サムスンギャラクシーS7エッジディスプレイアセンブリの交換

によって書かれた: アーサー・シー (および他の3人の貢献者)
  • コメント:31
  • お気に入り:22
  • 完了:108
サムスンギャラクシーS7エッジディスプレイアセンブリの交換

困難

難しい

ステップ



32

所要時間

2〜3時間

セクション

5

フラグ

0

前書き

このガイドに従って、Samsung Galaxy S7Edgeのディスプレイアセンブリを交換してください。

このガイドでは、元のフレームとバッテリーをそのままにして、ディスプレイのみを交換するように指示しています。

湾曲したエッジと強力な接着剤により、最初の開封手順は非常に困難です。辛抱強く、複数の加熱と引っ張りのサイクルを繰り返すと、接着剤は最終的に緩みます。

注意 :この電話の一部の交換用スクリーンは、新しいフレーム(別名シャーシ)にプリインストールされているため、電話の内部をすべて移植して、新しいバッテリーを取り付ける必要があります。このガイドを開始する前に、正しいパーツがあることを確認してください。

フレームが破損または曲がっている場合 、交換することが重要です。そうしないと、新しいスクリーンが正しく取り付けられず、不均一な圧力によって損傷を受ける可能性があります。

ディスプレイをフレームから分離するプロセスは通常、ディスプレイを破壊するため、ディスプレイを交換する場合を除いて、このガイドに従わないでください。

画面がひどく粉々になっている場合は、目の保護具を着用し、ガラスの破片を収めるためにスクリーンプロテクターまたはテープをディスプレイに貼り付けてください。

ツール

  • フィリップス#00ドライバー
  • スパッジャー
  • SIMカード取り出しツール
  • iOpener
  • サクションハンドル
  • iFixitオープニングピック6個セット
  • ピンセット

部品

  • ギャラクシーS7エッジリアカバー接着剤
  • ギャラクシーS7エッジタッチスクリーン接着剤
  1. ステップ1 SIMカードトレイ

    SIMカード開封ツール、SIMイジェクトビット、またはペーパークリップを電話の上端にある小さな穴に挿入します。 上端に2つの穴があります。正しい穴は、長い長方形の切り欠き内にあります。 オープニングツールを押して、トレイを取り出します。
    • SIMカード開封ツール、SIMイジェクトビット、またはペーパークリップを電話の上端にある小さな穴に挿入します。

    • 上端に2つの穴があります。正しい穴は、長い長方形の切り欠き内にあります。

    • オープニングツールを押して、トレイを取り出します。

    • 電話機からSIM / SDカードコンボトレイを取り外します。

    編集
  2. ステップ2 リアガラス

    お使いの携帯電話を開くと、その防水シールが損なわれます。続行する前に交換用接着剤を用意してください。接着剤を交換せずに電話機を組み立て直す場合は、液体にさらされないように注意してください。
    • お使いの携帯電話を開くと、その防水シールが損なわれます。続行する前に交換用接着剤を用意してください。接着剤を交換せずに電話機を組み立て直す場合は、液体にさらされないように注意してください。

    • iOpenerを加熱する そしてそれを電話の長い方の端に約2分間適用します。

    • 電話を十分に暖めるために、iOpenerを数回再加熱して再適用する必要がある場合があります。過熱を避けるためにiOpenerの指示に従ってください。

    • ヘアドライヤー、ヒートガン、またはホットプレートを使用することもできますが、電話を過熱しないように注意してください。OLEDディスプレイと内蔵バッテリーはどちらも熱による損傷を受けやすくなっています。

    編集
  3. ステップ3

    背面パネルが触ると温かくなったら、湾曲したエッジを避けながら、電話の加熱されたエッジのできるだけ近くに吸盤を適用します。
    • 背面パネルが触ると温かくなったら、湾曲したエッジを避けながら、電話の加熱されたエッジのできるだけ近くに吸盤を適用します。

