iPodTouch第5世代ディスプレイアセンブリの交換

特徴

によって書かれた: アンドリューオプティマスゴールドハート (および他の6人の貢献者)
  • コメント:72
  • お気に入り:211
  • 完了:192
iPodTouch第5世代ディスプレイアセンブリの交換' alt=

注目のガイド

困難



難しい

ステップ

31

所要時間

45分-2時間

セクション

6

フラグ

1

注目のガイド' alt=

注目のガイド

このガイドは、iFixitのスタッフによって非常に優れていることがわかりました。

前書き

画面にひびが入った?このガイドを使用して、iPodTouchのディスプレイアセンブリを交換します。

ツール

  • iOpener
  • フィリップス#000ドライバー
  • iFixitオープニングツール
  • サクションハンドル
  • スパッジャー

部品

  • iPod touch(第5世代)ベゼル
  • iPod touch(5th 6th Gen)粘着ストリップ
  1. ステップ1 フロントパネル

    ディスプレイガラスにひびが入っている場合は、それ以上の破損を防ぎ、ガラスをテーピングして修理中の身体的危害を防ぎます。' alt= iPodの上に透明なパッキングテープの重なり合うストリップを置きます' alt= これにより、ガラスの破片が封じ込められ、ディスプレイをこじ開けたり持ち上げたりするときに構造的な完全性が提供されます。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • ディスプレイガラスにひびが入っている場合は、それ以上の破損を防ぎ、ガラスをテーピングして修理中の身体的危害を防ぎます。

    • 顔全体が覆われるまで、iPodのディスプレイの上に透明なパッキングテープの重なり合うストリップを置きます。

    • これにより、ガラスの破片が封じ込められ、ディスプレイをこじ開けたり持ち上げたりするときに構造的な完全性が提供されます。

    • 修理中に自由に振れるガラスから目を保護するために、保護メガネを着用してください。

    編集 1つのコメント
  2. ステップ2

    ヘアドライヤーを使用するか、iOpenerを準備して、iPodの下端に約1分間適用し、下の接着剤を柔らかくします。' alt= 画面の下部(ホームボタンの近く)は、強力な接着剤で所定の位置に保持されます。' alt= ' alt= ' alt=
    • ヘアドライヤーを使用するか、 iOpenerを準備する 下の接着剤を柔らかくするために、iPodの下端に約1分間貼り付けます。

    • 画面の下部(ホームボタンの近く)は、強力な接着剤で所定の位置に保持されます。

    • 次の段階で画面をこじ開け始めるとき、接着剤を暖かくしなやかに保つために、さらに熱を加える必要があるかもしれません。

    編集
  3. ステップ3

    吸盤をガラスの下部の中央に置き、その端をホームボタンの中央に置きます。' alt= しっかりと押し込み、カップがしっかりと密閉されていることを確認します。' alt= ' alt= ' alt=
    • 吸盤をガラスの下部の中央に置き、その端をホームボタンの中央に置きます。

    • しっかりと押し込み、カップがしっかりと密閉されていることを確認します。

    編集 1つのコメント
  4. ステップ4

    iPodをテーブルやベンチにしっかりと当てます。' alt= 親指と人​​差し指をディスプレイの下隅に置き、接着剤が壊れたときにディスプレイが開きすぎないようにします。' alt= 吸盤を持ち上げて、iPodの上部に向かって戻します。しばらくお待ちください。接着剤が壊れてディスプレイがリアケースから浮き上がるまで、しっかりと一定の力で引っ張ってください。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • iPodをテーブルやベンチにしっかりと当てます。

    • 親指と人​​差し指をディスプレイの下隅に置き、接着剤が壊れたときにディスプレイが開きすぎないようにします。

    • 吸盤を持ち上げて、iPodの上部に向かって戻します。しばらくお待ちください。接着剤が壊れてディスプレイがリアケースから浮き上がるまで、しっかりと一定の力で引っ張ってください。

    • 接着剤を柔らかくするためにヒートガンを使用する必要があるかもしれません(特に涼しい気候で)。画面をこじ開けることができ、ピザのチーズのトッピングのように接着剤がまだ付着して引き離されている場合は、薄いかみそりの刃をスライドさせて接着剤をそっと切ることができます。

    • ディスプレイがリアケースから持ち上がり始めたら、約1インチを超えて持ち上げないように注意してください。壊れやすいプラスチックフレームがディスプレイアセンブリをリアケースに接続します。

    編集 コメント15件
  5. ステップ5

    次の手順では、画面を囲むプラスチックフレームを緩めて解放します。いくつかのクリップでリアケースに接続されています。' alt= デバイスの右上から始めて、プラスチック製のフレームとアルミニウム製のリアケースの間の隙間にプラスチック製の開口部ツールを挿入します。' alt= ツールをこの亀裂の下にスライドさせ、ケースからフレームを緩めます。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • 次の手順では、画面を囲むプラスチックフレームを緩めて解放します。いくつかのクリップでリアケースに接続されています。

