TP-LinkTL-WR802Nで「クライアントモード」を設定する方法

によって書かれた: ヘッドセットアダプターCo (および他の1人の寄稿者)
  • コメント:0
  • お気に入り:0
  • 完了:1
設定方法' alt=

困難

中程度

ステップ



10



macbook pro2009ハードドライブの交換

所要時間



時間を提案する ??

セクション

1



フラグ

進行中' alt=

進行中

このガイドは進行中の作業です。定期的にリロードして、最新の変更を確認してください。

メンバー寄稿ガイド' alt=

メンバー寄稿ガイド

私たちのコミュニティの素晴らしいメンバーがこのガイドを作成しました。 iFixitスタッフによって管理されていません。

前書き

ワイヤレスシステムをアップグレードしたところ、突然いくつかのデバイスがWiFi経由で動作しなくなりました。これらは、銅線イーサネットクライアントをWiFiネットワークに接続するためのTP-Link TL-WR802N(バージョン2.0)を備えたロックされたPCです。ベンダーの指示に従ったとき、ルーターがまだ機能していないことを除いて、私はルーターに感銘を受けました。ユーザーマニュアルは非常にシンプルです(そしてそうあるべきです):( 1)ルーターを工場出荷時のデフォルトにリセットします。(2)ステップバイステップのウィザードを使用して「クライアントモード」を構成します。(3)お楽しみください...そうでない場合を除きます。ワーキング。ルーターの背後にあるPCはDHCPを受信して​​おらず、最終的に169.x.x.xアドレスになります。

  1. ステップ1 TP-LinkTL-WR802Nで「クライアントモード」を設定する方法

    ルーターを工場出荷時の状態にリセットします(リセットボタンを5〜10秒間)。' alt=
    • ルーターを工場出荷時の状態にリセットします(リセットボタンを5〜10秒間)。

    編集
  2. ステップ2

    PCを使用してWiFi経由でTP-LINK_xxSSIDに接続します。' alt=
    • PCを使用してWiFi経由でTP-LINK_xxSSIDに接続します。

    編集
  3. ステップ3

    ブラウザでIPアドレス192.169.0.1(通常はデフォルトゲートウェイ)のページを開き、admin / adminを使用してログインします' alt=
    • ブラウザでIPアドレス192.169.0.1(通常はデフォルトゲートウェイ)のページを開き、admin / adminを使用してログインします

    編集
  4. ステップ4

    セットアップ手順を実行します:[次へ]-&gt「クライアント」モードを選択します-&gt [次へ]' alt= 使用するSSIDを持つAPを選択します(表示されない場合は更新します)。次に[次へ]を押します' alt= SSIDを確認し、セキュリティ設定、必要に応じて共有キーなどを指定します。-&gt [次へ]' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • セットアップ手順を実行します:[次へ]->「クライアント」モードを選択-> [次へ]

    • 使用するSSIDを持つAPを選択します(表示されない場合は更新します)。次に[次へ]を押します

    • SSIDを確認し、セキュリティ設定、必要に応じて共有キーなどを指定します。-> [次へ]

    編集
  5. ステップ5

    タイプを選択:「静的IP」' alt= ワイヤレスネットワーク内(できればDHCPスコープ外)で静的IPアドレスを構成します' alt= ' alt= ' alt=
    • タイプを選択:「静的IP」

    • ワイヤレスネットワーク内(できればDHCPスコープ外)で静的IPアドレスを構成します

    • 必要に応じてサブネットマスクを構成します

    • 「DHCPサーバー」が「有効」になっていることを確認します

    • [次へ]->再起動

    編集
  6. ステップ6

    この後、別のPCをイーサネットポートに接続する必要があります。ワイヤレスネットワークからIPアドレスを取得する必要がありますが、ネットワークの他の部分とは通信できず、ルーターとのみ通信します。' alt=
    • この後、別のPCをイーサネットポートに接続する必要があります。ワイヤレスネットワークからIPアドレスを取得する必要がありますが、ネットワークの他の部分とは通信できず、ルーターとのみ通信します。

    • ***通常、ここで「ユーザーマニュアル」が停止します...

    編集
  7. ステップ7

    ブラウザに移動し、ルーターのIPアドレス(上記で構成したもの)に接続します。 admin / adminでログインします' alt= 編集
  8. ステップ8

    「ネットワーク」セクションに移動し、「ゲートウェイ」をWiFiネットワークの「デフォルトゲートウェイ」として構成します(ウィザードの後、TP-Linkルーターアドレスとして表示されます)' alt= 「保存」を押すと、ルーターが再起動します。' alt= ' alt= ' alt=
    • 「ネットワーク」セクションに移動し、「ゲートウェイ」をWiFiネットワークの「デフォルトゲートウェイ」として構成します(ウィザードの後、TP-Linkルーターアドレスとして表示されます)

    • 「保存」を押すと、ルーターが再起動します。

    • 再起動後、LANまたはローカルに接続されたPCからルーターにアクセスできるようになります(ローカル接続の方が高速で信頼性が高い場合があります)。

    編集
  9. ステップ9

    再度ログインし(必要な場合)、DHCPセクションに移動します' alt=
    • 再度ログインし(必要な場合)、DHCPセクションに移動します

    • DHCPサーバー:有効

    • 開始IP:終了IP:

    • ゲートウェイ:

    • ドメイン:

    • DNS:

    編集
  10. ステップ10

    この後、イーサネットを切断し、ルーターの電源を切り、PCを再起動し(TP-Linkルーターのデフォルトルートを保持している可能性があります。再起動した方がよい場合があります)、イーサネットを接続します。' alt=
    • この後、イーサネットを切断し、ルーターの電源を切り、PCを再起動し(TP-Linkルーターのデフォルトルートを保持している可能性があります。再起動した方がよい場合があります)、イーサネットを接続します。

    • WiFiネットワークに接続します。これを数回繰り返して、プロセスが繰り返し可能であることを確認します。

    編集
ほぼ完了しました!

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。

結論

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。

著者に+30ポイントを与えてください!終了しました!

他の1人がこのガイドを完了しました。

著者

と 他の1人の寄稿者

' alt=

ヘッドセットアダプターCo

メンバー登録日:2017年3月15日

329評判

作成された2つのガイド