iPhone 7Plusのバッテリー交換

特徴

によって書かれた: スコットハバード (および他の11人の貢献者)
  • コメント:106
  • お気に入り:40
  • 完了:274
iPhone 7Plusのバッテリー交換

注目のガイド

困難



中程度

ステップ

28

所要時間

30分-2時間

セクション

7

フラグ

1

注目のガイド

注目のガイド

このガイドは、iFixitのスタッフによって非常に優れていることがわかりました。

前書き

このガイドを使用して、新しいバッテリーでiPhone 7Plusに命を吹き込みましょう。バッテリーが膨らんでいる場合は、 適切な予防策を講じる

このガイドでは、ディスプレイケーブルの損傷を防ぐために、ディスプレイアセンブリを完全に取り外すように説明しています。ディスプレイケーブルに過度の負担をかけずにバッテリーを取り外しても問題がない場合は、ディスプレイを取り外す手順をスキップできます。

ギャラクシーノート10.1エディション2014バッテリー交換

最適なパフォーマンスを得るには、このガイドを完了した後、 キャリブレーション 新しく取り付けたバッテリー:100%まで充電し、さらに2時間以上充電し続けます。次に、バッテリー残量が少なくなって電源が切れるまでiPhoneを使用します。最後に、中断することなく100%まで充電します。

ツール

  • フィリップス#000ドライバー
  • スパッジャー
  • トライポイントY000ドライバー
  • サクションハンドル
  • iFixitオープニングピック6個セット
  • P2ペンタローブドライバーiPhone
  • iOpener
  • ピンセット

部品

  • iPhone 6 Plus / 6s Plus / 7Plusバッテリー粘着ストリップ
  • iPhone 7 / 7Plusの下部ネジ
  • iPhone 7Plusディスプレイアセンブリ接着剤

ビデオの概要

このビデオの概要でiPhone7Plusを修復する方法を学びましょう。
  1. ステップ1 ペンタローブネジ

    始める前に、iPhoneのバッテリーを25%未満で放電してください。充電されたリチウムイオン電池は、誤って穴を開けると発火したり爆発したりする可能性があります。
    • 始める前に、iPhoneのバッテリーを25%未満で放電してください。充電されたリチウムイオン電池は、誤って穴を開けると発火したり爆発したりする可能性があります。

    • 分解を始める前にiPhoneの電源を切ってください。

    • iPhoneの下端にある2本の3.4mmペンタローブネジを外します。

    • iPhoneのディスプレイを開くと、防水シールが損なわれます。持ってる 交換用シール この手順を実行する前に準備するか、シールを交換せずにiPhoneを再組み立てする場合は、液体にさらされないように注意してください。

    編集 コメント7件
  2. ステップ2 開封手順

    iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開けやすくなります。
    • iPhoneの下端を加熱すると、ディスプレイを固定している接着剤が柔らかくなり、開けやすくなります。

    • ヘアドライヤーを使用するか、 iOpenerを準備する 下の接着剤を柔らかくするために、iPhoneの下端に約1分間塗布します。

    編集 コメント7件
  3. ステップ3

    フロントパネルの下半分、ホームボタンのすぐ上に吸盤を適用します。 吸盤がホームボタンと重ならないように注意してください。吸盤と前面ガラスの間にシールが形成されるのを防ぎます。
    • フロントパネルの下半分、ホームボタンのすぐ上に吸盤を適用します。

    • 吸盤がホームボタンと重ならないように注意してください。吸盤と前面ガラスの間にシールが形成されるのを防ぎます。

    • ディスプレイにひどいひびが入っている場合は、 透明なパッキングテープの層でそれを覆う 吸盤が付着する場合があります。あるいは、吸盤の代わりに非常に強力なテープを使用することもできます。他のすべてが失敗した場合は、壊れた画面に吸盤を瞬間接着剤で接着することができます。

