サムスンギャラクシーS8プラス画面の交換

によって書かれた: アイ・ロボット (および他の6人の貢献者)
  • コメント:12
  • お気に入り:22
  • 完了:62
サムスンギャラクシーS8プラス画面の交換' alt=

困難

難しい

ステップ



31

所要時間

2〜3時間

セクション

3

フラグ

0

前書き

画面にひびが入った?タッチが機能していませんか?悪いOLEDディスプレイ?このガイドを使用して、Galaxy S8 +のディスプレイ+タッチパネルアセンブリを交換し、完全に機能する状態に復元します。

注意 :このガイドでは、元のフレーム、マザーボード、およびバッテリーをそのままにして、ディスプレイのみを交換するように指示しています。ただし、この電話の一部の交換用スクリーンは、新しいフレーム(別名シャーシ)にプリインストールされているため、電話の内部を移植して新しいバッテリーを取り付けるという非常に異なる手順が必要になります。このガイドを開始する前に、正しいパーツがあることを確認してください。画面アセンブリ全体を新しいフレームと一緒に交換するには、 代わりに、このガイドに従ってください。

フレームが破損または曲がっている場合 、交換することが重要です。そうしないと、新しいスクリーンが正しく取り付けられず、不均一な圧力によって損傷を受ける可能性があります。

ディスプレイをフレームから分離するプロセスは通常、ディスプレイを破壊するため、ディスプレイを交換する場合を除いて、このガイドに従わないでください。

ツール

  • フィリップス#00ドライバー
  • スパッジャー
  • ピンセット
  • iOpener
  • iFixitオープニングピック6個セット
  • サクションハンドル

部品

  • テサ61395テープ
  • Galaxy S8 +ディスプレイ接着剤
  1. ステップ1 バックガラス

    お使いの携帯電話を開くと、その防水シールが損なわれます。続行する前に交換用接着剤を用意してください。接着剤を交換せずに電話機を組み立て直す場合は、液体にさらされないように注意してください。' alt=
    • お使いの携帯電話を開くと、その防水シールが損なわれます。続行する前に交換用接着剤を用意してください。接着剤を交換せずに電話機を組み立て直す場合は、液体にさらされないように注意してください。

      キューリグ2.0の温度が十分に熱くない
    • iOpenerを準備する 電話機の背面を左端に沿って約2分間加熱します。これは、背面カバーを固定している接着剤を柔らかくするのに役立ちます。

    • 電話を十分に暖めるために、iOpenerを数回再加熱して再適用する必要がある場合があります。過熱を避けるためにiOpenerの指示に従ってください。

    • ヘアドライヤー、ヒートガン、またはホットプレートを使用することもできますが、電話を過熱しないように注意してください。OLEDディスプレイと内蔵バッテリーはどちらも熱による損傷を受けやすくなっています。

    編集
  2. ステップ2

    次の手順では、' alt= 接着剤は、最初の画像のように配置されています。最初の画像は、カバーを取り外した後のカバーの内側を示しています。' alt= ' alt= ' alt=
    • 次の手順では、背面カバーを固定している接着剤を切断します。

    • 接着剤は、最初の画像のように配置されています。最初の画像は、カバーを取り外した後のカバーの内側を示しています。

    • 電話の外側から見ると、次の領域で接着剤をスライスします。

    • 接着剤の厚い部分

    • 接着剤の薄い領域

    • 指紋センサーのフレックスケーブルを保護するために、この領域でのこじりやスライスは避けてください。

    編集
  3. ステップ3

    吸盤を背面カバーに、加熱されたエッジのできるだけ近くに固定します。' alt= 吸盤はガラスの湾曲した部分をうまく密閉できないので、端に置くことは避けてください。' alt= ' alt= ' alt=
    • 吸盤を背面カバーに、加熱されたエッジのできるだけ近くに固定します。

    • 吸盤はガラスの湾曲した部分をうまく密閉できないので、端に置くことは避けてください。

    • 携帯電話の背面カバーにひびが入っていると、吸盤がくっつかない場合があります。 強力なテープで持ち上げてみてください 、または吸盤を所定の位置に瞬間接着剤で接着し、硬化させて続行できるようにします。

