ミシュラン掲載を果たした一杯/ラーメン街道

京王新線幡ヶ谷駅を降り、賑やかな「六号通商店街」をしばらく進むと突如現れる長蛇の列。路地を入りその行きつく先にこじんまりとたたずむのが、今回ご紹介する人気店『金色不如帰』になります。

  • 路地裏系の名店『金色不如帰』が昨年10月にリニューアル
  • 「醤油そば」は、ハマグリ出汁の旨味にリッチなポルチーニ茸の香り、全粒粉麺の風味が絶妙なバランス
  • 11月24日に、同店の味が「サッポロ一番」シリーズからインスタントラーメンになって登場
京王新線幡ヶ谷駅を降り、賑やかな「六号通商店街」をしばらく進むと突如現れる長蛇の列。路地を入りその行きつく先にこじんまりとたたずむのが、今回ご紹介する人気店『金色不如帰』になります。

行列店が放つ“新スタイル”つけ麺/ラーメン街道

2010年のオープン以来行列を保持し、大手グルメサイトで全国一位をとるなどもはや向かうところ敵なしの『麺屋 一燈』が、「煮干」に的を絞りネクストブランド『煮干し中華そば 一燈』を新小岩にオープンしたというので早速訪問。

  • 『麺屋 一燈』がネクストブランド『煮干し中華そば 一燈』を新小岩にオープン
  • 昆布水に浸るつややかな自家製麺の「淡麗煮干しつけ麺」は、つけ麺の新しい形といえる
  • 新しいことに挑戦する姿勢こそが『一燈』が人気店たる所以だと改めて感じる一杯
2010年のオープン以来行列を保持し、大手グルメサイトで全国一位をとるなどもはや向かうところ敵なしの『麺屋 一燈』が、「煮干」に的を絞りネクストブランド『煮干し中華そば 一燈』を新小岩にオープンしたというので早速訪問。

博多のカリスマが東京初上陸/ラーメン街道

屋号が示すのはキッチンをステージと見立て、ラーメン作りを一つのショーとして提供する同店の姿勢。2003年博多で創業後、豚骨ラーメン以外を認めない保守的な地で、天然素材のみで作る既存にとられない斬新なラーメン作りは一躍脚光を浴びた。私自身同店の初訪は10年前になるが、オープンキッチンに向け客席が階段状に並べられた独特の光景に驚いたのを覚えている。その『玄瑛』が、東京初上陸したというので早速訪問、ご紹介します。

  • 2003年博多で創業した『麺劇場 玄瑛』が東京に初上陸
  • 自家製のXO醤に豚足や荒く挽いた豚肉そのものを合わせる豚白湯の「玄瑛流ラーメン」は極めて芳醇
  • 『イベリコ・ベジョータ』を使用したチャーシューは他店にないオリジナルの食感
屋号が示すのはキッチンをステージと見立て、ラーメン作りを一つのショーとして提供する同店の姿勢。2003年博多で創業後、豚骨ラーメン以外を認めない保守的な地で、天然素材のみで作る既存にとられない斬新なラーメン作りは一躍脚光を浴びた。私自身同店の初訪は10年前になるが、オープンキッチンに向け客席が階段状に並べられた独特の光景に驚いたのを覚えている。その『玄瑛』が、東京初上陸したというので早速訪問、ご紹介します。

聖地で紡ぐ至極の和風らーめん/ラーメン街道

ラーメン発祥の地「浅草」で育ったのが今回ご紹介する『与ろゐ屋』店主、松本光昭氏。生粋の浅草っ子である店主が、幼い頃から食していた和風だし香る中華そば。それが『与ろゐ屋』のルーツだ。入店すると煮干の香りがふわりと漂い、威勢の良いスタッフのかけ声に迎えられる。

  • 浅草の名店『与ろゐ屋』が10月10日に新築リニューアルオープン
  • 「らーめん(和風醤油)」は透明感のあるスープに柚子の黄色味が映える和風の装い
  • 看板メニュー「梅しおらーめん」は大手グルメサイトで全国1位に輝いた
ラーメン発祥の地「浅草」で育ったのが今回ご紹介する『与ろゐ屋』店主、松本光昭氏。生粋の浅草っ子である店主が、幼い頃から食していた和風だし香る中華そば。それが『与ろゐ屋』のルーツだ。入店すると煮干の香りがふわりと漂い、威勢の良いスタッフのかけ声に迎えられる。

