キューリグ製コーヒーメーカーを開いて掃除する方法

特徴

によって書かれた: oldturkey03 (および他の4人の貢献者)
  • コメント:124
  • お気に入り:37
  • 完了:90
キューリグ製コーヒーメーカーを開いて掃除する方法' alt=

注目のガイド

困難



中程度

ステップ

6

所要時間

30分-1時間

セクション

1

フラグ

注目のガイド' alt=

注目のガイド

このガイドは、iFixitのスタッフによって非常に優れていることがわかりました。

メンバー寄稿ガイド' alt=

メンバー寄稿ガイド

私たちのコミュニティの素晴らしいメンバーがこのガイドを作成しました。 iFixitスタッフによって管理されていません。

前書き

Keurigシングルサーブコーヒーメーカー醸造システムに問題があるようです。しばらくすると、スケールの蓄積やその他の汚染物質がキューリグの12オンスのフル醸造を妨げているように見えます。醸造に時間がかかり、キューリグは大きくなり、平均4オンス以下でディスペンスします。これは、これを修正するのに役立つ「迅速で汚い」ガイドです。このガイドのKeurigはワークショップからのものであり、最適とは言えない条件下で非常に頻繁に使用されます。

ツール

部品

部品指定なし。

  1. ステップ1 キューリグ製コーヒーメーカーを開いて掃除する方法

    キューリグK40は12オンスを醸造/調剤していません' alt= キューリグを完全に開いて、Kカップホルダーを取り外します' alt= Kカップホルダーはまっすぐ引き上げるだけです。いくつかのスプリングクリップから少し抵抗があるかもしれません。薄片状の破片は、実際には再利用可能なKカップフィルターからのコーヒーです。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • キューリグK40は12オンスを醸造/調剤していません

    • キューリグを完全に開いて、Kカップホルダーを取り外します

    • Kカップホルダーはまっすぐ引き上げるだけです。いくつかのスプリングクリップから少し抵抗があるかもしれません。薄片状の破片は、実際には再利用可能なKカップフィルターからのコーヒーです。

    編集 コメント4件
  2. ステップ2

    Kカップインサートを取り外した。必要に応じてお湯で洗ってください。' alt= Kカップインサートの底には、Kカップの底に穴を開ける先細の針があります。その側面には小さな穴があります。ペーパークリップ(または同様のもの)を使用してそこに挿入し、スケールやコーヒーかすなどを取り除きます。' alt= 次は上の針をきれいにすることです。針の側面に届きにくいので注意が必要です。針の周りに3つの穴があります。キューリグを完全に開き、ペーパークリップ(または同様のもの)を再度使用します。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • Kカップインサートを取り外した。必要に応じてお湯で洗ってください。

    • Kカップインサートの底には、Kカップの底に穴を開ける先細の針があります。その側面には小さな穴があります。ペーパークリップ(または同様のもの)を使用してそこに挿入し、スケールやコーヒーかすなどを取り除きます。

    • 次は上の針をきれいにすることです。針の側面に届きにくいので注意が必要です。針の周りに3つの穴があります。キューリグを完全に開き、ペーパークリップ(または同様のもの)を再度使用します。

    編集 3コメント
  3. ステップ3

    皮下注射針などを使用して、水出口を開くこともできます' alt= 次に、水タンクを持ち上げるだけで取り外します。' alt= タンクの内側の底には、タンクを取り外してからタンクを空にすることができる簡単なチェックバルブがあります。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • 皮下注射針などを使用して、水出口を開くこともできます

    • 次に、水タンクを持ち上げるだけで取り外します。

    • タンクの内側の底には、タンクを取り外してからタンクを空にすることができる簡単なチェックバルブがあります。

    編集
  4. ステップ4

    下部のチェックバルブの上部。フィルタとして機能する細かい画面があります。長い#2プラスドライバーで3本のプラスネジを外して、それを取り外します。流水下でブラシで画面を掃除してください。適切に清掃した後、再組み立てします。' alt= 次のステップは、Kカップへの給水に到達するためにトップカバーを取り外すことです。キューリグを開きます。所定の位置に固定している2本のプラスネジを外します。' alt= トップカバーを前方に持ち上げて取り外します。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • 下部のチェックバルブの上部。フィルタとして機能する細かい画面があります。長い#2プラスドライバーで3本のプラスネジを外して、それを取り外します。流水下でブラシで画面を掃除してください。適切に清掃した後、再組み立てします。

    • 次のステップは、Kカップへの給水に到達するためにトップカバーを取り外すことです。キューリグを開きます。所定の位置に固定している2本のプラスネジを外します。

    • トップカバーを前方に持ち上げて取り外します。

    編集 コメント17件
  5. ステップ5

    ボイラーからKカップニードルへの給水は、逆止弁を介した給水ホースを介して行われます。' alt= 給水管を入口に固定している2本の小さなネジを外します' alt= Kカップニードルの上のコネクタから給水管のフックを外します。シンプルな圧入です。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • ボイラーからKカップニードルへの給水は、逆止弁を介した給水ホースを介して行われます。

    • 給水管を入口に固定している2本の小さなネジを外します

    • Kカップニードルの上のコネクタから給水管のフックを外します。シンプルな圧入です。

    • 次に、タイストラップを取り外します。 (この手順を実行する必要はありません)ホースのもう一方の端をポンプから取り外すだけです。引き上げるときにホースの端を持ち上げるには、マイナスドライバーを使用する必要がある場合があります

    編集 6コメント
  6. ステップ6

    チェックバルブをテストします。ボイラー側から空気を吹き込むと、ボイラーが開きます。それを数回繰り返して沈殿物などをほぐします。Kカップ側から逆止弁に熱湯を流して振り上げるのにも役立ちます。清掃したら、チェックバルブとタイストラップを交換します。キューリグを組み立て直します' alt=
    • チェックバルブをテストします。ボイラー側から空気を吹き込むと、ボイラーが開きます。それを数回繰り返して沈殿物などをほぐします。Kカップ側から逆止弁に熱湯を流して振り上げるのにも役立ちます。清掃したら、チェックバルブとタイストラップを交換します。キューリグを組み立て直します

    編集 13コメント
ほぼ完了しました!

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。

結論

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。

著者に+30ポイントを与えてください!終了しました!

他の90人がこのガイドを完了しました。

著者

と 他の4人の貢献者

' alt=

oldturkey03

メンバー登録日:2010年9月29日

670,531評判

作成された103のガイド