iPhone 6sPlusの画面交換

特徴

によって書かれた: ジェフ・スオヴァネン (および他の9人の貢献者)
  • コメント:177
  • お気に入り:83
  • 完了:517
iPhone 6sPlusの画面交換' alt=

注目のガイド

困難



中程度

ステップ

29

所要時間

30分-2時間

セクション

6

フラグ

1

注目のガイド' alt=

注目のガイド

このガイドは、iFixitのスタッフによって非常に優れていることがわかりました。

前書き

iPhone 6sPlusの画面を交換する方法を学びます。この部品には、前面カメラ、センサーアセンブリ、およびEMIシールドがすでに取り付けられているため、修理が容易です。

Touch IDを機能させるには、古い画面を削除してホームボタンを新しい画面に転送するだけです。

このガイドを使用して、 ディスプレイケーブルブラケット

ツール

  • iOpener
  • P2ペンタローブドライバーiPhone
  • フィリップス#000ドライバー
  • iFixitオープニングツール
  • サクションハンドル
  • スパッジャー
  • ピンセット

部品

  • iPhone 6sPlusディスプレイアセンブリ接着剤
  • NuGlas強化ガラススクリーンプロテクターforiPhone 6 Plus 6s Plus 7 Plus
  • iPhone 6sPlusフロントパネルアセンブリケーブルブラケット

ビデオの概要

このビデオの概要でiPhone6sPlusを修復する方法を学びましょう。
  1. ステップ1 ペンタローブネジ

    iPhoneを分解する前に、バッテリーを25%未満で放電してください。充電されたリチウムイオン電池は、誤って穴を開けると発火したり爆発したりする可能性があります。' alt=
    • iPhoneを分解する前に、バッテリーを25%未満で放電してください。充電されたリチウムイオン電池は、誤って穴を開けると発火したり爆発したりする可能性があります。

    • 分解を始める前にiPhoneの電源を切ってください。

    • Lightningポートの両側にある2本の3.4mmPentalobeネジを外します。

    編集 11コメント
  2. ステップ2 ディスプレイをテーピング

    ディスプレイガラスにひびが入っている場合は、それ以上の破損を防ぎ、ガラスをテーピングして修理中の身体的危害を防ぎます。' alt= iPhoneの上に透明なパッキングテープの重なり合うストリップを置きます' alt= これにより、ガラスの破片が封じ込められ、ディスプレイをこじ開けたり持ち上げたりするときに構造的な完全性が提供されます。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • ディスプレイガラスにひびが入っている場合は、それ以上の破損を防ぎ、ガラスをテーピングして修理中の身体的危害を防ぎます。

    • 顔全体が覆われるまで、iPhoneのディスプレイ上に透明なパッキングテープの重なり合うストリップを置きます。

    • これにより、ガラスの破片が封じ込められ、ディスプレイをこじ開けたり持ち上げたりするときに構造的な完全性が提供されます。

    • 修理中に自由に振れるガラスから目を保護するために、保護メガネを着用してください。

    • ガラスが割れて次の数ステップで吸盤がくっつくのが難しい場合は、強力なテープ(ダクトテープなど)をハンドルに折りたたんで、代わりにそれを使ってディスプレイを持ち上げてみてください。

    編集 コメント7件
  3. ステップ3 開封手順

    必要に応じて、iOpenerまたはヘアドライヤーを使用してiPhoneの下端に約1分間穏やかな熱を加えます。' alt=
    • 必要に応じて、iPhoneの下端に穏やかな熱を加えます。 iOpener またはヘアドライヤーを約1分間。

    • ディスプレイを固定している接着剤を熱で柔らかくし、開けやすくします。

    編集 コメント4件
  4. ステップ4

    6s Plusでディスプレイを開くと、ディスプレイの周囲に接着剤の薄いストリップが分離されます。接着剤を交換したい場合は、続行する前に新しい接着剤ストリップのセットを用意してください。それ' alt=
    • 6s Plusでディスプレイを開くと、ディスプレイの周囲に接着剤の薄いストリップが分離されます。接着剤を交換したい場合は、続行する前に新しい接着剤ストリップのセットを用意してください。接着剤を交換せずに修理を完了することは可能であり、おそらく機能の違いに気付くことはありません。

