調表示されている領域にサーマルペーストの薄層を塗布します。

    • サーマルペーストを一度も塗布したことがない場合は、 ガイド それはそれを簡単にします。

    • プロセッサにサーマルペーストを塗布した後、ヒートシンクを一度に1つずつ再取り付けします。この例では、最初にCPUヒートシンクを取り付けました。

    編集
  51. ステップ51

    この手順は、マザーボードをシャーシから取り出した状態で実行されます。 CPUヒートシンクの周りの4つの穴のそれぞれに小ネジを挿入し、それらの頭をボードの裏側に置きます。 ネジの頭を持ちながら、ナイロンワッシャーを置き、次に金属ワッシャーをネジ山に置きます。
    • この手順は、マザーボードをシャーシから取り出した状態で実行されます。

    • CPUヒートシンクの周りの4つの穴のそれぞれに小ネジを挿入し、それらの頭をボードの裏側に置きます。

    • ネジの頭を持ちながら、ナイロンワッシャーを置きます その後 ねじ山の上の金属ワッシャー。

    • ワッシャーの順序は重要です。 しない 最初に金属ワッシャーを取り付けます。

    • CPUヒートシンクを取り付けるときは、フィンがファンからの空気の流れと揃っていることを確認してください(3番目の図を参照)。フィンの平らな面を空気の流れに対して垂直にすると、Xbox360が過熱します。

    • 大きなマイナスドライバービットを使用して、CPUヒートシンクにネジを締めます。最初に、2番目の図に示すように4本のネジをX字型のパターンで軽く締め、次に同じX字型のシーケンスに従ってネジを実際に締めます。

    • ネジを締めすぎることを恐れないでください。プロセッサをボードに押し戻すには、十分にトルクをかけたネジによってヒートシンクとプロセッサの間の圧力が必要です。

    • 同じプロセスを繰り返して、GPUヒートシンクを取り付けます。

    編集 コメント8件
  52. ステップ52

    小さなマイナスドライバーまたは別の薄くて鋭い物体の端を使用して、両方のヒートシンクの底にある接着剤を覆っている青または白のプラスチックシートの角を注意深く引き上げます。 その過程で接着剤にしわが寄ったり剥がれたりしないように注意してください。
    • 小さなマイナスドライバーまたは別の薄くて鋭い物体の端を使用して、両方のヒートシンクの底にある接着剤を覆っている青または白のプラスチックシートの角を注意深く引き上げます。

      私のラップトップはwifiに接続しません
    • その過程で接着剤にしわが寄ったり剥がれたりしないように注意してください。

    • 両方のヒートシンクの接着剤から保護シートをはがします。

    編集
  53. ステップ53

    最初の写真で赤で強調表示されている2つのチップの表面を軽く清掃します。 接着剤は非常に強力で、再配置の影響を受けやすいため、ヒートシンクを貼り付ける前に、ヒートシンクを正しく配置してください。
    • 最初の写真で赤で強調表示されている2つのチップの表面を軽く清掃します。

    • 接着剤は非常に強力で、再配置の影響を受けやすいため、ヒートシンクを貼り付ける前に、ヒートシンクを正しく配置してください。

    • 最初の写真で赤で強調表示されている2つのチップの上部に、2つのヒートシンクを突き刺し、2番目の写真のようにフィンが揃っていることを確認します。

    • オプティカルドライブを再インストールするときは、電源ケーブルとSATAケーブルの両方がマザーボードのソケットに最も近いヒートシンクに干渉しないことを確認してください。

    編集 コメント2件
  54. ステップ54

    マザーボードの底面にRAMチップがない場合は、サーマルパッドを取り付ける必要はありません。 4つのサーマルパッドすべてから透明で着色されたプラスチックの裏打ち材を取り除きます。
    • マザーボードの底面にRAMチップがない場合は、サーマルパッドを取り付ける必要はありません。

    • 4つのサーマルパッドすべてから透明で着色されたプラスチックの裏打ち材を取り除きます。

    編集
  55. ステップ55

    ボードの下部にあるRAMチップにサーマルパッドを貼り付けます。 キットに含まれているサーマルパッドは、写真とは少し異なる色になっている場合があります。 マザーボードをシャーシに再取り付けし、Xbox360を組み立て直します。
    • ボードの下部にあるRAMチップにサーマルパッドを貼り付けます。

    • キットに含まれているサーマルパッドは、写真とは少し異なる色になっている場合があります。

    • マザーボードをシャーシに再取り付けし、Xbox360を組み立て直します。

    編集
ほぼ完了しました!

デバイスを再組み立てするには、以下の手順に従ってください。 ステップ42 逆の順序で。

結論

デバイスを再組み立てするには、以下の手順に従ってください。 ステップ42 逆の順序で。

著者に+30ポイントを与えてください!終了しました!

他の615人がこのガイドを完了しました。

著者

と 他の19人の貢献者

アンドリュー・ブックホルト

554,483評判

618のガイドが作成