レジェンドコラボに恥じない最高の一杯/ラーメン街道

10月23日(金)に開幕し東京ラーメンショーに行ってきました。場所は駒沢オリンピック公園。今年で7回目の開催になり、過去6回の開催で累計200万人もの来客を誇る日本最大のラーメンイベントです。

  • 日本最大のラーメンイベント「東京ラーメンショー2015」が開幕
  • 神様と呼ばれた山岸一雄氏と鬼と呼ばれた佐野実氏のコラボラーメンは、その名に恥じない最高の一杯
  • 同イベントは11月3日(火)までの開催
10月23日(金)に開幕し東京ラーメンショーに行ってきました。場所は駒沢オリンピック公園。今年で7回目の開催になり、過去6回の開催で累計200万人もの来客を誇る日本最大のラーメンイベントです。

箸が立つほど濃厚!? つけ麺界の大型ルーキー/ラーメン・・・

今年4月オープンの新店ながら、既に長蛇の列。「煮干」をコンセプトに猛威をふるう蒲田の人気店『煮干しつけ麺 宮元』をご紹介します。店主の宮元氏はかの有名な『麺屋一燈@新小岩』(食べログ全国1位の経歴あり)にて番頭を務めていた方。『一燈』の定休日に同店のネクストブランドとして『宮庵』の屋号で営業し、満を持して独立開業したのがこちらのお店だ。

  • 名店で培った実力を遺憾なく見せつける大型新人が登場
  • 『煮干しつけ麺 宮元』は、今年4月オープンながら既に長蛇の列
  • 濃厚な豚骨煮干スープが極太の自家製麺にドロリと絡む
今年4月オープンの新店ながら、既に長蛇の列。「煮干」をコンセプトに猛威をふるう蒲田の人気店『煮干しつけ麺 宮元』をご紹介します。店主の宮元氏はかの有名な『麺屋一燈@新小岩』(食べログ全国1位の経歴あり)にて番頭を務めていた方。『一燈』の定休日に同店のネクストブランドとして『宮庵』の屋号で営業し、満を持して独立開業したのがこちらのお店だ。

“山形の二郎”は極めて凶暴/ラーメン街道

先月「山形ラーメン博」に訪れた際、会場近くに表題のラーメン店を発見し早速訪問。『ケンちゃんラーメン』と言えば、山形の二郎ラーメンとも言われるほどに極めて凶暴。麺量は小サイズで他店の大盛りの量をはるかに凌ぎ、自家製の極太麺は、咀嚼する顎の疲労感を誘う。

  • “山形の二郎”と言われる『ケンちゃんラーメン』を訪問
  • 麺量は小サイズで他店の大盛りの量をはるかに凌ぐ!
  • 山形県は県民一人あたりの中華麺消費量が全国屈指
先月「山形ラーメン博」に訪れた際、会場近くに表題のラーメン店を発見し早速訪問。『ケンちゃんラーメン』と言えば、山形の二郎ラーメンとも言われるほどに極めて凶暴。麺量は小サイズで他店の大盛りの量をはるかに凌ぎ、自家製の極太麺は、咀嚼する顎の疲労感を誘う。

抜群の中毒性は激辛ジャンルの新形態!/ラーメン街道

皆さま初めまして、ラーメン研究家の石山と申します。縁ありまして、こちらのサイトで連載させて頂くことになりました。朝から晩までラーメンのことを考え、日々ラーメンを追いかけ食べ歩く私だからこそ伝えられるラーメン情報。駄文で失礼しますが、皆さまに有用な情報を伝えられるよう頑張りますので宜しくお願いします。

  • ミシュラン掲載『らぁ麺 やまぐち』の2号店『らぁ麺 やまぐち 辣式』がオープン
  • 「麻婆まぜそば」は口に含むとガツンとした刺激が脳天を襲う
  • 「塩らぁ麺」の黄金スープは魚醤が決め手
皆さま初めまして、ラーメン研究家の石山と申します。縁ありまして、こちらのサイトで連載させて頂くことになりました。朝から晩までラーメンのことを考え、日々ラーメンを追いかけ食べ歩く私だからこそ伝えられるラーメン情報。駄文で失礼しますが、皆さまに有用な情報を伝えられるよう頑張りますので宜しくお願いします。