    • ディスプレイアセンブリの左下隅に吸盤を取り付けます。

    • ディスプレイにひどいひびが入っている場合は、 透明なパッキングテープの層でそれを覆う 吸盤が付着する場合があります。あるいは、吸盤の代わりに非常に強力なテープを使用することもできます。他のすべてが失敗した場合は、壊れた画面に吸盤を瞬間接着剤で接着することができます。

    編集 5コメント
  5. ステップ5

    しっかりと一定の圧力で吸盤を引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。' alt= 強く引っ張ると、ディスプレイアセンブリが損傷する可能性があります。ディスプレイアセンブリとリアケースの間に小さな隙間ができるように、十分な圧力をかけます。' alt= ' alt= ' alt=
    • しっかりと一定の圧力で吸盤を引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。

    • 強く引っ張ると、ディスプレイアセンブリが損傷する可能性があります。ディスプレイアセンブリとリアケースの間に小さな隙間ができるように、十分な圧力をかけます。

    編集 コメント10件
  6. ステップ6

    詮索するのに最も安全な場所は、ヘッドフォンジャックの上にあるフロントパネルのノッチです。' alt= 吸盤に圧力をかけたまま、ヘッドホンジャックの真上にある隙間にスパッジャーの平らな先端を挿入します。' alt= 吸盤に圧力をかけたまま、ヘッドホンジャックの真上にある隙間にスパッジャーの平らな先端を挿入します。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • 詮索するのに最も安全な場所は、ヘッドフォンジャックの上にあるフロントパネルのノッチです。

    • 吸盤に圧力をかけたまま、ヘッドホンジャックの真上にある隙間にスパッジャーの平らな先端を挿入します。

    編集 コメント2件
  7. ステップ7

    スパッジャーをひねって、フロントパネルとリアケースの間の隙間を広げます。' alt= スパッジャーをひねって、フロントパネルとリアケースの間の隙間を広げます。' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーをひねって、フロントパネルとリアケースの間の隙間を広げます。

    編集 1つのコメント
  8. ステップ8

    吸盤をしっかりと引き上げながら、ディスプレイの左下隅の下にあるスパッジャーの端をスライドさせます。' alt= 吸盤をしっかりと引き上げながら、ディスプレイの左下隅の下にあるスパッジャーの端をスライドさせます。' alt= 吸盤をしっかりと引き上げながら、ディスプレイの左下隅の下にあるスパッジャーの端をスライドさせます。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • 吸盤をしっかりと引き上げながら、ディスプレイの左下隅の下にあるスパッジャーの端をスライドさせます。

    編集
  9. ステップ9

    スパッジャーの先端を電話の左側、フロントパネルとリアケースの間で上にスライドさせます。' alt= スパッジャーの先端を電話の左側、フロントパネルとリアケースの間で上にスライドさせます。' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーの先端を電話の左側、フロントパネルとリアケースの間で上にスライドさせます。

    編集
  10. ステップ10

    ディスプレイの右端の下にスパッジャーの平らな先端を挿入します。' alt= スパッジャーを右側にスライドさせます。' alt= ' alt= ' alt=
    • ディスプレイの右端の下にスパッジャーの平らな先端を挿入します。

    • スパッジャーを右側にスライドさせます。

    編集
  11. ステップ11

    プラスチック製のオープニングツールを使用してリアケースを押さえながら、吸盤を引き上げて電話を開きます。' alt= ディスプレイを完全に取り外さないでください。iPhoneの上端近くにあるディスプレイを接続しているデータケーブルが損傷します。' alt= ' alt= ' alt=
    • プラスチック製のオープニングツールを使用してリアケースを押さえながら、吸盤を引き上げて電話を開きます。

    • 行う ない ディスプレイを完全に取り外してください。そうしないと、iPhoneの上端近くにあるディスプレイを接続しているデータケーブルが損傷します。

    編集
  12. ステップ12

    吸盤の小さなこぶを引き上げて、ディスプレイから取り外します。' alt= 吸盤の小さなこぶを引き上げて、ディスプレイから取り外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • 吸盤の小さなこぶを引き上げて、ディスプレイから取り外します。