    編集 コメント2件
  4. ステップ4

    しっかりと一定の圧力で吸盤を引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。 スパッジャーの平らな端を隙間に挿入します。 ディスプレイを所定の位置に保持する防水接着剤は非常に強力であり、この初期ギャップを作成するにはかなりの力が必要です。もし、あんたが
    • しっかりと一定の圧力で吸盤を引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。

      私のパイオニアラジオはオンになりません
    • スパッジャーの平らな端を隙間に挿入します。

    • ディスプレイを所定の位置に保持する防水接着剤は非常に強力であり、この初期ギャップを作成するにはかなりの力が必要です。隙間を開けるのに苦労している場合は、画面を上下に揺らして接着剤を弱め、中にスパッジャーをはめ込むことができるようにします。

    • 吸盤を引き上げながら、スパッジャーをひねってスクリーンとリアケースの間の開口部を広げます。

    編集 5コメント
  5. ステップ5

    スパッジャーの平らな端を、iPhoneの左下の端にあるフロントパネルとリアケースの間に挿入します。 スパッジャーを電話の左端までスライドさせ、下端から音量調節ボタンとサイレントスイッチに向かって移動し、ディスプレイを固定している接着剤をはがします。 ディスプレイの上端をリアケースからこじ開けようとしないでください。プラスチック製のクリップで固定されているため、破損する可能性があります。
    • スパッジャーの平らな端を、iPhoneの左下の端にあるフロントパネルとリアケースの間に挿入します。

    • スパッジャーを電話の左端までスライドさせ、下端から音量調節ボタンとサイレントスイッチに向かって移動し、ディスプレイを固定している接着剤をはがします。

    • ディスプレイの上端をリアケースからこじ開けようとしないでください。プラスチック製のクリップで固定されているため、破損する可能性があります。

    編集
  6. ステップ6

    電話機の左側からスパッジャーを取り外し、平らな端を右下隅に挿入します。 スパッジャーを電話の右端から上隅までスライドさせ、ディスプレイを固定している接着剤をはがします。
    • 電話機の左側からスパッジャーを取り外し、平らな端を右下隅に挿入します。

    • スパッジャーを電話の右端から上隅までスライドさせ、ディスプレイを固定している接着剤をはがします。

    編集
  7. ステップ7

    吸盤を引き上げてディスプレイを持ち上げ、iPhoneを開きます。 ディスプレイをロジックボードに接続するデバイスの右端に沿って繊細なリボンケーブルがあるため、ディスプレイを10度以上持ち上げないでください。
    • 吸盤を引き上げてディスプレイを持ち上げ、iPhoneを開きます。

    • ディスプレイを10º以上上げないでください。 ディスプレイをロジックボードに接続するデバイスの右端に沿って繊細なリボンケーブルがあるためです。

    編集
  8. ステップ8

    吸盤の小さなこぶを引き上げて、フロントパネルから取り外します。 吸盤の小さなこぶを引き上げて、フロントパネルから取り外します。
    • 吸盤の小さなこぶを引き上げて、フロントパネルから取り外します。

    編集
  9. ステップ9

    電話機の上端に沿ってディスプレイの下にある開口部のピックをスライドさせて、最後の接着剤を緩めます。 電話機の上端に沿ってディスプレイの下にある開口部のピックをスライドさせて、最後の接着剤を緩めます。
    • 電話機の上端に沿ってディスプレイの下にある開口部のピックをスライドさせて、最後の接着剤を緩めます。

    編集
  10. ステップ10

    ディスプレイアセンブリを電話機の上端から少し引き離して、背面ケースに固定しているクリップを外します。 本の裏表紙のように、ディスプレイを左側から上に振ってiPhoneを開きます。 ドン
    • ディスプレイアセンブリを電話機の上端から少し引き離して、背面ケースに固定しているクリップを外します。

    • 本の裏表紙のように、ディスプレイを左側から上に振ってiPhoneを開きます。

    • いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、まだディスプレイを完全に分離しようとしないでください。

