Tag Archives: ラーメン

贅沢の極み! 「有吉ジャポン」出演の話題店/ラーメン街・・・

朝霞や麹町での間借り営業を終え、独立の路面店として昨年の12月にオープンした注目のお店。朝霞時代には「有吉ジャポン」に出演し、祝い花にはミシュランの星付き店『Japanese Soba Noodles 蔦』(東京都豊島区)や『鳴龍』(東京都豊島区)も名を連ねるなど話題に事欠かない。

  • ラーメン研究家の石山勇人が、毎週オススメのお店を紹介
  • 今週は、話題に事欠かない注目のお店『カネキッチン ヌードル』を訪問
  • 前評判をいろいろ聞いていたが、噂に違わぬハイクオリティな一杯
朝霞や麹町での間借り営業を終え、独立の路面店として昨年の12月にオープンした注目のお店。朝霞時代には「有吉ジャポン」に出演し、祝い花にはミシュランの星付き店『Japanese Soba Noodles 蔦』(東京都豊島区)や『鳴龍』(東京都豊島区)も名を連ねるなど話題に事欠かない。

まるでテーマパーク! スパイス系の行列店/ラーメン街道

2017年のラーメン潮流を、私はあくまでシェル(貝)系ラーメンで推しているのだが、カレータンタン麺やスパイスとんこつなどスパイス系のラーメンの声がちらほらと聞こえるので、もう一度その辺を洗い直そうとこちらのお店を訪問。

  • ラーメン研究家の石山勇人が、毎週オススメのお店を紹介
  • 今週は、スパイス系の名店『スパイス・ラー麺 卍力』を訪問
  • オンリーワンの一杯と言うにふさわしいラーメンに感服
2017年のラーメン潮流を、私はあくまでシェル(貝)系ラーメンで推しているのだが、カレータンタン麺やスパイスとんこつなどスパイス系のラーメンの声がちらほらと聞こえるので、もう一度その辺を洗い直そうとこちらのお店を訪問。

『麺屋武蔵』のDNA!? 激戦区で話題のお店/ラーメン・・・

先月24日にオープンしたばかりの話題の新店を早速訪問。屋号は『らぁめん山と樹』。新宿『麺屋武蔵』出身の名店『楓』にて経験のある店主のよう。場所は高円寺駅より線路沿いを東に徒歩数分、環七通り沿いを少し南下したところ。有名ラーメン店が軒を連ねる激戦区への出店だ。

  • ラーメン研究家の石山勇人が、毎週オススメのお店を紹介
  • 今週は、先月24日にオープンした『らぁめん山と樹』を訪問
  • 新店ながら熟練の技を感じさせる一杯
先月24日にオープンしたばかりの話題の新店を早速訪問。屋号は『らぁめん山と樹』。新宿『麺屋武蔵』出身の名店『楓』にて経験のある店主のよう。場所は高円寺駅より線路沿いを東に徒歩数分、環七通り沿いを少し南下したところ。有名ラーメン店が軒を連ねる激戦区への出店だ。

淡麗VS濃厚! ブームの津軽煮干し、伝説の2店/ラーメ・・・

ラーメンフリークにはお馴染みのご当地ラーメン「津軽煮干ラーメン」。煮干ラーメンを提供するエリアは青森県全域に及び、今全国に広がる煮干ラーメンブームの一端を担う県民のソウルフードだ。

  • ラーメン研究家の石山勇人が、毎週オススメのお店を紹介
  • 今週は「津軽煮干ラーメン」の二大巨頭、淡麗系の『まるかい』と濃厚系の『たかはし中華そば店』を訪問
  • 青森を訪れる際に是非オススメしたいラーメン店
ラーメンフリークにはお馴染みのご当地ラーメン「津軽煮干ラーメン」。煮干ラーメンを提供するエリアは青森県全域に及び、今全国に広がる煮干ラーメンブームの一端を担う県民のソウルフードだ。

名店のレシピを受け継いだワンタンが絶品/ラーメン街道

三軒茶屋駅から世田谷線を乗り継ぎ上町駅で下車。世田谷通りを5分ほど歩いたところに、目黒の名店『かづ屋』出身のラーメン店がオープン。店主は『かづ屋』にて3年の経験を持つラーメン職人。期待値を上げ早速訪問した。

  • ラーメン研究家の石山勇人が、毎週オススメのお店を紹介
  • 今週は、上町にオープンした『支那そば 燈灯亭』を訪問
  • 今まで経験した『かづ屋』系よりもオリジナルを感じる構成
三軒茶屋駅から世田谷線を乗り継ぎ上町駅で下車。世田谷通りを5分ほど歩いたところに、目黒の名店『かづ屋』出身のラーメン店がオープン。店主は『かづ屋』にて3年の経験を持つラーメン職人。期待値を上げ早速訪問した。

メンマの代わりにピーマン!? 注目の新店/ラーメン街道

神奈川県川崎市の元住吉に、昨年12月おもしろい新店がオープンしたというので早速訪問。元住吉駅を下車し東口から線路沿いを徒歩3分ほど、住宅街に佇む落ち着いた外観。そして屋号が『ナルトもメンマもないけれど。』、確かにおもしろい…。入店し券売機を見ると「塩らーめん」と「味噌らーめん」の2種類のみ。夜営業は逆に「醤油らーめん」専門店「ナルトもメンマもあるけれど。」として営業するそう。とりあえず塩を注文。

  • ラーメン研究家の石山勇人が、毎週オススメのお店を紹介
  • 今週は、昨年12月オープンの新店『ナルトもメンマもないけれど。』を訪問
  • 『博多一風堂』で経験を積んだ店主のラーメンに対するチャレンジ精神と技術は本物
神奈川県川崎市の元住吉に、昨年12月おもしろい新店がオープンしたというので早速訪問。元住吉駅を下車し東口から線路沿いを徒歩3分ほど、住宅街に佇む落ち着いた外観。そして屋号が『ナルトもメンマもないけれど。』、確かにおもしろい…。入店し券売機を見ると「塩らーめん」と「味噌らーめん」の2種類のみ。夜営業は逆に「醤油らーめん」専門店「ナルトもメンマもあるけれど。」として営業するそう。とりあえず塩を注文。

2017年“シェル系”が流行する3つの理由/ラーメン街・・・

新年明けましておめでとうございます。本年もご愛顧のほどよろしくお願いします。ということで、2017年がやってきました。昨年末にラーメン業界の総括をさせていただきましたので、年明けの第一弾は2017年に増えそうなラーメンを予想させていただきます。

  • ラーメン研究家の石山勇人が、毎週オススメのお店を紹介
  • 今週は、2017年のラーメン業界を大胆予想
  • キーワードは「貝」で、流行する3つ理由がある
新年明けましておめでとうございます。本年もご愛顧のほどよろしくお願いします。ということで、2017年がやってきました。昨年末にラーメン業界の総括をさせていただきましたので、年明けの第一弾は2017年に増えそうなラーメンを予想させていただきます。

価格上昇、新潮流の誕生…2016年の業界動向/ラーメン・・・

2017年が差し迫ってまいりましたが、今年もラーメン業界にはたくさんの感じることがあったのでまとめていきたいと思います。

  • ラーメン研究家の石山勇人が、毎週オススメのお店を紹介
  • 今週は、2016年のラーメン業界を振り返る
  • キーワードは「ミシュランガイド」「グルメステータス」「鮮魚系」の3つ
2017年が差し迫ってまいりましたが、今年もラーメン業界にはたくさんの感じることがあったのでまとめていきたいと思います。