    • 吸盤はガラスの湾曲した部分にうまく接着しません。

    • 携帯電話の背面カバーにひびが入っていると、吸盤がくっつかない場合があります。 強力なテープで持ち上げてみてください 、または吸盤を所定の位置に瞬間接着剤で接着し、硬化させて続行できるようにします。

    • 吸盤を持ち上げて、リアガラスの下にオープニングピックを挿入します。

    • ガラスが湾曲しているため、電話の平面に平行に挿入するのではなく、押し上げることになります。

    • 問題が発生した場合は、さらに熱を加えて接着剤をさらに柔らかくし、再試行してください。接着剤は非常に速く冷えるので、繰り返し加熱する必要があるかもしれません。

    編集 コメント2件
  4. ステップ4

    ピックをガラスにしっかりと挿入したら、iOpenerを再加熱して再塗布し、接着剤を柔らかくします。
    • ピックをガラスにしっかりと挿入したら、iOpenerを再加熱して再塗布し、接着剤を柔らかくします。

    編集
  5. ステップ5

    開口部のピックアップを電話の側面に沿ってスライドさせ、接着剤を分離します。 先端がしないようにゆっくり行く
    • 開口部のピックアップを電話の側面に沿ってスライドさせ、接着剤を分離します。

    • 先端が継ぎ目から滑り落ちないようにゆっくりと進みます。スライドが困難になった場合は、iOpenerを再加熱して再塗布してください。

    • ピックをそのままにして、次のステップに進むときに2番目のピックをつかみます。ピックを挿入したままにしておくと、分離したばかりの接着剤が再付着するのを防ぐのに役立ちます。

    編集
  6. ステップ6

    電話の残りの3つの側面について、前の加熱と切断の手順を繰り返します。 接着剤が再封されるのを防ぐために、次の側に進むときに、両側に開口部のピックを残します。 接着剤が再封されるのを防ぐために、次の側に進むときに、両側に開口部のピックを残します。
    • 電話の残りの3つの側面について、前の加熱と切断の手順を繰り返します。

    • 接着剤が再封されるのを防ぐために、次の側に進むときに、両側に開口部のピックを残します。

    編集
  7. ステップ7

    ガラスを持ち上げて、電話から取り外します。 ガラスを持ち上げて、電話から取り外します。
    • ガラスを持ち上げて、電話から取り外します。

    編集
  8. ステップ8

    新しい裏表紙を取り付けるには: ピンセットを使用して、電話から残っている接着剤をはがします
    • 新しい裏表紙を取り付けるには:

    • ピンセットを使用して、電話のシャーシから残っている接着剤をはがします。次に、接着領域を高濃度のイソプロピルアルコール(少なくとも90%)と糸くずの出ない布で清掃して、新しい接着剤の表面を準備します。

    • 新しい背面ガラスの裏側の接着剤をはがし、ガラスの一方の端を電話のシャーシに注意深く合わせ、ガラスを電話にしっかりと押し付けます。

    • 古い背面カバーを再び取り付ける場合、または接着剤が事前に取り付けられていない背面カバーを使用する場合は、 このガイドに従ってください 。

    • 新しい接着剤を取り付けて電話を再密閉する前に、必ず電話の電源を入れて修理をテストしてください。

    • 必要に応じて、接着剤を交換せずに背面カバーを再び取り付けることができます。背面カバーが平らに座るのを妨げる可能性のある接着剤の大きな塊を取り除きます。取り付け後、背面カバーを加熱し、圧力をかけて固定します。防水ではありませんが、接着剤は通常、保持するのに十分な強度があります。

    編集
  9. ステップ9 スピーカーアセンブリ

    12本の3.5mmプラスネジを外します。
    • 12本の3.5mmプラスネジを外します。

    編集
  10. ステップ10

    上部アンテナの左下にある小さなノッチを使用して、電話からアンテナをこじ開けます。 上部アンテナを取り外します。
    • 上部アンテナの左下にある小さなノッチを使用して、電話からアンテナをこじ開けます。