    • 吸盤でバックカバーの左端を持ち上げ、バックカバーとフレームの間にわずかな隙間を開けます。

    • これにはかなりの力が必要になる場合がありますが、ツールを挿入するには、吸盤とのごくわずかな隙間を開けるだけで済みます。

    • 問題が発生した場合は、さらに熱を加えて接着剤をさらに柔らかくし、再試行してください。接着剤は非常に速く冷えるので、繰り返し加熱する必要があるかもしれません。

    • iOpenerを使用している場合は、次の手順に従ってください。 指示 過熱を防ぐため、またはゲルパックが破裂する可能性があります。

    編集
  4. ステップ4

    隙間にオープニングピックを挿入します。' alt= 力を入れすぎたり、金属製の工具でこじ開けようとすると、リアガラスが破損する可能性があります。' alt= ' alt= ' alt=
    • 隙間にオープニングピックを挿入します。

    • 力を入れすぎたり、金属製の工具でこじ開けようとすると、リアガラスが破損する可能性があります。

    • 必要に応じて、ピックを挿入したら、次の手順で接着剤を弱めるのに役立つイソプロピルアルコールを数滴ギャップに追加できます。

    編集 1つのコメント
  5. ステップ5

    電話機の左端に沿ってオープニングピックをスライドさせ、背面カバーを固定している接着剤をスライスします。' alt= その後、次のステップに進むときに、ピックをそのままにして、2番目のピックをつかむと役立つ場合があります。ピックを挿入したままにしておくと、分離したばかりの接着剤が再付着するのを防ぐのに役立ちます。' alt= その後、次のステップに進むときに、ピックをそのままにして、2番目のピックをつかむと役立つ場合があります。ピックを挿入したままにしておくと、分離したばかりの接着剤が再付着するのを防ぐのに役立ちます。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • 電話機の左端に沿ってオープニングピックをスライドさせ、背面カバーを固定している接着剤をスライスします。

    • その後、次のステップに進むときに、ピックをそのままにして、2番目のピックをつかむと役立つ場合があります。ピックを挿入したままにしておくと、分離したばかりの接着剤が再付着するのを防ぐのに役立ちます。

    編集
  6. ステップ6

    電話の下端に沿って接着剤をスライスし続けます。' alt= 接着剤が冷えて硬化するのを防ぐために、必要に応じて背面カバーを再加熱します。' alt= ' alt= ' alt=
    • 電話の下端に沿って接着剤をスライスし続けます。

    • 接着剤が冷えて硬化するのを防ぐために、必要に応じて背面カバーを再加熱します。

    • ここでは接着領域が大きいため、ピックを電話にさらに挿入して完全に分離する必要があります。

    • 繰り返しになりますが、オープニングピックをそのままにして、次のステップのために別のピックをつかむと役立つ場合があります。

    編集
  7. ステップ7

    残りの接着剤を上端と右側に沿ってスライスします。' alt= 指紋センサーを損傷する可能性があります' alt= 指紋センサーを損傷する可能性があります' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • 残りの接着剤を上端と右側に沿ってスライスします。

    • この手順でピックを挿入しすぎると、指紋センサーのフレックスケーブルが損傷する可能性があります。注意深く作業し、手順2の図を参考にしてください。

    編集
  8. ステップ8

    ドン' alt= 背面カバーを左端から持ち上げ、ヒンジで少し開きます。' alt= ' alt= ' alt=
    • まだ裏表紙を完全に取り外そうとしないでください。

    • 背面カバーを左端から持ち上げ、ヒンジで少し開きます。

    編集
  9. ステップ9

    指紋センサーのフレックスケーブルをこじ開けて外すには、スパッジャーの先端を使用します。' alt= 指紋センサーのフレックスケーブルをこじ開けて外すには、スパッジャーの先端を使用します。' alt= ' alt= ' alt=
    • 指紋センサーのフレックスケーブルをこじ開けて外すには、スパッジャーの先端を使用します。