    • デバイスの右上から始めて、プラスチック製のフレームとアルミニウム製のリアケースの間の隙間にプラスチック製の開口部ツールを挿入します。

    • ツールをこの亀裂の下にスライドさせ、ケースからフレームを緩めます。

    編集 コメント2件
  6. ステップ6

    フレームと最初のクリップの後ろのリアケースの間にプラスチック製のオープニングツールを挿入します。' alt= ツールを横に揺り動かして、クリップの後ろの隙間を広げ、リアケースから分離します。' alt= ' alt= ' alt=
    • フレームと最初のクリップの後ろのリアケースの間にプラスチック製のオープニングツールを挿入します。

    • ツールを横に揺り動かして、クリップの後ろの隙間を広げ、リアケースから分離します。

    • これは最初にクリップを解放しないかもしれませんが、各クリップに対して手順を繰り返すと、ピースが緩み始めます。

    編集
  7. ステップ7

    この側の次の2つのクリップで手順を繰り返します。' alt= すべてのクリップを解放するには、クリップ間を行ったり来たりする必要がある場合があります。プラスチックフレームは非常に壊れやすいので、時間をかけて注意して辛抱強く待ってください。' alt= ' alt= ' alt=
    • この側の次の2つのクリップで手順を繰り返します。

    • すべてのクリップを解放するには、クリップ間を行ったり来たりする必要がある場合があります。プラスチックフレームは非常に壊れやすいので、時間をかけて注意して辛抱強く待ってください。

    編集 1つのコメント
  8. ステップ8

    デバイスの左側に移動し、プラスチック製のフレームと上部近くのアルミニウム製のリアケースの間の隙間にプラスチック製の開口部ツールを挿入します。' alt= ツールをこの亀裂の下にスライドさせ、ケースからフレームを緩めます。' alt= ツールをこの亀裂の下にスライドさせ、ケースからフレームを緩めます。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • デバイスの左側に移動し、プラスチック製のフレームと上部近くのアルミニウム製のリアケースの間の隙間にプラスチック製の開口部ツールを挿入します。

    • ツールをこの亀裂の下にスライドさせ、ケースからフレームを緩めます。

    編集
  9. ステップ9

    左側の最初のクリップの後ろにあるフレームとリアケースの間にプラスチック製のオープニングツールを挿入します。' alt= ツールを横に揺り動かして、クリップの後ろの隙間を広げ、リアケースから分離します。' alt= ' alt= ' alt=
    • 左側の最初のクリップの後ろにあるフレームとリアケースの間にプラスチック製のオープニングツールを挿入します。

    • ツールを横に揺り動かして、クリップの後ろの隙間を広げ、リアケースから分離します。

    編集
  10. ステップ10

    この側の次の2つのクリップで手順を繰り返します。' alt= 2番目のクリップの後ろのプラスチックフレームとアルミニウムリアケースの間にプラスチックオープニングツールを挿入します。' alt= ' alt= ' alt=
    • この側の次の2つのクリップで手順を繰り返します。

    • 2番目のクリップの後ろのプラスチックフレームとアルミニウムリアケースの間にプラスチックオープニングツールを挿入します。

    • ツールを横に揺り動かし、ケースからクリップを緩めます。

    編集
  11. ステップ11

    同じ手順を使用して、プラスチックフレームをリアケースに固定している最後のクリップを緩めます。' alt= 同じ手順を使用して、プラスチックフレームをリアケースに固定している最後のクリップを緩めます。' alt= ' alt= ' alt=
    • 同じ手順を使用して、プラスチックフレームをリアケースに固定している最後のクリップを緩めます。

    編集 3コメント
  12. ステップ12

    プラスチック製のオープニングツールを、ディスプレイアセンブリとiPodの上部近くのリアケースの間に挿入します。' alt= オープニングツールを少しひねって、フロントパネルをリアケースから持ち上げます。' alt= ディスプレイアセンブリをiPodから分離します。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • プラスチック製のオープニングツールを、ディスプレイアセンブリとiPodの上部近くのリアケースの間に挿入します。