    編集 コメント2件
  13. ステップ13

    フロントパネルの上部にあるクリップをヒンジとして使用して、ディスプレイアセンブリをそっとつかみ、持ち上げて電話を開きます。' alt= ディスプレイを約90度の角度で開き、何かに寄りかかって支えたままにします。' alt= ドン' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • フロントパネルの上部にあるクリップをヒンジとして使用して、ディスプレイアセンブリをそっとつかみ、持ち上げて電話を開きます。

    • ディスプレイを約90度の角度で開き、電話で作業している間、ディスプレイを何かに立てかけて支えてください。

    • ディスプレイを90度以上開かないでください。ディスプレイ、デジタイザー、フロントカメラケーブルによって電話の上部に接続されているため、簡単に裂ける可能性があります。

    • 作業中にディスプレイをしっかりと固定するために、輪ゴムを追加します。これにより、ディスプレイケーブルに過度の負担がかかるのを防ぎます。

    • ピンチでは、未開封の缶飲料を使用してディスプレイを支えることができます。

    編集 1つのコメント
  14. ステップ14 バッテリーコネクター

    次の長さの、バッテリーコネクタブラケットをロジックボードに固定している2本のプラスネジを外します。' alt= 磁気プロジェクトマット$ 19.99
    • 次の長さの、バッテリーコネクタブラケットをロジックボードに固定している2本のプラスネジを外します。

    • 2.9mmネジ1本

    • 2.3mmネジ1本

    • このガイド全体を通して、 ネジを注意深く追跡します それぞれが再組み立て中に元の場所に戻るようにします。ネジを間違った場所に取り付けると、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

    編集 コメント7件
  15. ステップ15

    バッテリーコネクタブラケットを取り外します。' alt= バッテリーコネクタブラケットを取り外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • バッテリーコネクタブラケットを取り外します。

    編集 コメント2件
  16. ステップ16

    スパッジャーまたはきれいな指の爪を使用して、ロジックボードからまっすぐにこじ開けてバッテリーコネクタを外します。' alt= スパッジャーまたはきれいな指の爪を使用して、ロジックボードからまっすぐにこじ開けてバッテリーコネクタを外します。' alt= スパッジャーまたはきれいな指の爪を使用して、ロジックボードからまっすぐにこじ開けてバッテリーコネクタを外します。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーまたはきれいな指の爪を使用して、ロジックボードからまっすぐにこじ開けてバッテリーコネクタを外します。

    編集
  17. ステップ17

    コネクタを後ろに曲げて、正しくないことを確認します' alt= コネクタを後ろに曲げて、正しくないことを確認します' alt= コネクタを後ろに曲げて、正しくないことを確認します' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • コネクタが接触しないようにコネクタを後ろに曲げて、作業中にiPhoneの電源を入れます。

    編集 1つのコメント
  18. ステップ18 ディスプレイアセンブリ

    次のプラスネジを外します。' alt=
    • 次のプラスネジを外します。

    • 1.3mmネジ3本

    • 1.6mmネジ1本

    • 3.0mmネジ1本

    • 再組み立て中は、この3.0mmネジをブラケットの右上隅に配置することが重要です。他の場所に置くと、ロジックボードが損傷する可能性があります。

    編集 11コメント
  19. ステップ19

    ディスプレイケーブルブラケットを取り外します。' alt= ディスプレイケーブルブラケットを取り外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • ディスプレイケーブルブラケットを取り外します。

    編集 1つのコメント
  20. ステップ20

    ロジックボードのソケットではなく、コネクタ自体だけをこじ開けるように注意してください。' alt= プラスチック製の開口部ツールを使用して、前面カメラとセンサーケーブルコネクタを外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • ロジックボードのソケットではなく、コネクタ自体だけをこじ開けるように注意してください。

    • プラスチック製の開口部ツールを使用して、前面カメラとセンサーケーブルコネクタを外します。

    編集 5コメント
  21. ステップ21

    プラスチック製のオープニングツールを使用して、デジタイザーケーブルをロジックボードのソケットからまっすぐにこじ開けて取り外します。' alt= デジタイザケーブルを再接続するときは、コネクタの中央を押さないでください。コネクタの一方の端を押してから、もう一方の端を押します。コネクタの中央を押すと、コンポーネントが曲がり、デジタイザが損傷する可能性があります。' alt= ' alt= ' alt=
    • プラスチック製のオープニングツールを使用して、デジタイザーケーブルをロジックボードのソケットからまっすぐにこじ開けて取り外します。

