接続をはんだ付けおよびはんだ除去する方法

特徴

によって書かれた: アンドリュー・ブックホルト (および他の15人の貢献者)
  • コメント:52
  • お気に入り:948
  • 完了:325
接続をはんだ付けおよびはんだ除去する方法' alt=

注目のガイド

困難



難しい

ステップ

14

所要時間

時間を提案する ??

セクション

iphone 6splusヘッドフォンジャックの交換

1

フラグ

1

注目のガイド' alt=

注目のガイド

このガイドは、iFixitのスタッフによって非常に優れていることがわかりました。

前書き

多くの電子機器の新世代には、ロジックボードに直接はんだ付けされたバッテリーがあります。これにより、コネクタを使用してバッテリをロジックボードに接続する古いモデルよりも、バッテリの交換がはるかに困難になります。このガイドでは、はんだ付けのさまざまなレベルの難しさを説明し、電子機器で一般的に見られる3種類の接続をはんだ付けする手法を説明します。

ステップ1:開始 —円筒形コンデンサなどの大きなスルーホールコンポーネント

ステップ7:中級 —バッテリーのリード線や抵抗器、

ステップ11:高度 —小さな表面実装コンポーネント。

常に換気の良い場所にはんだ付けしてください。敏感な電子機器をはんだ付けする場合は、必ずESD(静電放電)に安全な環境で作業し、ESDに安全なツールを使用してください。

ツール

部品

部品指定なし。

  1. ステップ1 初級ガイド

    まず、' alt=
    • まず、回路基板に固定された大きな部品をはんだ付けしてみましょう。 スルーホール はんだパッド。

    • コンデンサはすでに2つのはんだパッドから取り外されています。コンデンサがボードから引き離されている間、各パッドは加熱されました。

    • はんだ穴がはんだで完全に覆われていることに注目してください。これらの穴を開けると(コンデンサのリード線を押し通すことができるように)、設置が大幅に簡素化されます。

    編集 コメント4件
  2. ステップ2

    はんだで塞がれた穴を開けるには、はんだごての先ではんだパッドを加熱します。ステープルまたはミシン針で反対側から溶融はんだを押し込みます。' alt= 私たちの場合、直角ピックを使用することにしました。鉛はんだは鋼に付着しないので、ほとんどすべての薄い鋼を使用できます。' alt= ' alt= ' alt=
    • はんだで塞がれた穴を開けるには、はんだごての先ではんだパッドを加熱します。ステープルまたはミシン針で反対側から溶融はんだを押し込みます。

    • 私たちの場合、直角ピックを使用することにしました。鉛はんだは鋼に付着しないので、ほとんどすべての薄い鋼を使用できます。

      残念ながら、グーグルプレイサービスは停止しました
    • ツールを穴に完全に押し込むには、パッドを数回加熱する必要がある場合があります。経験則として、はんだが溶けるのに十分なだけ加熱してから、パッドからはんだ付けチップを取り外します。過度の熱は電子部品を損傷します。

    編集 6コメント
  3. ステップ3

    工具が穴を完全に通過したら、工具で押し込みながらはんだパッドの上面を加熱して穴を拡大します。' alt= これで、両方のはんだ穴が、コンポーネントの裸のリード線を挿入するのに十分に開いているはずです。' alt= ' alt= ' alt=
    • 工具が穴を完全に通過したら、工具で押し込みながらはんだパッドの上面を加熱して穴を拡大します。

    • これで、両方のはんだ穴が、コンポーネントの裸のリード線を挿入するのに十分に開いているはずです。

    編集 コメント2件
  4. ステップ4

    接点から余分なはんだを取り除いて、コンポーネントをはんだ付けする準備をします。接点は、はんだパッドの穴を通過するのに十分きれいでなければなりません。' alt=
    • 接点から余分なはんだを取り除いて、コンポーネントをはんだ付けする準備をします。接点は、はんだパッドの穴を通過するのに十分きれいでなければなりません。

    • はんだごての先端を各接点の長さに沿って動かし、コンポーネントからはんだを拭き取ります。湿ったスポンジでアイロンを拭いて、ストロークの合間にアイロンの先端をきれいにします。

    • 過度の熱はコンポーネントを損傷するので、はんだごてをコンポーネントに長時間適用しないでください。

    編集 1つのコメント
  5. ステップ5

    はんだパッドに開けられた穴に接点を挿入します。' alt=
    • はんだパッドに開けられた穴に接点を挿入します。

    • はんだ付けを容易にするために、穴から突き出ている接点をわずかに曲げて、所定の位置に固定します。

    編集
  6. ステップ6

    各接続をはんだ付けするには:' alt= はんだごての先端をはんだパッドに当てます。' alt= はんだパッドに十分な量のはんだを溶かして、コンデンサが' alt= ' alt= ' alt= ' alt=
    • 各接続をはんだ付けするには:

    • はんだごての先端をはんだパッドに当てます。

    • コンデンサのコンタクトリードがしっかりと固定されるように、はんだパッドに十分な量のはんだを溶かします。

    • 十分なはんだがパッドに溶けたらすぐに、はんだとはんだごての先端の両方を接続から取り外します。

    編集 3コメント
  7. ステップ7 中級ガイド

    次に、適度に難しいはんだ付けアプリケーションについて説明します。私たちの場合、非常に薄くて繊細なリード線を小さなはんだパッドを備えた回路基板にはんだ付けします。' alt=
    • 次に、適度に難しいはんだ付けアプリケーションについて説明します。私たちの場合、非常に薄くて繊細なリード線を小さなはんだパッドを備えた回路基板にはんだ付けします。