    編集 コメント2件
  11. ステップ11 バッテリーの切断

    下部ディスプレイケーブルブラケットをロジックボードに固定している次の4本の3点Y000ネジを取り外します。
    • 下部ディスプレイケーブルブラケットをロジックボードに固定している次の4本の3点Y000ネジを取り外します。

    • 3本の1.2mmネジ

    • 2.6mmネジ1本

    編集 9コメント
  12. ステップ12

    下部ディスプレイケーブルブラケットを取り外します。 下部ディスプレイケーブルブラケットを取り外します。
    • 下部ディスプレイケーブルブラケットを取り外します。

    編集 コメント4件
  13. ステップ13

    スパッジャーの先端を使用して、ロジックボードのソケットからバッテリーコネクタを持ち上げます。 コネクタケーブルを少し上に曲げて、ソケットに接触して電話に電力が供給されないようにします。 コネクタケーブルを少し上に曲げて、ソケットに接触して電話に電力が供給されないようにします。
    • スパッジャーの先端を使用して、ロジックボードのソケットからバッテリーコネクタを持ち上げます。

    • コネクタケーブルを少し上に曲げて、ソケットに接触して電話に電力が供給されないようにします。

    編集 コメント4件
  14. ステップ14 ディスプレイアセンブリ

    この手順でケーブルを切断または再接続する前に、バッテリーが切断されていることを確認してください。 スパッジャーまたは指の爪の平らな端を使用して、ロジックボードのソケットからまっすぐ上にこじ開けて、2つの下部ディスプレイコネクタを外します。 プレスコネクタを再度取り付けるには、カチッと所定の位置に収まるまで一方の端を押し下げてから、もう一方の端で繰り返します。真ん中を押し下げないでください。コネクタの位置が少しでもずれていると、コネクタが曲がって永久的な損傷を引き起こす可能性があります。
    • この手順でケーブルを切断または再接続する前に、バッテリーが切断されていることを確認してください。

    • スパッジャーまたは指の爪の平らな端を使用して、ロジックボードのソケットからまっすぐ上にこじ開けて、2つの下部ディスプレイコネクタを外します。

    • プレスコネクタを再度取り付けるには、カチッと所定の位置に収まるまで一方の端を押し下げてから、もう一方の端で繰り返します。真ん中を押し下げないでください。コネクタの位置が少しでもずれていると、コネクタが曲がって永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

    • 空白の画面、ディスプレイに白い線がある場合、または電話を再組み立てした後にタッチ応答が部分的または完全に欠如している場合は、これらのケーブルの両方を取り外して慎重に再接続し、完全に装着されていることを確認してください。

    編集 コメント7件
  15. ステップ15

    フロントパネルセンサーアセンブリコネクタにブラケットを固定している3本の3点Y000ネジを取り外します。 1.3mmネジ1本 2本の1.0mmネジ
    • フロントパネルセンサーアセンブリコネクタにブラケットを固定している3本の3点Y000ネジを取り外します。

    • 1.3mmネジ1本

    • 2本の1.0mmネジ

    • ブラケットを取り外します。

    編集 コメント10件
  16. ステップ16

    フロントパネルセンサーアセンブリコネクタをロジックボードのソケットから外します。 このプレスコネクタも、曲がるリスクを最小限に抑えるために、一度に一方の端を再接続する必要があります。
    • フロントパネルセンサーアセンブリコネクタをロジックボードのソケットから外します。

    • このプレスコネクタも、曲がるリスクを最小限に抑えるために、一度に一方の端を再接続する必要があります。

    編集 コメント2件
  17. ステップ17

    ディスプレイアセンブリを取り外します。
    • ディスプレイアセンブリを取り外します。

    • 再組み立て中、必要に応じてここで一時停止します ディスプレイの端の周りの接着剤を交換してください 。

    編集 1つのコメント
  18. ステップ18 気圧ベント

    気圧ベントをリアケースに固定している次の2本のプラスネジを外します。 編集 5コメント
  19. ステップ19

    気圧ベントをタプティックエンジンの方向にそっと押して、iPhoneの下端に固定している接着剤を分離します。 気圧ベントをタプティックエンジンの方向にそっと押して、iPhoneの下端に固定している接着剤を分離します。
    • 気圧ベントをタプティックエンジンの方向にそっと押して、iPhoneの下端に固定している接着剤を分離します。

