オプティカルドライブの取り付け

オプティカルドライブの取り付け

外部オプティカルドライブは、必要に応じてUSBまたはFireWireポートに接続し、電源を接続するだけで「インストール」されます。内蔵オプティカルドライブは5.25フィートのハーフハイトデバイスであり、他の5.25フィートの外部アクセス可能なドライブと同じ物理的なインストール手順が必要です。次のセクションでは、ATAPI(IDE)オプティカルドライブをインストールおよび設定するために必要な手順について説明します。記事を読んでいない場合 ' マスターとスレーブの割り当て '、最初にそうしてください。

インターフェイス構成の選択

最初のインストールの決定は、ドライブをプライマリまたはセカンダリATAインターフェイスにインストールするかどうか、およびドライブをマスターデバイスまたはスレーブデバイスとして構成するかどうかです。既存のドライブをアップグレードする場合、または故障したドライブを交換する場合は、古いドライブを構成したのと同じ方法で新しいドライブを構成するのが妥当と思われる場合があります。それは必ずしも真実ではありません。多くのシステムには、最適でないインターフェース構成があります。

問題は、PATAインターフェイスでは2つのデバイスを接続できますが、一度にアクティブにできるのは1つだけであるということです。したがって、たとえば、プライマリATAチャネルに接続されたハードドライブがデータの読み取りまたは書き込みを行っている場合、同じチャネルに接続されたオプティカルドライブは、データの読み取りまたは書き込みを行う前に、ハードドライブがチャネルの使用を終了するまで待機する必要があります。各デバイスは順番を変える必要があり、同時に使用すると両方のデバイスのパフォーマンスが低下します。

次のガイドラインを使用して、ドライブを適切に構成します。

  • システムがSATAハードドライブを使用し、インストールするオプティカルドライブ以外のATAPIデバイスを使用しない場合は、プライマリATAチャネルを未使用のままにして、オプティカルドライブをセカンダリATAチャネルのマ​​スターデバイスとして構成します。 (プライマリマスターデバイスがハードドライブではなく光学ドライブである場合、Windowsが混乱する可能性があります。)
  • システムに常にプライマリマスターとなるPATAハードドライブが1つあり、インストールするオプティカルドライブ以外のATAPIデバイスがない場合は、オプティカルドライブをセカンダリマスターとして構成します。
  • システムに2台のPATAハードドライブがある場合は、それらをプライマリマスターとセカンダリマスターとして構成する必要があります。オプティカルドライブをセカンダリスレーブとして設定します。
  • システムにプライマリマスターとして構成された1台のPATAハードドライブと、DVD-ROMドライブとDVDライターなどの2台のATAPIオプティカルドライブがある場合は、次のガイドラインを使用してください。
    • たとえば、両方のオプティカルドライブを同時に頻繁に使用する場合は、DVD-ROMドライブからDVDライターにディスクをコピーするために、読み取り専用オプティカルドライブをプライマリスレーブとして構成し、オプティカルライターをセカンダリマスターとして構成します。
    • たとえば、バックアップにDVDライターを使用し、ゲームにDVD-ROMドライブを使用する場合など、2つのオプティカルドライブを同時に使用しない場合は、DVDライターをセカンダリマスターとして、DVD-ROMドライブをセカンダリスレーブとしてインストールします。
  • システムにプライマリマスターとセカンダリマスターとして構成された2つのPATAハードドライブと2つのATAPIオプティカルドライブがある場合は、読み取り専用ドライブをプライマリスレーブとして構成し、オプティカルライターをセカンダリスレーブとして構成します。
  • システムに1つまたは2つのPATAハードドライブ、ATAPIオプティカルドライブ、およびテープドライブなどの別のATAPIデバイスがある場合は、次のガイドラインを使用してください。
    • 可能であれば、ATAPIデバイスを別々のチャネルにインストールしてください。
    • システムに2台のPATAハードドライブがある場合は、両方のATAPIドライブをスレーブデバイスとして構成します。
    • ATAPIドライブの1つをセカンダリマスターとしてインストールする必要がある場合は、そのチャネル用の最新のATAPIドライブを選択してください。
    • セカンダリチャネルに2つのATAPIドライブをインストールする必要がある場合は、新しいデバイスをマスターにし、古いデバイスをスレーブにします。

オプティカルドライブの取り付け

光学ドライブの取り付けは一般的に簡単です。これまでにPC内で作業したことがある場合は、光学ドライブの取り付けに10分以内かかるはずです。 PC内で作業したことがない場合は、さらに5分かかる場合があります。オプティカルドライブを取り付けるには、次の手順に従います。

