iPhone 7Plusホーム/タッチIDセンサーの交換

によって書かれた: ペイジ・ライスマン (および他の9人の貢献者)
  • コメント:177
  • お気に入り:12
  • 完了:61
iPhone 7Plusホーム/タッチIDセンサーの交換' alt=

困難

中程度

ステップ



24

所要時間

30分-1時間

セクション

5

フラグ

0

前書き

iPhone 7 Plusのホーム「ボタン」は実際にはソリッドステートセンサーであり、Touch ID(指紋認識)機能も含まれています。

ほとんどの交換用ホームボタンは機能しません 、修理を開始する前に注意深く確認してください。 iPhoneの元のホームボタンは、工場でロジックボードと一意にペアリングされています。また、Apple独自の調整プロセスがないと、別のiPhoneの純正の交換用ホームボタンでも機能しません。壊れたホームボタンを修正するには、特別に作られた、 ユニバーサルスタイルのホームボタン 。これらの置換はボタンとしてのみ機能することに注意してください。TouchIDは機能しません。

壊れた画面のみを交換する場合は、このガイドを使用して、作業中の元のホームボタンを慎重に削除して新しい画面に転送し、TouchIDを含むすべての機能を保持できます。

この手順では、ディスプレイケーブルに誤って負担をかけたり、引き裂いたりしないように、ホーム/ TouchIDセンサーの修理を開始する前にディスプレイアセンブリを完全に取り外すことをお勧めします。ただし、これに慣れている場合は、このガイドのディスプレイアセンブリのセクションをスキップして、ホーム/ TouchIDセンサーのセクションに直接進んでください。

ツール

  • P2ペンタローブドライバーiPhone
  • iOpener
  • サクションハンドル
  • iFixitオープニングピック6個セット
  • スパッジャー
  • トライポイントY000ドライバー
  • ピンセット

部品

私のサムスンタブレットはシャットダウンし続けます
  • iPhone 7 / 7Plusホームボタンブラケット
  • iPhone 7 / 7Plusの下部ネジ
  1. ステップ1 ペンタローブネジ

    始める前に、iPhoneのバッテリーを25%未満で放電してください。充電されたリチウムイオン電池は、誤って穴を開けると発火したり爆発したりする可能性があります。' alt=
    • 始める前に、iPhoneのバッテリーを25%未満で放電してください。充電されたリチウムイオン電池は、誤って穴を開けると発火したり爆発したりする可能性があります。

    • 分解を始める前にiPhoneの電源を切ってください。

    • iPhoneの下端にある2本の3.4mmペンタローブネジを外します。

    • iPhoneのディスプレイを開くと、防水シールが損なわれます。持ってる 交換用シール この手順を実行する前に準備するか、シールを交換せずにiPhoneを再組み立てする場合は、液体にさらされないように注意してください。

    編集 コメント7件
  2. ステップ2 開封手順

    iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開けやすくなります。' alt=
    • iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開けやすくなります。

    • ヘアドライヤーを使用するか、 iOpenerを準備する 下の接着剤を柔らかくするために、iPhoneの下端に約1分間塗布します。

    編集 コメント7件
  3. ステップ3

    フロントパネルの下半分、ホームボタンのすぐ上に吸盤を適用します。' alt= 吸盤がホームボタンと重ならないように注意してください。吸盤と前面ガラスの間にシールが形成されるのを防ぎます。' alt= ' alt= ' alt=
    • フロントパネルの下半分、ホームボタンのすぐ上に吸盤を適用します。

    • 吸盤がホームボタンと重ならないように注意してください。吸盤と前面ガラスの間にシールが形成されるのを防ぎます。

    • ディスプレイにひどいひびが入っている場合は、 透明なパッキングテープの層でそれを覆う 吸盤が付着する場合があります。あるいは、吸盤の代わりに非常に強力なテープを使用することもできます。他のすべてが失敗した場合は、壊れた画面に吸盤を瞬間接着剤で接着することができます。

    編集 コメント2件
  4. ステップ4

    しっかりと一定の圧力で吸盤を引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。' alt= スパッジャーの平らな端を隙間に挿入します。' alt= ディスプレイを所定の位置に保持する防水接着剤は非常に強力であり、この初期ギャップを作成するにはかなりの力が必要です。もし、あんたが' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • しっかりと一定の圧力で吸盤を引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。

    • スパッジャーの平らな端を隙間に挿入します。

    • ディスプレイを所定の位置に保持する防水接着剤は非常に強力であり、この初期ギャップを作成するにはかなりの力が必要です。隙間を開けるのに苦労している場合は、画面を上下に揺らして接着剤を弱くし、中にスパッジャーをはめ込むことができるようにします。