    編集 1つのコメント
  20. ステップ20

    ベントを取り外します。
    • ベントを取り外します。

    編集
  21. ステップ21 タプティックエンジン

    スパッジャーの平らな端を使用して、TapticEngineコネクタをロジックボードのソケットから外します。 スパッジャーの平らな端を使用して、TapticEngineコネクタをロジックボードのソケットから外します。
    • スパッジャーの平らな端を使用して、TapticEngineコネクタをロジックボードのソケットから外します。

    編集
  22. ステップ22

    TapticEngineをリアケースに固定している3本の1.5mmプラスネジを外します。
    • TapticEngineをリアケースに固定している3本の1.5mmプラスネジを外します。

    編集 1つのコメント
  23. ステップ23

    TapticEngineを取り外します。 TapticEngineを取り外します。
    • TapticEngineを取り外します。

    編集
  24. ステップ24 電池

    バッテリーの下端にある3つの粘着ストリップをはがします。 可能であれば、指の爪または鈍いピンセットを使用してください。鋭利な工具でバッテリーを突かないように注意してください。 可能であれば、指の爪または鈍いピンセットを使用してください。鋭利な工具でバッテリーを突かないように注意してください。
    • バッテリーの下端にある3つの粘着ストリップをはがします。

    • 可能であれば、指の爪または鈍いピンセットを使用してください。鋭利な工具でバッテリーを突かないように注意してください。

    編集 1つのコメント
  25. ステップ25

    この手順の間、ストリップを平らにしてしわを寄せないようにしてください。しわの寄ったストリップは、きれいに引き抜くのではなく、くっついて壊れます。 1つのバッテリー接着タブをバッテリーからiPhoneの底に向かってゆっくりと引き離します。 バッテリーとリアケースの間から滑り落ちるまで、ストリップに一定の張力を保ちながら、しっかりと引っ張ります。最良の結果を得るには、60°以下の角度でストリップを引っ張ってください。
    • この手順の間、ストリップを平らにしてしわを寄せないようにしてください。しわの寄ったストリップは、きれいに引き抜くのではなく、くっついて壊れます。

    • 1つのバッテリー接着タブをバッテリーからiPhoneの底に向かってゆっくりと引き離します。

    • バッテリーとリアケースの間から滑り落ちるまで、ストリップに一定の張力を保ちながら、しっかりと引っ張ります。最良の結果を得るには、60°以下の角度でストリップを引っ張ってください。

    • ストリップは元の長さの何倍にも伸びます。必要に応じて、バッテリーの近くでストリップを引っ張って再度つかみます。

    編集
  26. ステップ26

    2番目と3番目のストリップに対して前の手順を繰り返します。 最後のストリップを取り外すときはバッテリーを押し続けてください。そうしないと、ストリップがケースから離れるときにバッテリーが飛び散る可能性があります。
    • 2番目と3番目のストリップに対して前の手順を繰り返します。

    • 最後のストリップを取り外すときはバッテリーを押し続けてください。そうしないと、ストリップがケースから離れるときにバッテリーが飛び散る可能性があります。

    • すべての粘着ストリップを正常に取り外した場合は、次の手順をスキップしてください。

    • そうしないと、粘着ストリップのいずれかがバッテリーの下で壊れて回収できなかった場合、 以下の次のステップに進みます。

    編集
  27. ステップ27

    粘着ストリップのいずれかが壊れてバッテリーがリアケースに貼り付いたままの場合は、貼り付いたストリップの近くのバッテリーの下にイソプロピルアルコール(90%以上)を数滴加えて取り外します。 約1分後、バッテリーをそっと持ち上げます。 音量小(-)ボタンとバッテリーの上端の間の領域にスパッジャーを挿入しないでください。下にある音量調節ケーブルが損傷する可能性があります。
    • 粘着ストリップのいずれかが壊れてバッテリーがリアケースに貼り付いたままの場合は、貼り付いたストリップの近くのバッテリーの下にイソプロピルアルコール(90%以上)を数滴加えて取り外します。