    • 上部アンテナを取り外します。

    編集
  11. ステップ11

    ワイヤレス充電コイルを持ち上げて、電話から取り外します。
    • ワイヤレス充電コイルを持ち上げて、電話から取り外します。

    編集
  12. ステップ12

    スピーカーを持ち上げて電話から取り外します。
    • スピーカーを持ち上げて電話から取り外します。

    編集
  13. ステップ13 バッテリーの切断

    スパッジャーの平らな端を使用して、バッテリーコネクタを外します。 スパッジャーの平らな端を使用して、バッテリーコネクタを外します。
    • スパッジャーの平らな端を使用して、バッテリーコネクタを外します。

    編集
  14. ステップ14 ディスプレイアセンブリ

    スパッジャーの平らな端を使用して、ディスプレイケーブルを外します。 スパッジャーの平らな端を使用して、ディスプレイケーブルを外します。
    • スパッジャーの平らな端を使用して、ディスプレイケーブルを外します。

    編集
  15. ステップ15

    スパッジャーの先のとがった端を使用して、電源ボタンケーブルを外します。 スパッジャーの先のとがった端を使用して、電源ボタンケーブルを外します。 編集
  16. ステップ16

    スパッジャーの先のとがった端を使用して、赤と白のアンテナケーブルを外します。 スパッジャーの先のとがった端を使用して、赤と白のアンテナケーブルを外します。 スパッジャーの先のとがった端を使用して、赤と白のアンテナケーブルを外します。
    • スパッジャーの先のとがった端を使用して、赤と白のアンテナケーブルを外します。

    編集
  17. ステップ17

    スパッジャーの平らな端を使用して、ホームボタンコネクタを外します。 スパッジャーの平らな端を使用して、ホームボタンコネクタを外します。
    • スパッジャーの平らな端を使用して、ホームボタンコネクタを外します。

    編集
  18. ステップ18

    スパッジャーの先のとがった端を使用して、正面を向いたセンサーアレイケーブルを外します。 スパッジャーの先のとがった端を使用して、正面を向いたセンサーアレイケーブルを外します。 スパッジャーの先のとがった端を使用して、正面を向いたセンサーアレイケーブルを外します。
    • スパッジャーの先のとがった端を使用して、正面を向いたセンサーアレイケーブルを外します。

    編集
  19. ステップ19

    スパッジャーの先のとがった端を使用して、音量ボタンケーブルを外します。 スパッジャーの先のとがった端を使用して、音量ボタンケーブルを外します。
    • スパッジャーの先のとがった端を使用して、音量ボタンケーブルを外します。

    編集
  20. ステップ20

    ケーブルでドーターボードに接続されたままマザーボードを持ち上げないでください。 スパッジャーの平らな端を使用して、マザーボードをそっとこじ開けます。 マザーボードの端をつかみ、ゆっくりとヒンジで固定し、スパッジャーを使用してケーブルをパスから押し出します。
    • ケーブルでドーターボードに接続されたままマザーボードを持ち上げないでください。

    • スパッジャーの平らな端を使用して、マザーボードをそっとこじ開けます。

    • マザーボードの端をつかみ、ゆっくりとヒンジで固定し、スパッジャーを使用してケーブルをパスから押し出します。

    編集
  21. ステップ21

    スパッジャーの平らな端を使用して、マザーボードの下側からドーターボードリボンケーブルを外します。 マザーボードを取り外します。
    • スパッジャーの平らな端を使用して、マザーボードの下側からドーターボードリボンケーブルを外します。

    • マザーボードを取り外します。

    編集
  22. ステップ22

    iOpenerを加熱し、ディスプレイの上端に適用します。
    • iOpenerを加熱する ディスプレイの上端に適用します。

    • 電話を十分に暖めるために、iOpenerを数回再加熱して再適用する必要がある場合があります。過熱を避けるためにiOpenerの指示に従ってください。

    • ヘアドライヤー、ヒートガン、またはホットプレートを使用することもできますが、電話を過熱しないように注意してください。OLEDディスプレイと内蔵バッテリーはどちらも熱による損傷を受けやすくなっています。