    編集
  10. ステップ10

    再組み立て中、指紋センサーケーブルを再接続するには、まず、ケーブルコネクタがソケットに完全に揃うまで背面カバーを所定の位置に傾けます。' alt= 次に、スパッジャーの平らな端を使用して、コネクターをまっすぐ下に押して、コネクターを所定の位置に静かにスナップします。' alt= 手が細い場合は、指でコネクタを所定の位置に押し込むことができる場合があります。ケーブルに負担をかけないように注意してください。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • 再組み立て中、指紋センサーケーブルを再接続するには、まず、ケーブルコネクタがソケットに完全に揃うまで背面カバーを所定の位置に傾けます。

    • 次に、スパッジャーの平らな端を使用して、コネクターをまっすぐ下に押して、コネクターを所定の位置に静かにスナップします。

    • 手が細い場合は、指でコネクタを所定の位置に押し込むことができる場合があります。ケーブルに負担をかけないように注意してください。

    • これには忍耐と少しの練習が必要です。急いだり、コネクタを無理に押し込んだりしないでください。

    編集
  11. ステップ11

    背面カバーを取り外します。' alt=
    • 背面カバーを取り外します。

      スピーカーとヘッドホンを通過する音
    • 新しい裏表紙を取り付けるには:

    • ピンセットを使用して、電話のシャーシから残っている接着剤をはがします。次に、接着領域を高濃度のイソプロピルアルコール(少なくとも90%)と糸くずの出ない布で清掃して、新しい接着剤の表面を準備します。

    • 新しい背面ガラスの裏側の接着剤をはがし、ガラスの一方の端を電話のシャーシに注意深く合わせ、ガラスを電話にしっかりと押し付けます。

    • 背面カバーを再び取り付ける、または接着剤を事前に取り付けずに背面カバーを取り付けるには、 このガイドに従ってください 。

    • 新しい接着剤を取り付けて電話を再密閉する前に、必ず電話の電源を入れて修理をテストしてください。

      私のモトgはオンになりません
    • 必要に応じて、接着剤を交換せずに背面カバーを再び取り付けることができます。背面カバーが平らに座るのを妨げる可能性のある接着剤の大きな塊を取り除きます。取り付け後、背面カバーを加熱し、圧力をかけて固定します。防水ではありませんが、接着剤は通常、保持するのに十分な強度があります。

    • また、カメラベゼルを新しい部品に移す必要がある場合もあります。その場合は、私たちに従ってください カメラベゼル交換ガイド 。

    編集
  12. ステップ12 サムスンギャラクシーS8 +バッテリーの切断

    ワイヤレス充電コイル+アンテナアセンブリを固定している11本の3.7mmプラスネジを外します。' alt= 完全に緩めてもネジが外れにくい場合は、ピンセットで引き抜くことができます。' alt= ' alt= ' alt=
    • ワイヤレス充電コイル+アンテナアセンブリを固定している11本の3.7mmプラスネジを外します。

    • 完全に緩めてもネジが外れにくい場合は、ピンセットで引き抜くことができます。

    編集
  13. ステップ13

    ワイヤレス充電コイル+アンテナアセンブリも小さなプラスチッククリップで固定されています。' alt= スパッジャーを使用して、マークされた領域のプラスチックをそっとこじ開けて、クリップを外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • ワイヤレス充電コイル+アンテナアセンブリも小さなプラスチッククリップで固定されています。

    • スパッジャーを使用して、マークされた領域のプラスチックをそっとこじ開けて、クリップを外します。

    編集
  14. ステップ14

    ワイヤレス充電コイル+アンテナアセンブリを取り外します。' alt= 再インストールするには、最初にアセンブリの上端を電話機に挿入します' alt= 再インストールするには、最初にアセンブリの上端を電話機に挿入します' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • ワイヤレス充電コイル+アンテナアセンブリを取り外します。

    • 再インストールするには、最初にアセンブリの上端を電話機のフレームに挿入し、次にアセンブリの残りの部分をそっと押し下げて所定の位置にはめ込みます。

    編集
  15. ステップ15

    スパッジャーを使用して、コネクタをソケットからまっすぐにこじ開けてバッテリーを取り外します。' alt= スパッジャーを使用して、コネクタをソケットからまっすぐにこじ開けてバッテリーを取り外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーを使用して、コネクタをソケットからまっすぐにこじ開けてバッテリーを取り外します。