    • デジタイザケーブルを再接続する場合は、 コネクタの中央を押さないでください 。コネクタの一方の端を押してから、もう一方の端を押します。コネクタの中央を押すと、コンポーネントが曲がり、デジタイザが損傷する可能性があります。

    編集 5コメント
  22. ステップ22

    この手順でケーブルを切断または再接続する前に、バッテリーが切断されていることを確認してください。' alt= ホームボタン/指紋センサーケーブルをロジックボードのソケットからまっすぐにこじ開けて外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • この手順でケーブルを切断または再接続する前に、バッテリーが切断されていることを確認してください。

    • ホームボタン/指紋センサーケーブルをロジックボードのソケットからまっすぐにこじ開けて外します。

    編集 コメント12件
  23. ステップ23

    ディスプレイアセンブリを取り外します。' alt= 再組み立て中に、ディスプレイの端の周りの接着剤を交換する場合は、ここで一時停止します。' alt= ' alt= ' alt=
    • ディスプレイアセンブリを取り外します。

    • 再組み立て中、必要に応じてここで一時停止します ディスプレイの端の周りの接着剤を交換してください 。

    編集 5コメント
  24. ステップ24 ホームボタンアセンブリ

    ホームボタンブラケットを固定している2本の1.9mmプラスネジを外します。' alt=
    • ホームボタンブラケットを固定している2本の1.9mmプラスネジを外します。

    編集 コメント4件
  25. ステップ25

    ホームボタンブラケットを取り外します。' alt= ホームボタンブラケットを取り外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • ホームボタンブラケットを取り外します。

    編集 1つのコメント
  26. ステップ26

    スパッジャーの先のとがった先端を使用して、ホームボタンケーブルをディスプレイアセンブリのコネクタから外します。' alt= スパッジャーの先のとがった先端を使用して、ホームボタンケーブルをディスプレイアセンブリのコネクタから外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーの先のとがった先端を使用して、ホームボタンケーブルをディスプレイアセンブリのコネクタから外します。

    編集 3コメント
  27. ステップ27

    ホームボタンを囲むゴム製のガスケットは非常に薄く、簡単に裂けます。' alt= ホームボタンガスケットを固定している接着剤を柔らかくするために(iOpener、ヒートガン、またはヘアドライヤーを使用して)穏やかな熱を加えます。' alt= ' alt= ' alt=
    • ホームボタンを囲むゴム製のガスケットは非常に薄く、簡単に裂けます。

    • 穏やかな熱を加えます( iOpener 、ヒートガン、またはヘアドライヤー)を使用して、ホームボタンガスケットを固定している接着剤を柔らかくします。

    • 指先を使用して、ディスプレイアセンブリの前面からホームボタンをそっと押し上げます。しっかりと一定の圧力を使用して、ホームボタンのゴム製ガスケットをフロントパネルからゆっくりと分離します。

      冷蔵庫のウォーターディスペンサーが機能しない
    編集 コメント4件
  28. ステップ28

    スパッジャーの先のとがった端を使用して、軽く接着したホームボタンフレックスケーブルをディスプレイアセンブリからこじ開けます。' alt= スパッジャーの先のとがった端を使用して、軽く接着したホームボタンフレックスケーブルをディスプレイアセンブリからこじ開けます。' alt= スパッジャーの先のとがった端を使用して、軽く接着したホームボタンフレックスケーブルをディスプレイアセンブリからこじ開けます。' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • スパッジャーの先のとがった端を使用して、軽く接着したホームボタンフレックスケーブルをディスプレイアセンブリからこじ開けます。

    編集
  29. ステップ29

    ホームボタンアセンブリを取り外します。' alt= ホームボタンアセンブリを取り外します。' alt= ' alt= ' alt=
    • ホームボタンアセンブリを取り外します。

    編集 5コメント
ほぼ完了しました!

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。

結論

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。

著者に+30ポイントを与えてください!終了しました!

他に517人がこのガイドを完了しました。

著者

と 他の9人の貢献者

' alt=

ジェフ・スオヴァネン

メンバー登録日:2013年8月6日

335,131評判

257人のガイドが作成

チーム

' alt=

私が直します のメンバー 私が直します

コミュニティ

133人のメンバー

14,286人のガイドが作成