    • オープニングツールを少しひねって、フロントパネルをリアケースから持ち上げます。

      モニターがランダムにオフになり、再びオンになります
    • ディスプレイアセンブリをiPodから分離します。

    • フロントパネルはまだ複数のケーブルで接続されているため、完全に取り外そうとしないでください。

    編集
  13. ステップ13 LCDシールドプレート

    リボンケーブルを外したり壊したりしないように注意しながら、ディスプレイをiPodの他の部分からそっと折りたたんでください。テーブルまたはベンチに2つの半分を平らに置きます。' alt= iPodにここに示されているオレンジ色ではなく黒いホームボタンアセンブリがある場合は、この手順をスキップできます。ボタンはLCDプレートに取り付けられておらず、修理を完了するために取り外す必要はありません。' alt= ' alt= ' alt=
    • リボンケーブルを外したり壊したりしないように注意しながら、ディスプレイをiPodの他の部分からそっと折りたたんでください。テーブルまたはベンチに2つの半分を平らに置きます。

    • iPodにここに示されているオレンジ色ではなく黒いホームボタンアセンブリがある場合は、この手順をスキップできます。 ボタンはLCDプレートに取り付けられておらず、修理を完了するために取り外す必要はありません。

    • プラスチック製のオープニングツールを使用して、ホームボタンスイッチをLCDプレートからこじ開けます。

    • ホームボタンの裏側の接着剤を柔らかくするために、ヒートガンまたはヘアドライヤーを使用する必要がある場合があります。常に低熱設定を使用してください。

    • ホームボタンスイッチはLCDプレートの下のコンポーネントに接続されているため、取り外そうとしないでください。

    編集 6コメント
  14. ステップ14

    LCDプレートをリアケースに固定している次のネジを外します。' alt=
    • LCDプレートをリアケースに固定している次のネジを外します。

    • 1.2 mm#000プラスネジ2本

    • 1.6 mm#000プラスネジ9本

    • 2.3 mm#000プラスネジ1本

    編集
  15. ステップ15

    LCDプレートを持ち上げてiPodから取り外します。' alt= LCDプレートを持ち上げてiPodから取り外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • LCDプレートを持ち上げてiPodから取り外します。

    編集
  16. ステップ16 電池

    ロジックボードをリアケースに固定している1.6mm#000プラスネジ3本を取り外します。' alt=
    • ロジックボードをリアケースに固定している1.6mm#000プラスネジ3本を取り外します。

    編集 1つのコメント
  17. ステップ17 ヒートガンまたはヘアドライヤーでiPodのウォームバック

    バッテリーを所定の位置に保持する接着剤の2つのストリップがあります。' alt=
    • バッテリーを所定の位置に保持する接着剤の2つのストリップがあります。

      GPUが使用するPCIeレーンの数
    • iPodを裏返し、アルミ製iPodケースの背面を加熱します。 バッテリーを加熱しないでください

    • アルミケースは ない 熱くする必要がありますあなたはそれが不快になることなく常に指で加熱された部分に触れることができるはずです。

    編集 5コメント
  18. ステップ18

    バッテリーの両側に3つのノッチがあります。次のいくつかの手順では、これらのノッチを使用して、バッテリーをリアケースから徐々に持ち上げます。' alt= バッテリーは大量の接着剤で固定されているので、' alt= ' alt= ' alt=
    • バッテリーの両側に3つのノッチがあります。次のいくつかの手順では、これらのノッチを使用して、バッテリーをリアケースから徐々に持ち上げます。

    • バッテリーは大量の接着剤で固定されているため、バッテリーに穴を開けたり折り目を付けたりしないように、ゆっくりと慎重に移動する必要があります。

    • プラスチック製のオープニングツールを右上のノッチに挿入し、バッテリーをそっとこじ開けます。

    • この時点でバッテリー全体をこじ開けようとしないでください。各こじりポイントで接着剤を緩め始めたいだけです。

    編集
  19. ステップ19

    右下のノッチを続行します。プラスチック製のオープニングツールをノッチに挿入し、バッテリーの側面をそっとこじ開けます。' alt= 右下のノッチを続行します。プラスチック製のオープニングツールをノッチに挿入し、バッテリーの側面をそっとこじ開けます。' alt= ' alt= ' alt=
    • 右下のノッチを続行します。プラスチック製のオープニングツールをノッチに挿入し、バッテリーの側面をそっとこじ開けます。

    編集
  20. ステップ20

    バッテリーを下からこじ開け続けます。' alt= 底に沿ってこじ開けるときは、スピーカーやヘッドホンジャックを強く押しすぎないように注意してください。' alt= ' alt= ' alt=
    • バッテリーを下からこじ開け続けます。

    • 底に沿ってこじ開けるときは、スピーカーやヘッドホンジャックを強く押しすぎないように注意してください。

    編集
  21. ステップ21

    左側にもこじ開けます。' alt= バッテリーが接着剤から完全になくなるまで、バッテリーの側面と底面の間を前後に移動し、一度に少量をこじ開ける必要がある場合があります。' alt= ' alt= ' alt=
    • 左側にもこじ開けます。