1. PCからすべての外部ケーブルを外し、明るい作業エリアに移動します。

2.ケースのデザインに応じて、上部パネルやサイドパネルを取り外します。場合によっては、ドライブベイにアクセスするためにフロントベゼルを取り外す必要がある場合もあります。詳細については、システムまたはケースのドキュメントを参照してください。

3.既存のオプティカルドライブを交換する場合は、データケーブルと電源ケーブルをドライブから外し、ドライブをベイから取り外します。ケースの設計に応じて、ドライブはドライブベイからドライブにネジで固定するか、ネジでドライブに固定し、シャーシにチャネルを取り付けるレールで固定することができます。

4.既存のオプティカルドライブを取り外さずに2番目のオプティカルドライブを取り付ける場合は、新しいドライブを取り付ける予定の位置からドライブベイベゼルを取り外します。また、ベゼルの後ろから金属製のRFシールドを取り外す必要がある場合もあります。に示すように、スナップインRFシールドを使用する場合もあります。 図8-1 、指を使って取り外すことができます。その他の場合は、RFシールドをネジで固定するか、製造時にシャーシに刻印されているツイストオフRFシールドを使用します。ケースに刻印入りのシールドを使用している場合は、ペンチを使用してシールドをつかみ、壊れてしまうまで前後にひねります。ファイルを使用して、残っている鋭いバリを削り取り、マザーボードのケース内にファイリングが残っていないことを確認します。

ブロック画像' alt=

図8-1:ドライブを取り付ける前のRFシールドの取り外し

5.新しいドライブをパッケージから取り出します。ケースでオプティカルドライブを取り付けるためにレールを使用している場合は、レールを取り付けます。レールはケースの種類によって異なります。に示すように、2本のネジで最も固定されます 図8-2 、ただし、ドライブのネジ穴にはめ込まれるバネ鋼機構を使用しているものもあるため、工具なしで固定できます。実際にレールを接続する前に、ドライブのさまざまなネジ穴に対するシャーシのレールスロットの位置を確認してください。ドライブには2セットのレール穴があります。 1つはレールをドライブのほぼ中央に垂直に配置し、もう1つはレールをドライブの下部に配置します。ドライブに適切な垂直方向の位置合わせを提供するセットは、シャーシのレールスロットの位置によって異なります。レールは着座深度を調整できる場合もあるため、ドライブを取り付けたときにドライブがフロントベゼルと同じ高さに着座するように位置を確認してください。レールが正しく取り付けられていると思ったら、一時的にベイにスライドさせて、ドライブの垂直方向の適切な配置と着座の深さをテストします。

ブロック画像' alt=

図8-2:オプティカルドライブへのレールの取り付け

6.必要に応じて、ドライブがマスター、スレーブ、またはケーブル選択として構成されていることを確認します。構成ジャンパーは、に示すように、ドライブの背面パネルにあります。 図8-3 。ほとんどのドライブは、デフォルトでマスターデバイスとして構成されています。ドライブをスレーブまたはケーブル選択に構成するために、必要に応じてジャンパー位置を変更します。

ブロック画像' alt=

図8-3:構成ジャンパーを示すDVDドライブの背面パネル

東芝外部USB3.0USBデバイスが認識されない

7.通常、ドライブをケースに取り付ける前に、ATAケーブルをドライブに接続する方が簡単です。新しいケーブルを使用している場合は、既存のケーブルに摩耗やねじれの兆候が見られる場合に行う必要があります。ドライブをベイにスライドさせる前に、新しいケーブルを接続してください。ケーブルのピン1側(通常は赤または他の色のストライプで示されている)が、ドライブコネクタのピン1に対応していることを確認します。次に、に示すように、ケーブルコネクタが完全に固定されるまでドライブコネクタに押し込みます。 図8-4

ブロック画像' alt=

図8-4:ATAデータケーブルをオプティカルドライブに接続する

8.ATAケーブルの緩い端を正面からドライブベイに通します。ドライブの背面から作業して、ケーブルをケースに送り込み、自由端をマザーボードのATAコネクタの近くに配置します。

9.ドライブレールをケースの対応するスロットに合わせ、ドライブレールが固定されるまでドライブを所定の位置にしっかりと押し込みます。ネジで固定するレールを使用している場合は、ネジを取り付けてドライブを所定の位置にロックします。ドライブレールを正しく取り付けた場合、ドライブは空のドライブベイを覆うベゼルと同じ高さに収まるはずです。

10. ATAインターフェイスは、ほとんどのマザーボードの右前端近くにあります。使用する予定のマザーボードATAインターフェイスコネクタ(通常はセカンダリATAインターフェイス)を見つけます。インターフェイスのピン1を見つけ、ATAケーブルをインターフェイスのピン1に向けて赤いストライプに合わせ、次に示すようにコネクタを所定の位置に押し込みます。 図8-5