    • 吸盤を引き上げながら、スパッジャーをひねってスクリーンとリアケースの間の開口部を広げます。

    編集 5コメント
  5. ステップ5

    スパッジャーの平らな端を、iPhoneの左下の端にあるフロントパネルとリアケースの間に挿入します。' alt= スパッジャーを電話の左端までスライドさせ、下端から音量調節ボタンとサイレントスイッチに向かって移動し、ディスプレイを固定している接着剤をはがします。' alt= ディスプレイの上端をリアケースからこじ開けようとしないでください。プラスチック製のクリップで固定されているため、破損する可能性があります。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーの平らな端を、iPhoneの左下の端にあるフロントパネルとリアケースの間に挿入します。

    • スパッジャーを電話の左端までスライドさせ、下端から音量調節ボタンとサイレントスイッチに向かって移動し、ディスプレイを固定している接着剤をはがします。

    • ディスプレイの上端をリアケースからこじ開けようとしないでください。プラスチック製のクリップで固定されているため、破損する可能性があります。

    編集
  6. ステップ6

    電話機の左側からスパッジャーを取り外し、平らな端を右下隅に挿入します。' alt= スパッジャーを電話の右端から上隅までスライドさせ、ディスプレイを固定している接着剤をはがします。' alt= ' alt= ' alt=
    • 電話機の左側からスパッジャーを取り外し、平らな端を右下隅に挿入します。

    • スパッジャーを電話の右端から上隅までスライドさせ、ディスプレイを固定している接着剤をはがします。

    編集
  7. ステップ7

    吸盤を引き上げてディスプレイを持ち上げ、iPhoneを開きます。' alt= ディスプレイをロジックボードに接続するデバイスの右端に沿って繊細なリボンケーブルがあるため、ディスプレイを10度以上持ち上げないでください。' alt= ' alt= ' alt=
    • 吸盤を引き上げてディスプレイを持ち上げ、iPhoneを開きます。

    • ディスプレイを10º以上上げないでください。 ディスプレイをロジックボードに接続するデバイスの右端に沿って繊細なリボンケーブルがあるためです。

    編集
  8. ステップ8

    吸盤の小さなこぶを引き上げて、フロントパネルから取り外します。' alt= 吸盤の小さなこぶを引き上げて、フロントパネルから取り外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • 吸盤の小さなこぶを引き上げて、フロントパネルから取り外します。

    編集
  9. ステップ9

    電話機の上端に沿ってディスプレイの下にある開口部のピックをスライドさせて、最後の接着剤を緩めます。' alt= 電話機の上端に沿ってディスプレイの下にある開口部のピックをスライドさせて、最後の接着剤を緩めます。' alt= ' alt= ' alt=
    • 電話機の上端に沿ってディスプレイの下にある開口部のピックをスライドさせて、最後の接着剤を緩めます。

    編集
  10. ステップ10

    ディスプレイアセンブリを電話機の上端から少し引き離して、背面ケースに固定しているクリップを外します。' alt= 本の裏表紙のように、ディスプレイを左側から上に振ってiPhoneを開きます。' alt= ドン' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • ディスプレイアセンブリを電話機の上端から少し引き離して、背面ケースに固定しているクリップを外します。

    • 本の裏表紙のように、ディスプレイを左側から上に振ってiPhoneを開きます。

      セガジェネシスはオンになりますが、画面が黒くなります
    • いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、まだディスプレイを完全に分離しようとしないでください。

    編集 コメント2件
  11. ステップ11 バッテリーの切断

    下部ディスプレイケーブルブラケットをロジックボードに固定している次の4本の3点Y000ネジを取り外します。' alt=
    • 下部ディスプレイケーブルブラケットをロジックボードに固定している次の4本の3点Y000ネジを取り外します。

    • 3本の1.2mmネジ

    • 2.6mmネジ1本

    編集 9コメント
  12. ステップ12

    下部ディスプレイケーブルブラケットを取り外します。' alt= 下部ディスプレイケーブルブラケットを取り外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • 下部ディスプレイケーブルブラケットを取り外します。

    編集 コメント4件
  13. ステップ13

    スパッジャーの先端を使用して、ロジックボードのソケットからバッテリーコネクタを持ち上げます。' alt= コネクタケーブルを少し上に曲げて、ソケットに接触して電話に電力が供給されないようにします。' alt= コネクタケーブルを少し上に曲げて、ソケットに接触して電話に電力が供給されないようにします。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーの先端を使用して、ロジックボードのソケットからバッテリーコネクタを持ち上げます。