    • バッテリーが接着剤から完全になくなるまで、バッテリーの側面と底面の間を前後に移動し、一度に少量をこじ開ける必要がある場合があります。

    編集
  22. ステップ22

    すべての接着剤が緩んだら、バッテリーを下から持ち上げて、リアケースの左側に振り出します。' alt= ロジックボードにはんだ付けされているので、引っ張らないように注意してください。' alt= バッテリーを裏返してケーブルをまっすぐにし、下に置きます。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • すべての接着剤が緩んだら、バッテリーを下から持ち上げて、リアケースの左側に振り出します。

    • ロジックボードにはんだ付けされているので、引っ張らないように注意してください。

    • バッテリーを裏返してケーブルをまっすぐにし、下に置きます。

    編集
  23. ステップ23 フロントカメラ

    スパッジャーの平らな端を使用して、前面カメラをディスプレイアセンブリのソケットから外します。' alt= カメラモジュールをソケットに固定する接着剤が少量ありますが、それほど力を入れないでください。スパッジャーを使用して、カメラモジュールの黒いプラスチックとカメラソケットの黒いプラスチックの間に侵入し、それらを分離します。' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーの平らな端を使用して、前面カメラをディスプレイアセンブリのソケットから外します。

    • カメラモジュールをソケットに固定する接着剤が少量ありますが、それほど力を入れないでください。スパッジャーを使用して、カメラモジュールの黒いプラスチックとカメラソケットの黒いプラスチックの間に侵入し、それらを分離します。

    編集 コメント4件
  24. ステップ24 Lightningコネクタアセンブリ

    スパッジャーの先端を使用して、ヘッドフォンジャックの左側にあるネジを覆っている小さなテープをはがします。' alt=
    • スパッジャーの先端を使用して、ヘッドフォンジャックの左側にあるネジを覆っている小さなテープをはがします。

    編集
  25. ステップ25

    ヘッドフォンジャック、Lightningコネクタ、スピーカーを固定している次のネジを外します。' alt=
    • ヘッドフォンジャック、Lightningコネクタ、スピーカーを固定している次のネジを外します。

    • 2.6 mm#000プラスネジ3本

    • 2.0 mm#000プラスネジ2本

    編集 1つのコメント
  26. ステップ26

    スパッジャーの平らな端を使用して、スピーカーをリアケースからこじ開けます。' alt=
    • スパッジャーの平らな端を使用して、スピーカーをリアケースからこじ開けます。

    • スピーカーはLightningコネクタアセンブリにはんだ付けされているため、取り外そうとしないでください。

    編集
  27. ステップ27

    大きなリボンケーブルをつかみ、Lightningコネクタアセンブリをケースの底からそっと引き出します。' alt= 大きなリボンケーブルをつかみ、Lightningコネクタアセンブリをケースの底からそっと引き出します。' alt= ' alt= ' alt=
    • 大きなリボンケーブルをつかみ、Lightningコネクタアセンブリをケースの底からそっと引き出します。

    編集
  28. ステップ28 ディスプレイアセンブリ

    アセンブリ全体を裏返し、ロジックボードの背面を露出させます。' alt= プラスチック製のオープニングツールを使用して、デジタイザーケーブルをロジックボードから外します。' alt= ' alt= ' alt= 編集 1つのコメント
  29. ステップ29

    プラスチック製のオープニングツールを使用して、ディスプレイケーブルをロジックボードのソケットから外します。' alt= プラスチック製のオープニングツールを使用して、ディスプレイケーブルをロジックボードのソケットから外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • プラスチック製のオープニングツールを使用して、ディスプレイケーブルをロジックボードのソケットから外します。

    編集
  30. ステップ30

    Lightningコネクタ/ロジックボードアセンブリを裏返して、ロジックボードの上部を露出させます。' alt= ディスプレイケーブルは、ロジックボードの上部に軽く接着されています。' alt= スパッジャーの平らな端を使用して、ロジックボードからディスプレイケーブルをはがします。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • Lightningコネクタ/ロジックボードアセンブリを裏返して、ロジックボードの上部を露出させます。

    • ディスプレイケーブルは、ロジックボードの上部に軽く接着されています。

    • スパッジャーの平らな端を使用して、ロジックボードからディスプレイケーブルをはがします。

    編集
  31. ステップ31

    iPodからディスプレイアセンブリを取り外します。' alt= iPodからディスプレイアセンブリを取り外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • iPodからディスプレイアセンブリを取り外します。

    編集
ほぼ完了しました!

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。

結論

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。

著者に+30ポイントを与えてください!終了しました!

他の192人がこのガイドを完了しました。

著者

と 他の6人の貢献者

' alt=

アンドリューオプティマスゴールドハート

メンバー登録日:2009年10月17日

466,360評判

作成された410のガイド

チーム

' alt=

私が直します のメンバー 私が直します

コミュニティ

133人のメンバー

14,286人のガイドが作成