    • 約1分後、バッテリーをそっと持ち上げます。

    • しない 音量小(-)ボタンとバッテリーの上端の間の領域にスパッジャーを挿入します。そうしないと、下にある音量調節ケーブルが損傷する可能性があります。

    • しない ロジックボードをこじ開けると、電話が損傷する可能性があります。

    • バッテリーを無理にレバーで外そうとしないでください。必要に応じて、さらに数滴のアルコールを塗布して接着剤をさらに弱くします。フライツールでバッテリーを変形させたり、穴を開けたりしないでください。

    • バッテリーがリアケースに付着したままの場合は、 iOpenerを準備する または、ヘアドライヤーを使用して、バッテリーのすぐ後ろにあるリアケースを加熱します。少し暖かくて触り心地が悪いはずです。

    • iPhoneが過熱すると、バッテリーが発火する可能性があります。

    • デンタルフロスを使用して、バッテリーをリアケースから分離することができます。デンタルフロスのより強力な代替品は、12弦セットの0.009 E弦など、巻き戻されたギター弦です。フロスまたはひもをバッテリー上部の角の後ろに通し、両端を合わせて、折りたたんだ布に巻き付け、均等に引っ張ります。

    編集
  28. ステップ28

    バッテリーを取り外します。
    • バッテリーを取り外します。

    • 交換用バッテリーがプラスチックスリーブに入っている場合は、取り付ける前に、リボンケーブルからスリーブを引き離してスリーブを取り外します。

    • 電話機にアルコール溶液が残っている場合は、新しいバッテリーを取り付ける前に、慎重に拭き取るか、空気乾燥させてください。

    • 交換用バッテリーを取り付ける前に、バッテリーコネクタをロジックボードソケットに一時的に再接続します。これにより、バッテリーがくぼみに適切に配置されます。

    • バッテリーを接着して取り外し、デバイスの再組み立てを続けます。

      1999ジープグランドチェロキー燃料ポンプ
    • 新しいバッテリーに接着剤が事前に取り付けられていない場合は、を参照してください このガイド 粘着ストリップを交換します。

    • を実行します 強制再起動 再組み立て後。これにより、いくつかの問題を防ぎ、トラブルシューティングを簡素化できます。

    編集 コメント2件
ほぼ完了しました!

新しい交換部品を元の部品と比較します。取り付ける前に、残りのコンポーネントを移すか、新しい部品から粘着性の裏当てを取り除く必要がある場合があります。

デバイスを再組み立てするには、上記の手順を逆の順序で実行します。

電子廃棄物を R2またはe-Stewards認定のリサイクル業者 。

修理が予定通りに進まなかった?いくつか試してみてください 基本的なトラブルシューティング 、または 回答フォーラム 助けを求めて。

結論

新しい交換部品を元の部品と比較します。取り付ける前に、残りのコンポーネントを移すか、新しい部品から粘着性の裏当てを取り除く必要がある場合があります。

デバイスを再組み立てするには、上記の手順を逆の順序で実行します。

電子廃棄物を R2またはe-Stewards認定のリサイクル業者 。

修理が予定通りに進まなかった?いくつか試してみてください 基本的なトラブルシューティング 、または 回答フォーラム 助けを求めて。

著者に+30ポイントを与えてください!終了しました!

他の274人がこのガイドを完了しました。

著者

と 他の11人の貢献者

スコットハバード

メンバー登録日:2016年6月27日

44,253評判

33のガイドが作成