    • コネクタケーブルを少し上に曲げて、ソケットに接触して電話に電力が供給されないようにします。

    編集 コメント4件
  14. ステップ14 ディスプレイアセンブリ

    この手順でケーブルを切断または再接続する前に、バッテリーが切断されていることを確認してください。' alt= スパッジャーまたは指の爪の平らな端を使用して、ロジックボードのソケットからまっすぐ上にこじ開けて、2つの下部ディスプレイコネクタを外します。' alt= プレスコネクタを再度取り付けるには、カチッと所定の位置に収まるまで一方の端を押し下げてから、もう一方の端で繰り返します。真ん中を押し下げないでください。コネクタの位置が少しでもずれていると、コネクタが曲がって永久的な損傷を引き起こす可能性があります。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • この手順でケーブルを切断または再接続する前に、バッテリーが切断されていることを確認してください。

    • スパッジャーまたは指の爪の平らな端を使用して、ロジックボードのソケットからまっすぐ上にこじ開けて、2つの下部ディスプレイコネクタを外します。

    • プレスコネクタを再度取り付けるには、カチッと所定の位置に収まるまで一方の端を押し下げてから、もう一方の端で繰り返します。真ん中を押し下げないでください。コネクタの位置が少しでもずれていると、コネクタが曲がって永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

    • 空白の画面、ディスプレイに白い線がある場合、または電話を再組み立てした後にタッチ応答が部分的または完全に欠如している場合は、これらのケーブルの両方を取り外して慎重に再接続し、完全に装着されていることを確認してください。

    編集 コメント7件
  15. ステップ15

    フロントパネルセンサーアセンブリコネクタにブラケットを固定している3本の3点Y000ネジを取り外します。' alt= 1.3mmネジ1本' alt= 2本の1.0mmネジ' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • フロントパネルセンサーアセンブリコネクタにブラケットを固定している3本の3点Y000ネジを取り外します。

      貯水池に水を注ぐキューリグ
    • 1.3mmネジ1本

    • 2本の1.0mmネジ

    • ブラケットを取り外します。

    編集 コメント10件
  16. ステップ16

    フロントパネルセンサーアセンブリコネクタをロジックボードのソケットから外します。' alt= このプレスコネクタも、曲がるリスクを最小限に抑えるために、一度に一方の端を再接続する必要があります。' alt= ' alt= ' alt=
    • フロントパネルセンサーアセンブリコネクタをロジックボードのソケットから外します。

    • このプレスコネクタも、曲がるリスクを最小限に抑えるために、一度に一方の端を再接続する必要があります。

    編集 コメント2件
  17. ステップ17

    ディスプレイアセンブリを取り外します。' alt=
    • ディスプレイアセンブリを取り外します。

    • 再組み立て中、必要に応じてここで一時停止します ディスプレイの端の周りの接着剤を交換してください 。

    編集 1つのコメント
  18. ステップ18 ホーム/タッチIDセンサー

    ブラケットをホーム/ TouchIDセンサーに固定している4本のY000ネジを外します。' alt=
    • ブラケットをホーム/ TouchIDセンサーに固定している4本のY000ネジを外します。

    • 1.1mmネジ1本

    • 1.3mmネジ3本

    • 再組み立て中は、これらのネジを締めすぎないように注意してください。締めすぎると、ホームボタンが機能しない場合があります。

    編集 コメント30件
  19. ステップ19

    ホーム/ TouchIDセンサーを固定しているブラケットを取り外します。' alt=
    • ホーム/ TouchIDセンサーを固定しているブラケットを取り外します。

    編集
  20. ステップ20

    ホームボタンケーブルコネクタの左端の下をこじ開けて、ソケットから外します。' alt= コネクタ全体が分離せずに跳ね上がり始めた場合は、コネクタの左端をこじ開けると同時に、コネクタの上端にあるケーブルをスパッジャーのフラットで押し下げます。ケーブルやコネクタを損傷しないように十分注意してください。損傷しないと、センサーが完全に無効になります。' alt= コネクタ全体が分離せずに跳ね上がり始めた場合は、コネクタの左端をこじ開けると同時に、コネクタの上端にあるケーブルをスパッジャーのフラットで押し下げます。ケーブルやコネクタを損傷しないように十分注意してください。損傷しないと、センサーが完全に無効になります。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • ホームボタンケーブルコネクタの左端の下をこじ開けて、ソケットから外します。

