芝刈り機が始動してから死にます。

ブリッグス&ストラットン675シリーズの修理

Briggs&Stratton190ccモデル120000Quantum675シリーズ芝刈り機エンジン。 2011年2月にリリースされました。Toro6.75ft-lbトルクの芝刈り機用。

担当者:133



投稿日:2017年7月30日



炭水化物をきれいにしました。燃料ラインは燃料を取得します。炭水化物はボウルに燃料が入っています。スパークがあります。キャブレターに燃料を入れると、発火して死んでしまいます。私は炭水化物が開いているとは思わない。これを理解することはできません。草が高くなっています。



xboxoneコントローラーをxboxから切断する方法

7つの答え

担当者:670.5k

@jayg 「燃料をキャブレターに入れると、燃料が発火してから死んでしまいます」と、ボウルのニードルバルブに問題があるように聞こえます。あなたはそこに燃料を持っているかもしれませんが、それはあなたの炭水化物を通り抜けないかもしれません。ボウルを取り外し、フロートの高さを設定し、ニードルバルブを確認します。



ブリッグス&ストラットンキャブレターのオーバーホール

psnps4からサインアウトし続ける

担当者:675.2k

私は昨日この同じ質問に答えました: 私のトロ自走式芝刈り機はすぐに始動し、その後死にます。

担当者:67

トロをこの春に出しました、議論されているのと同じタイプ、6.5 hp、自走式、そしてジェット、キャブレター、タンクなどのすべてのクリーニング提案を通過し、再組み立てとテストでバルブが正しくプライミングされていることを確認した後、エアフィルターが取り付けられていない場合、同じ問題が発生し、プライムが乾いて実行が停止します。去年の秋に掃除したフィルターエレメントを調べたところ、紙の端の1つがゴムの端の下に突き出ていました。私はそれを修正しましたが、クランクケースにつながるゴム製のホースがあり、ピストンの動作が発生するとポンプと吸引が必要になるため、フィルターは燃料の流れと連動して機能します。私はフィルターを取り、ガスケットの下の紙で側面の形を変えて、フィルターシールとビンゴ全体を元に戻し、3ポンププライムを行い、エンジンが最初に引っ張られて作動し続けました。私が言っておきますが、私は燃料の流れの問題について提案されたすべての救済策を実行しました、そしてこの最後のものは私のためにそれをしました。では、どちらが本当の犯人でしたか?わからない、気にしない、芝刈り機はうまく動いています!

担当者:525

エアフィルターを確認してください。それらが詰まっている場合は、エンジンが十分な空気を得ていない可能性があります。それらをきれいにするか、交換してください。

カスタムOSは、電話やインストールされているアプリケーションで重大な問題を引き起こす可能性があります

担当者:1

エンジンは1分間作動し始め、その後停止し始め、その後再び元に戻ります

担当者:1

サーモスタットをチェックして、正しく設定されていることを確認してください。私の芝刈り機は2〜5秒間始動し、死んでしまいます。調べてみると、マフラーの後ろにサーモスタットがあり、前面と側面の両方の「マーキング」の間に設定する必要があることがわかりました。

私のTI84Plusはオンになりません

担当者:1

エアフィルターが大きなダメージを与えています...

myprepaidcenterカード

ジェイソン・ガーバー