    • 接着剤が柔らかくなるのを待っている間に、次のステップを読んで、どこでこじ開けるかを考えてください。

    編集
  23. ステップ23

    ディスプレイアセンブリの端は、非常に強力なフォーム接着剤のストリップで固定されています。 銅の表面全体を強力な両面テープで覆います。 次の手順では、電話の損傷を防ぐために、特定の領域で特別な注意が必要です。
    • ディスプレイアセンブリの端は、非常に強力なフォーム接着剤のストリップで固定されています。

    • 銅の表面全体を強力な両面テープで覆います。

    • 次の手順では、電話の損傷を防ぐために、特定の領域で特別な注意が必要です。

    • 静電容量式ボタンはディスプレイに接着されており、非常に簡単に破れます。それらは修理のために再利用する必要があります。

    • OLEDパネルとディスプレイケーブルは新しいディスプレイに交換されますが、静電容量式ボタンは再利用する必要があるため、損傷しないように細心の注意を払ってください。

      ノートパソコンのスティッキーキーを修正する方法
    • 静電容量式ボタンまたはリボンケーブルのいずれかが破損した場合は、 ドーターボードアセンブリ 、新しい静電容量式ボタンが含まれています。

    編集
  24. ステップ24

    端が温まったら、スピーカーグリルと重ならないように、できるだけ上端の近くに吸盤を適用します。 ディスプレイにひどいひびが入っている場合は、ディスプレイにテープの層を置き、強力なテープでディスプレイを持ち上げてみてください。 吸盤を持ち上げて、ディスプレイの上端の下に小さな隙間を作ります。
    • 端が温まったら、スピーカーグリルと重ならないように、できるだけ上端の近くに吸盤を適用します。

    • ディスプレイにひどいひびが入っている場合は、ディスプレイにテープの層を置き、試してみてください 強力なテープでディスプレイを持ち上げる

    • 吸盤を持ち上げて、ディスプレイの上端の下に小さな隙間を作ります。

    • これにはかなりの力が必要になる場合がありますが、ツールを挿入するには、吸盤とのごくわずかな隙間を開けるだけで済みます。

    • 隙間にオープニングピックを挿入します。 0.25インチを超えて挿入しないように注意してください。

    • 接着剤が強いため、これには数回の試行が必要になる場合があります。 iOpenerの加熱手順に従い、ピックが所定の位置に収まるまで熱吸引リフト手順を繰り返します。

    編集
  25. ステップ25

    オープニングピックが所定の位置にある状態で、接着剤を柔らかくするために、加熱されたiOpenerをもう一度上端に適用します。
    • オープニングピックが所定の位置にある状態で、接着剤を柔らかくするために、加熱されたiOpenerをもう一度上端に適用します。

    編集
  26. ステップ26

    0.25インチより深く押さないように注意しながら、ディスプレイの上端に沿ってオープニングピックをスライドさせます。 ピックを挿入しすぎると、前面カメラまたはイヤピーススピーカーが損傷する可能性があります。
    • 0.25インチより深く押さないように注意しながら、ディスプレイの上端に沿ってオープニングピックをスライドさせます。

    • ピックを挿入しすぎると、前面カメラまたはイヤピーススピーカーが損傷する可能性があります。

    • 接着剤が再シールするのを防ぐために、ピックを上端に残します。

    編集
  27. ステップ27

    電話の長い方の端について、前の加熱と切断の手順を繰り返します。まだ下端をカットしないでください。 ディスプレイをフレームに固定する接着剤の広い領域があります。ゆっくりと整然と作業して、できるだけ多くの接着剤をスライスします。
    • 電話の長い方の端について、前の加熱と切断の手順を繰り返します。まだ下端をカットしないでください。