    • コネクタ全体が分離せずに跳ね上がり始めた場合、 スパッジャーのフラットでコネクタの上端にあるケーブルを押し下げます 、同時にコネクタの左端をこじ開けます。ケーブルやコネクタを損傷しないように十分注意してください。損傷しないと、センサーが完全に無効になります。

    編集 23コメント
  21. ステップ21

    下にあるコネクタを慎重にこじ開けて、ホーム/ TouchIDケーブルの邪魔にならない場所に移動します。' alt= それ' alt= ' alt= ' alt=
    • 下にあるコネクタを慎重にこじ開けて、ホーム/ TouchIDケーブルの邪魔にならない場所に移動します。

    • このステップでiPhoneを損傷するのは非常に簡単です。ゆっくりと作業し、ツールでこじ開ける場所に注意してください。 Touch IDハードウェアを損傷した場合、交換できるのはAppleのみです。

    • コネクタがこじ開けにくい場合は、ヘアドライヤーまたはiOpenerを使用して、コネクタを固定している接着剤を加熱して柔らかくしてから、もう一度お試しください。

    • コネクタを完全に取り外そうとしないでください。下にあるホーム/ Touch IDセンサーケーブルを取り外せるように、コネクタを少し上に向けるだけです。

    編集 コメント4件
  22. ステップ22

    ホーム/ TouchIDセンサーの周囲を加熱すると、繊細なケーブルを固定している接着剤が柔らかくなり、安全に取り外すのが簡単になります。' alt=
    • ホーム/ TouchIDセンサーの周囲を加熱すると、繊細なケーブルを固定している接着剤が柔らかくなり、安全に取り外すのが簡単になります。

    • ディスプレイアセンブリを裏返します。ヘアドライヤーを使用するか、 iOpenerを準備する 下の接着剤を柔らかくするために、ディスプレイの下端に約90秒間塗布します。

    編集 コメント2件
  23. ステップ23

    オープニングピックを使用して、ホーム/ TouchIDセンサーケーブルをディスプレイパネルの背面に固定している接着剤を静かに分離します。' alt= オープニングピックを使用して、ホーム/ TouchIDセンサーケーブルをディスプレイパネルの背面に固定している接着剤を静かに分離します。' alt= オープニングピックを使用して、ホーム/ TouchIDセンサーケーブルをディスプレイパネルの背面に固定している接着剤を静かに分離します。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • オープニングピックを使用して、ホーム/ TouchIDセンサーケーブルをディスプレイパネルの背面に固定している接着剤を静かに分離します。

    編集 コメント17件
  24. ステップ24

    ホーム/ TouchIDセンサーアセンブリをディスプレイの前面から持ち上げて取り外します。' alt=
    • ホーム/ TouchIDセンサーアセンブリをディスプレイの前面から持ち上げて取り外します。

    • 再インストールするには、最初にディスプレイの前面にある穴にケーブルを通します。

    • 交換部品には、 追加のY000ネジ ホームボタンの右側にすでにインストールされています。ホームボタンブラケットを再び取り付けることができるように、不要なネジを取り外します。

    • このガイドに従ってください 画面に交換用ディスプレイ接着剤を取り付けます。

    編集 コメント28件
ほぼ完了しました!

新しい交換部品を元の部品と比較します。取り付ける前に、残りのコンポーネントを移すか、新しい部品から粘着性の裏当てを取り除く必要がある場合があります。

デバイスを再組み立てするには、上記の手順を逆の順序で実行します。

電子廃棄物を R2またはe-Stewards認定のリサイクル業者 。

修理が予定通りに進まなかった?いくつか試してみてください 基本的なトラブルシューティング 、または 回答フォーラム 助けを求めて。

結論

新しい交換部品を元の部品と比較します。取り付ける前に、残りのコンポーネントを移すか、新しい部品から粘着性の裏当てを取り除く必要がある場合があります。

デバイスを再組み立てするには、上記の手順を逆の順序で実行します。

電子廃棄物を R2またはe-Stewards認定のリサイクル業者 。

修理が予定通りに進まなかった?いくつか試してみてください 基本的なトラブルシューティング 、または 回答フォーラム 助けを求めて。

著者に+30ポイントを与えてください!終了しました!
rokuリモコンを開く方法

他に61人がこのガイドを完了しました。

著者

と 他の9人の貢献者

' alt=

ペイジ・ライスマン

メンバー登録日:2014年4月7日

21,061評判

15人のガイドが作成