    編集
  16. ステップ16 画面

    スパッジャーを使用して、マザーボードのソケットからフレックスケーブルコネクタを慎重にこじ開けて、ディスプレイを取り外します。' alt=
    • スパッジャーを使用して、マザーボードのソケットからフレックスケーブルコネクタを慎重にこじ開けて、ディスプレイを取り外します。

    • 必要に応じて、次の手順でマザーボードとバッテリーを偶発的な損傷から保護するために、電話機の背面カバーを一時的に所定の位置に押し込みます。

    編集
  17. ステップ17

    ディスプレイの下端を加熱して、電話に固定している接着剤を柔らかくします。' alt=
    • ディスプレイの下端を加熱して、電話に固定している接着剤を柔らかくします。

    • ディスプレイを固定する接着剤は、背面カバーを固定する接着剤よりも大幅に強力な場合があります。必要に応じて、接着剤を弱めるのに十分な熱を加えるために、ヘアドライヤーまたはヒートガンに切り替えます。

    編集
  18. ステップ18

    可能であれば、ディスプレイの下端近くの所定の位置に吸盤を押し込みます。' alt= ディスプレイにひどいひびが入っていると、吸盤がくっつかない場合があります。強力なテープでディスプレイを持ち上げるか、吸盤を所定の位置に瞬間接着剤で接着して硬化させ、続行できるようにします。' alt= ' alt= ' alt=
    • 可能であれば、ディスプレイの下端近くの所定の位置に吸盤を押し込みます。

    • ディスプレイにひどいひびが入っていると、吸盤がくっつかない場合があります。試してみてください 強力なテープでディスプレイを持ち上げる 、または吸盤を所定の位置に瞬間接着剤で接着し、硬化させて続行できるようにします。

    編集
  19. ステップ19

    吸盤を引き上げてディスプレイを持ち上げます' alt= 隙間にオープニングピックを挿入します。' alt= 必要に応じて、ピックを挿入したら、次の手順で接着剤を弱めるのに役立つイソプロピルアルコールを数滴ギャップに追加できます。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • 吸盤を引き上げてディスプレイの下端を持ち上げ、ディスプレイとフレームの間にわずかな隙間を開けます。

    • 隙間にオープニングピックを挿入します。

    • 必要に応じて、ピックを挿入したら、次の手順で接着剤を弱めるのに役立つイソプロピルアルコールを数滴ギャップに追加できます。

    編集
  20. ステップ20

    ディスプレイの下端に沿ってオープニングピックをスライドさせ、下の接着剤を分離します。' alt= ディスプレイの下端に沿ってオープニングピックをスライドさせ、下の接着剤を分離します。' alt= ' alt= ' alt=
    • ディスプレイの下端に沿ってオープニングピックをスライドさせ、下の接着剤を分離します。

    編集
  21. ステップ21

    ピックをそのままにして、次のステップに進むときに2番目のピックをつかみます。ピックを挿入したままにしておくと、分離したばかりの接着剤が再付着するのを防ぐのに役立ちます。' alt= ピックをそのままにして、次のステップに進むときに2番目のピックをつかみます。ピックを挿入したままにしておくと、分離したばかりの接着剤が再付着するのを防ぐのに役立ちます。' alt= ' alt= ' alt=
    • ピックをそのままにして、次のステップに進むときに2番目のピックをつかみます。ピックを挿入したままにしておくと、分離したばかりの接着剤が再付着するのを防ぐのに役立ちます。

    編集
  22. ステップ22

    iOpenerを再加熱し、ディスプレイの左端に少なくとも2分間熱を加えます。' alt=
    • iOpenerを再加熱し、ディスプレイの左端に少なくとも2分間熱を加えます。

    編集
  23. ステップ23

    オープニングピックを使用して、ディスプレイの左側の下にある接着剤を分離します。' alt= オープニングピックを使用して、ディスプレイの左側の下にある接着剤を分離します。' alt= オープニングピックを使用して、ディスプレイの左側の下にある接着剤を分離します。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • オープニングピックを使用して、ディスプレイの左側の下にある接着剤を分離します。