    • ディスプレイをフレームに固定する接着剤の広い領域があります。ゆっくりと整然と作業して、できるだけ多くの接着剤をスライスします。

    • 接着剤が再封されるのを防ぐために、次の端に進むときに、各端に開口部​​のピックを残します。

    • ディスプレイケーブルは右側の中点のすぐ上にあり、深くこじ開けるとピックの邪魔になる場合があります。

    編集
  28. ステップ28

    右下隅にオープニングピックを挿入します。 ピックをゆっくりと押し込みます。ピックを活用してみてください
    • 右下隅にオープニングピックを挿入します。

    • ピックをゆっくりと押し込みます。ピックの刃先を上向きに活用して、ディスプレイの背面に対してスライドするようにします。

    • これにより、ボタンケーブルを損傷することなく、ピックをディスプレイと静電容量式ボタンの間でスライスできます。

    • ピックが右隅の接着剤を切り取ったら、接着剤が再シールされないようにそのままにしておきます。

    編集
  29. ステップ29

    左下隅にオープニングピックを挿入します。 ピックをゆっくりと押し込みます。ピックを活用してみてください
    • 左下隅にオープニングピックを挿入します。

    • ピックをゆっくりと押し込みます。ピックの刃先を上向きに活用して、ディスプレイの背面に対してスライドするようにします。

    • ピックが左隅の接着剤を切り取ったら、接着剤が再シールされないようにそのままにしておきます。

    編集
  30. ステップ30

    オープニングピックを使用して、ホームボタンの周りの接着剤とその他の残りの接着剤をスライスします。 ディスプレイケーブルの反対側の端から始めて、電話を少し開きます。
    • オープニングピックを使用して、ホームボタンの周りの接着剤とその他の残りの接着剤をスライスします。

    • ディスプレイケーブルの反対側の端から始めて、電話を少し開きます。

    • ディスプレイアセンブリを取り外さないでください。ディスプレイに接続されているミッドフレームに通されたディスプレイケーブルがあります。

    編集
  31. ステップ31

    ディスプレイアセンブリを持ち上げてミッドフレームから離し、ディスプレイケーブルをミッドフレームの穴に慎重に通します。 ディスプレイアセンブリを取り外します。
    • ディスプレイアセンブリを持ち上げてミッドフレームから離し、ディスプレイケーブルをミッドフレームの穴に慎重に通します。

    • ディスプレイアセンブリを取り外します。

    編集
  32. ステップ32

    詳細なディスプレイ接着剤塗布ガイドについては、このリンクをたどってください。
    • このリンクをたどる 詳細なディスプレイ接着剤塗布ガイドについては。

    • 新しいディスプレイを取り付ける前に、フレームから古い接着剤の痕跡をすべて取り除くことが非常に重要ですが、小さなガラスの破片は特に注意して取り除きます。

    • フレームから接着剤とガラスの痕跡をすべて取り除いた後、90%(またはそれ以上)のイソプロピルアルコールと糸くずの出ない布またはコーヒーフィルターで接着領域を清掃します。前後ではなく、一方向にのみスワイプします。

    • これは、残っている接着剤の残留物を取り除き、新しいディスプレイの表面を準備するのに役立ちます。

    • フレームが曲がっている場合、または接着剤やガラスの残骸が残っている場合、新しいディスプレイは正しく取り付けられず、損傷する可能性があります。

    • 新しい画面を固定する最良の方法は、カスタムカットされた両面テープを使用することです。画面の背面にテープを貼り、ディスプレイケーブルをフレームに注意深く通します。画面を揃えて、所定の位置に押し込みます。

    編集
ほぼ完了しました!

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。

結論

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。

著者に+30ポイントを与えてください!終了しました!

他の108人がこのガイドを完了しました。

著者

と 他の3人の貢献者

アーサー・シー

メンバー登録日:2018年1月3日

147,281評判

作成された393のガイド

チーム

私が直します のメンバー 私が直します

コミュニティ

133人のメンバー

14,286人のガイドが作成