イグニッションだけで温度が完全に上がるのはなぜですか(開始されていません)

1994-1997ホンダアコード

第5世代ホンダアコードクーペ、セダン、ワゴンの修理ガイドとサポート。

私のlg電話はテキストメッセージを受信しません

担当者:1



投稿日:2020年1月1日



イグニッションでキーを回すと(車を始動しないため)、温度ゲージが完全に上がります。車が走っていないことに注意してください。ウォーターポンプ、ファンスイッチセンサー、冷却水温度センサーを交換しました。クラスターも交換しましたが、それでも同じ問題が発生します。点火時にのみ温度計が完全に上昇する原因は何でしょうか?車を始動したときも温度計はずっと上がったままですが、過熱の問題の兆候はありません。車は完璧に走りますが、それはただの温度計です。問題は配線にありますか?



1つの答え

担当者:316.1k

こんにちは、



一時送信ユニットからリード線を取り外した場合、 温度計はまだホットエンドに移動します イグニッションキーをオンにしただけで、センダーユニットとインストルメントクラスターの間のリード線にアースがあります。

おそらくこれは、センダーワイヤーの絶縁体がこすり落とされ、どこかで車両のボディと接触しているワイヤーが露出していることが原因である可能性があります。

こちらがへのリンクです 94ホンダアコードシステム配線図

あなたがクリックした場合 オンラインPDFリンクを表示 下部にあり、PDFが開いたら、ページの下部までスクロールして、 ダウンロードアイコン (ズーム100%の隣)使いやすくなります。

ドキュメントがある場合、インストルメントクラスター図(PDFのp.23 / 50)まで下にスクロールすると、センダーリードがセンダーユニットからインストルメントクラスターのB9端子に黄色/緑色のワイヤーとして配線されていることがわかります。 。

ワイヤーをトレースして、絶縁に問題がないかどうか、および/またはワイヤーが別のワイヤーに短絡していないか、どこかの金属に引っかかっていないかを確認する必要があります。

これは、接続を示す配​​線図から取られた2つの画像です

(画像をクリックすると拡大して見やすくなります)

一時送信ユニットからリード線を取り外した場合 温度計が動かない イグニッションキーをオンにしただけで、センダーユニットに問題があります。

verizonのat&t iphone 5s

冷えたときにユニットの抵抗を測定する場合、抵抗は約140オーム(私は思う)を測定する必要があり、高温のエンジンでは30〜50オームを測定する必要があります

ボスゲーミング