    • ワイヤーを含む小さな電子部品は、大きな部品ほど速く熱を放散することはできません。これにより、過熱の影響を非常に受けやすくなります。はんだが溶けるのに十分な時間だけ接続を加熱してください。

    • ピンセットでリード線を引き出しながら、ボード上面の接合部を加熱して、はんだパッドからリード線を取り外しました。

    編集
  8. ステップ8

    はんだは、ボード上のはんだパッドを通る穴の一部を覆うのが一般的です。これらの穴を開けると、はんだ付けが大幅に簡素化されます。' alt= ボードの反対側から同じパッドを加熱しながら、まっすぐにしたステープルを障害物に押し付けて、はんだパッドに穴を開けます。' alt= ' alt= ' alt=
    • はんだは、ボード上のはんだパッドを通る穴の一部を覆うのが一般的です。これらの穴を開けると、はんだ付けが大幅に簡素化されます。

    • ボードの反対側から同じパッドを加熱しながら、まっすぐにしたステープルを障害物に押し付けて、はんだパッドに穴を開けます。

    • TO ' サードハンド 'ツール(または友人)は、この手順に大いに役立ちます。

    編集 1つのコメント
  9. ステップ9

    すべての穴を空けた後、ピンセットでリードのむき出しの端を挿入します。' alt= リード線を所定の位置に保つには、最初にバッテリーリード線を最終的な形状に曲げてから、剥がした端を穴に挿入すると便利な場合があります。' alt= ' alt= ' alt=
    • すべての穴を空けた後、ピンセットでリードのむき出しの端を挿入します。

    • リード線を所定の位置に保つには、最初にバッテリーリード線を最終的な形状に曲げてから、剥がした端を穴に挿入すると便利な場合があります。

    編集
  10. ステップ10

    各接続をはんだ付けするには:' alt=
    • 各接続をはんだ付けするには:

    • はんだごての先端をはんだパッドに当てます。

      電源ボタンなしでギャラクシーS6を再起動します
    • 接点リードがしっかりと固定されるように、はんだパッドに十分な量のはんだを溶かします。

    • 十分なはんだがパッドに溶けたらすぐに、はんだとはんだごての先端の両方を接続から取り外します。

    編集
  11. ステップ11 高度なガイド

    最後のセクションでは、バッテリーのリード線を表面実装はんだパッドにはんだ付けします。これらのタイプの接合部は、はんだ付け中にリードを所定の位置に保持するための固定アンカーポイント(スルーホールなど)がないため、はんだ付けが困難です。' alt=
    • 最後のセクションでは、バッテリーのリード線を表面実装はんだパッドにはんだ付けします。これらのタイプの接合部は、はんだ付け中にリードを所定の位置に保持するための固定アンカーポイント(スルーホールなど)がないため、はんだ付けが困難です。

    • 接合部のはんだを取り除くには、既存のはんだボールの上にはんだ芯を置き、はんだごてではんだ芯を押し下げます。

    • はんだが溶けて芯に流れ込んだら、芯を接合部から取り外します。

    • 残りのリードについても同じ手順を繰り返します。

    • はんだ芯の一部がはんだで飽和している場合は、トリミングして廃棄する必要があります。

    編集 1つのコメント
  12. ステップ12

    表面実装はんだパッドは、柔らかい布またはスポンジと少量の消毒用アルコールで清掃することをお勧めします。' alt=
    • 表面実装はんだパッドは、柔らかい布またはスポンジと少量の消毒用アルコールで清掃することをお勧めします。

    • 各はんだパッドにはんだの小さなビードを溶かすには:

    • はんだごての先端をはんだパッドに当てます。

    • はんだを溶かして、パッドの上にドームを形成します。

    • 十分なはんだがパッド上で溶けたらすぐに、はんだとはんだごての先端の両方をはんだパッドから取り外します。

    編集 3コメント
  13. ステップ13

    はんだビードは小さなドームまたは半球のように見えるはずです。平らまたはギザギザの場合は、はんだごてをはんだの上に戻し、再溶解してから、はんだごてを引き離します。これが機能しない場合は、もう少しはんだが必要になることがあります。' alt=
    • はんだビードは小さなドームまたは半球のように見えるはずです。平らまたはギザギザの場合は、はんだごてをはんだの上に戻し、再溶解してから、はんだごてを引き離します。これが機能しない場合は、もう少しはんだが必要になることがあります。

    編集 1つのコメント
  14. ステップ14

    新しいリードをボードにはんだ付けするには、一方のリードの裸の端を、対応するはんだパッドのはんだビードに配置します。' alt=
    • 新しいリードをボードにはんだ付けするには、一方のリードの裸の端を、対応するはんだパッドのはんだビードに配置します。

    • はんだごての先端をはんだビードに溶けるまで押し付けます。

      自動加速時に車が回転しすぎる
    • リードの露出した端をビードの中央に来るまで液体はんだにスライドさせてから、はんだごてを取り外します。

    • 2つのパッドをはんだ付けしないように特に注意しながら、他の接続も同じように続けます。

    編集
ほぼ完了しました!

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。

結論

デバイスを再組み立てするには、次の手順を逆の順序で実行します。

著者に+30ポイントを与えてください!終了しました!

他の325人がこのガイドを完了しました。

著者

と 他の15人の貢献者

' alt=

アンドリュー・ブックホルト

554,483評判

618のガイドが作成