ブロック画像' alt=

図8-5:オプティカルドライブのデータケーブルをマザーボードに接続する

11.オプティカルドライブをインストールする最後のステップは、ドライブに電源を接続することです。次に示すように、電源から供給されている電源ケーブルの1つを選択し、Molexコネクタをドライブの電源コネクタに押し付けます。 図8-6 。電源コネクタを固定するにはかなりの圧力が必要になる場合があるため、コネクタが突然固定された場合に指を傷つけないように注意してください。 Molex電源コネクタにはキーが付いているため、電源ケーブルを固定するために圧力をかける前に、コネクタが正しい方向に向いていることを確認してください。

Kindleの火がブート画面に詰まっている
ブロック画像' alt=

図8-6:オプティカルドライブへの電源の接続

BIOS設定

ドライブをケーブルの適切なコネクタに接続し、ジャンパを設定したら、システムにドライブを検出させます。これを行うには、システムを再起動してBIOSセットアップを実行します(システムが起動することが多いため、キーを押す必要があります。キーはF1、F2、Esc、またはDelのいずれかです)。 BIOSがドライブを自動的に表示しない場合は、メニューで[自動検出]などのオプションを探します。この自動検出オプションを使用して、ドライブ検出を強制します。再起動すると、ドライブを使用できるようになります(その後、ドライブのパーティション分割とフォーマットを開始できます)。現在の構成を使用してドライブを動作させることができない場合は、説明されているように他の構成を試してください ここに

SATAを使用している場合は、BIOSセットアップでSATAインターフェイスの数も表示されることに注意してください。これは、ドライブをプライマリドライブにするためにドライブを接続する必要があるインターフェイスを決定するのに役立ちます。

光学ドライブの取り付けはこれですべてです。サイドパネルやトップパネル、およびドライブベゼルを交換すると、システムの準備が整います。元の場所に戻し、すべての外部ケーブルを再接続して、電源を入れます。

バスマスタリング(DMA)サポートの有効化

一部の古いATAPIオプティカルドライブは プログラムドI / O (( PIO )ではなくモード ダイレクトメモリアクセス (( DMA )モード。バスマスタリングモードとも呼ばれます。最速のPIOモードでは、最大データレートがほとんどのDVDドライブよりも遅いため、PIOモードで操作すると、ドライブのパフォーマンスが低下し、ビデオの表示がぎくしゃくしたり、同様の症状が発生したりする可能性があります。さらに重要なことに、PIOモードはCPUに大きな負担をかけます。ドライブが頻繁にアクセスされている場合、PIOモードで動作する一般的なATAPIオプティカルドライブは50%から80%のCPU使用率に達する可能性がありますが、DMAまたはUltra DMAモードで同じ条件下で動作する同じドライブは1%から5%しか占有しない可能性がありますCPU時間。

PIOとDMA

一部のオプティカルドライブはPIOおよびDMAモードをサポートしていますが、デフォルトではPIOモードに設定されています。このようなドライブには、背面パネルのインターフェイスと電源コネクタの近くにPIO / DMAジャンパーがあります。ジャンパーの位置は通常、ドライブの上部または下部にラベルが付けられています。ドライブを再構成するには、ジャンパーをPIO位置からDMA位置に移動するだけです。

NintendoSwitchで映画を見ることができますか

最新のマザーボード、オプティカルドライブ、およびオペレーティングシステムはすべてDMAモードをサポートしていますが、DMAが常に自動的に有効になるとは限りません。 Windows XPは通常、DMAを適切かつ自動的に管理します。新規インストール中に、Windows XPはATAインターフェイスと接続されたデバイスをテストして、DMAの互換性を判断します。インターフェイスと接続されているすべてのデバイスがDMA互換である場合、WindowsXPはそのインターフェイスに対してDMAを有効にします。ここまでは順調ですね。

ただし、Windowsをアップグレードした場合、または古いオプティカルドライブを新しいモデルに交換した場合は、問題が発生する可能性があります。元のオペレーティングシステムまたはオプティカルドライブがDMAを使用するように構成されていない場合、インターフェイスとデバイスがDMAをサポートしていても、WindowsXPでDMAが有効にならない場合があります。 Windows XPシステムでDMAステータスを確認し、必要に応じてDMAを有効にするには、次の手順を実行します。

ブロック画像' alt=

図8-7:[Secondary IDE Channel Properties]ダイアログは、このドライブがUltraDMAモード2で動作していることを示しています。