    編集
  24. ステップ24

    画面の右側に少なくとも2分間熱を加えます。' alt=
    • 画面の右側に少なくとも2分間熱を加えます。

    • iOpenerを使用している場合は、必要に応じて再加熱できますが、 過熱を避けるために指示に従ってください または、ゲルパックが破裂する可能性があります。

    編集
  25. ステップ25

    オープニングピックを使用して、ディスプレイの右端の下にある接着剤を分離します。' alt= ディスプレイ' alt= ディスプレイ' alt= ' alt= ' alt= ' alt= 編集
  26. ステップ26

    画面の上端に少なくとも2分間熱を加えます。' alt=
    • 画面の上端に少なくとも2分間熱を加えます。

    • iOpenerを使用している場合は、必要に応じて再加熱できますが、 過熱を避けるために指示に従ってください または、ゲルパックが破裂する可能性があります。

    編集
  27. ステップ27

    ディスプレイの上端の下にあるオープニングピックをそっと動かして、下の接着剤を分離します。' alt= ドン' alt= ドン' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • ディスプレイの上端の下にあるオープニングピックをそっと動かして、下の接着剤を分離します。

    • 過度にこじ開けないでください。前面のセンサーとスピーカーアセンブリが損傷する可能性があります。ディスプレイの残りの部分が緩んだら、戻ってこのセクションの分離を終了できます。

    編集
  28. ステップ28

    必要に応じてピックを使用して、ディスプレイのすべての領域の下にある接着剤の分離を完了します。' alt= ディスプレイが' alt= 前面センサーとイヤピーススピーカーを損傷しないように、上端近くをこじ開けるときは少し注意してください。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • 必要に応じてピックを使用して、ディスプレイのすべての領域の下にある接着剤の分離を完了します。

    • ディスプレイのフレックスケーブルは右端の中点のすぐ下にあり、ピックの邪魔になる可能性があることに注意してください。

    • 前面センサーとイヤピーススピーカーを損傷しないように、上端近くをこじ開けるときは少し注意してください。

    編集
  29. ステップ29

    ディスプレイの左端を持ち上げて、フレームから完全に分離します。' alt=
    • ディスプレイの左端を持ち上げて、フレームから完全に分離します。

    • ディスプレイフレックスケーブルのため、反対側のエッジは分離するのに少し特別な注意が必要です。

    編集
  30. ステップ30

    ディスプレイをルーティングする' alt= ディスプレイをルーティングする' alt= ' alt= ' alt=
    • ディスプレイの右端を完全に分離するために、ディスプレイのフレックスケーブルをフレームの穴に通します。

    編集
  31. ステップ31

    ディスプレイを取り外します。' alt= 詳細なスクリーン接着剤塗布ガイドについては、このリンクをたどってください。' alt= ' alt= ' alt=
    • ディスプレイを取り外します。

    • このリンクをたどる 詳細なスクリーン接着剤塗布ガイドについては。

    • 新しいディスプレイを取り付ける前に、フレームから古い接着剤の痕跡をすべて取り除くことが非常に重要ですが、小さなガラスの破片は特に注意して取り除きます。

    • フレームから接着剤とガラスの痕跡をすべて取り除いた後、90%(またはそれ以上)のイソプロピルアルコールと糸くずの出ない布またはコーヒーフィルターで接着領域を清掃します。前後ではなく、一方向にのみスワイプします。

    • これは、残っている接着剤の残留物を取り除き、新しい接着剤の表面を準備するのに役立ちます。

    • フレームが曲がっている場合、または接着剤やガラスの残骸が残っている場合、新しいディスプレイは正しく取り付けられず、損傷する可能性があります。必要ならば、 フレームを交換してください 。

    • 新しい画面を保護するための最良の方法は、 カスタムカット両面テープ1枚 。画面の背面にテープを貼り、ディスプレイケーブルをフレームに注意深く通します。画面を揃えて、所定の位置に押し込みます。

    編集
ほぼ完了しました!

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。

結論

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。

著者に+30ポイントを与えてください!終了しました!

他の62人がこのガイドを完了しました。

rcaバイキングプロ10.1USBドライバー

著者

と 他の6人の貢献者

' alt=

アイ・ロボット

メンバー登録日:2009年9月24日

1評判

648のガイドが作成