  1. [マイコンピュータ]アイコンを右クリックし、[プロパティ]を選択して、[システムのプロパティ]ダイアログを表示します。
  2. [ハードウェア]タブをクリックしてから[デバイスマネージャー]ボタンをクリックして、デバイスマネージャーを表示します。
  3. IDE ATA / ATAPI Controllersエントリを見つけ、+アイコンをクリックしてリストを展開します。 2つのATAチャネルがインストールされて有効になっていると仮定すると、3本の線が表示されているはずです。最初の行は、ATAコントローラー自体を示しています。残りの2行は、プライマリIDEチャネルとセカンダリIDEチャネル用です。 (IDEチャネルラインが1つしかない場合、マザーボードはPATAインターフェイスを1つだけ提供する最近のモデルである可能性があります。)
  4. オプティカルドライブが接続されているチャネル(通常はセカンダリIDEチャネル)をダブルクリックして、そのチャネルの[プロパティ]ダイアログを表示します。 [詳細設定]タブをクリックして、ダイアログを表示します。このダイアログには2つのセクションがあります。1つはデバイス0(マスター)用で、もう1つはデバイス1(スレーブ)用です。オプティカルドライブのリストには、現在の転送モードがDMAまたはウルトラDMAとして表示されているはずです。含まれている場合、ドライブは最高の効率で動作しており、ダイアログを終了できます。例えば、 図8-7 は、セカンダリATAチャネルにマスターデバイスとしてインストールされたDVD-ROMドライブが、サポートする最速のDMAモードであるUltraDMAモード2を使用していることを示しています。
  5. CD-ROMドライブの[現在の転送モード]ボックスに[PIOモード]と表示されている場合は、[転送モード]ボックスでそのデバイスの設定を確認してください。
  • [転送モード]ボックスが[使用可能な場合はDMA]に設定されている場合、Windowsは、インターフェイス、ドライブ、またはその両方がDMAをサポートしていないと判断したことを意味します。ドライブをDMAをサポートする新しいモデルと交換します。現在のドライブがDMA対応であることが確実な場合は、別のケーブルを使用するか、ドライブを別のATAインターフェイスに接続してみてください。
  • [転送モード]ボックスが[PIOのみ]に設定されている場合は、ドロップダウンリストを使用してその設定を[利用可能な場合はDMA]に変更し、変更を保存してシステムを再起動し、そのダイアログを再表示します。ドライブの[現在の転送モード]ボックスにDMAモードが表示されている場合、ドライブはDMAを使用しています。それでもボックスにPIOモードが表示される場合、WindowsはDMAモードを使用するのは安全でないと判断しました。前の項目の説明に従って、ドライブまたはケーブルを交換します。

オプティカルドライブ文字の割り当ての変更

デフォルトでは、Windowsのすべてのバージョンで、ローカルボリュームのドライブ文字に続く次の使用可能なドライブ文字がオプティカルドライブに割り当てられます。その後、追加のハードディスクをインストールするか、ドライブを再パーティション化して追加のボリュームを作成すると、オプティカルドライブに割り当てられた文字が変更され、オプティカルドライブに古い文字としてアクセスしようとするインストール済みソフトウェアが混乱する可能性があります。

既存のローカルボリュームまたはネットワークボリュームのドライブ文字よりも高いドライブ文字を光学ドライブに手動で割り当てることにより、この「ミュージカルチェア」による光学ドライブ文字の再割り当てを回避できます。使用可能な最高のドライブ文字Zをオプティカルドライブに割り当てると、Windowsがそのドライブ文字を変更するのを防ぐことができます。 2つのオプティカルドライブがある場合は、それらにZ:とY:を割り当てます。 Windows XPでオプティカルドライブに別のドライブ文字を割り当てるには、次の手順に従います。

ブロック画像' alt=

図8-8:コンピュータの管理でドライブ文字の割り当てが表示される

  1. コントロールパネルから、[管理ツール]> [コンピューターの管理]を選択します。
  2. 必要に応じてツリーを展開し、ストレージブランチにアイテムを表示します。
  3. [ディスクの管理]をクリックし、図に示すように、右下のペインでオプティカルドライブを見つけます。 図8-8
  4. オプティカルドライブアイコンを右クリックして状況依存メニューを表示し、[ドライブ文字とパスの変更]メニュー項目を選択して[ドライブ文字とパスの変更]ダイアログを表示します。
  5. [変更]ボタンをクリックし、ドロップダウンリストを使用して、使用可能なドライブ文字をオプティカルドライブに割り当てます。
  6. 変更を保存して終了します。変更を受け入れると、新しいドライブ文字がすぐに有効になります。

オプティカルドライブの詳細 [/見積もり]