がん予防の理想と現実 早期発見を意識するも対策は軽視?

日本人の2人に1人は生涯に何らかのがんにかかると言われており、がんは非常に身近な病気だ。そこで、味の素株式会社が「がんの予防意識」に関する調査を実施した。

  • がんの早期発見・治療の重要性は広く認識されているが、実際に対策をしている人は少数
  • がん検診を受けて欲しい人、未婚者の1位は「親」、既婚者の1位は「配偶者」
  • がん検診を受ける頻度、理想の1位は「1年に1回以上」だが、実際には受けたことのない人が多い
日本人の2人に1人は生涯に何らかのがんにかかると言われており、がんは非常に身近な病気だ。そこで、味の素株式会社が「がんの予防意識」に関する調査を実施した。

合コン「あるある」 残念な男性のスペック1位は?

合コンで、期待はずれやガッカリした経験がある人は多いだろう。そこで、「Omiai」が女性を対象に「合コンあるある」に関するアンケート調査を実施した。

  • 特徴・出来事あるある1位は「誰とも連絡先を交換しないで終わる」
  • 男性スペックあるある1位は「話がつまらない」
  • お店あるある1位は「チェーン居酒屋で合コン」
合コンで、期待はずれやガッカリした経験がある人は多いだろう。そこで、「Omiai」が女性を対象に「合コンあるある」に関するアンケート調査を実施した。

欲しいキッチン家電1位は? 料理の目的に男女で意識差

毎日の食事、どのくらいの人が自分で作っているだろうか? 楽天リサーチ株式会社が「料理」に関するアンケート調査を実施したところ、男女や年代によって、関わり方や意識に大きな違いがあることが明らかになった。

  • 女性は「毎日料理」する人が多数、上の年代ほど割合が高い
  • 男性は自炊派は少数。特に昼食は半数以上が全く料理しない
  • 2017年に購入したいと思うキッチン家電1位は「ノンフライヤー」
毎日の食事、どのくらいの人が自分で作っているだろうか? 楽天リサーチ株式会社が「料理」に関するアンケート調査を実施したところ、男女や年代によって、関わり方や意識に大きな違いがあることが明らかになった。

カビの発生、冬に家庭でやりがちな行為が原因に

「寒い季節はカビが生えない」と油断している人もいるのでは? ケルヒャージャパン株式会社が「結露」に関する調査を実施したところ、家庭でやりがちな“あること”で結露が多く発生し、カビの原因となっている可能性が指摘された。

  • 8割近くが自宅の結露に悩まされている
  • 結露が原因となって窓やカーテンにカビが生えることも
  • 洗濯物の室内干しが結露を発生させている可能性が指摘されている
「寒い季節はカビが生えない」と油断している人もいるのでは? ケルヒャージャパン株式会社が「結露」に関する調査を実施したところ、家庭でやりがちな“あること”で結露が多く発生し、カビの原因となっている可能性が指摘された。

通勤に近所づきあい…移住への不安、体験者の本音は

必ず2度見たくなると話題になった宮崎県小林市が公開した動画「ンダモシタン小林」や、元・日本代表選手が率いるプロチームが温泉で本気のシンクロにチャレンジする大分県が公開した「シンフロ」など、「移住促進」が注目を集めている。「あ、ここで暮らしたい」と思っても、実際住んだらどうなるのだろうか? そこで、WB編集部では「海」「山」「川」などの自然、そして「都市」の利便性もある神奈川県へやってきた4人の移住者に話を聞いてきた。今回は、「さがみエリア」へ移住した吉田賢治さんと、「あしがらエリア」へ移住した安田豊久さんを、生活に密着した動画と共にご紹介。

  • 地方創生のキーワードとして注目を集める「移住」
  • WB編集部が、神奈川県に実際の移住した人へインタビュー取材
  • 今回は、さがみエリアとあしがらエリアへ移住した2人に話を聞いた
必ず2度見たくなると話題になった宮崎県小林市が公開した動画「ンダモシタン小林」や、元・日本代表選手が率いるプロチームが温泉で本気のシンクロにチャレンジする大分県が公開した「シンフロ」など、「移住促進」が注目を集めている。「あ、ここで暮らしたい」と思っても、実際住んだらどうなるのだろうか? そこで、WB編集部では「海」「山」「川」などの自然、そして「都市」の利便性もある神奈川県へやってきた4人の移住者に話を聞いてきた。今回は、「さがみエリア」へ移住した吉田賢治さんと、「あしがらエリア」へ移住した安田豊久さんを、生活に密着した動画と共にご紹介。

戻る冬の寒さ…全身を温める効率的な方法とは

首を温めると、すぐに体がぽかぽかしてきて、なんだかホッとした経験はないだろうか? 女性が知っておきたい健康の基礎知識などの情報を発信している「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」が、寒さ対策として首を温めるとよい理由を解説している。

  • 暖かい日が続いたと思ったら、また冷たい北風が吹くなど、まだまだ寒さも油断ならない
  • そんな時、首を温めると、すぐに体がぽかぽかしてきて、なんだかホッとした経験はないだろうか?
  • 「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」が、その理由を解説
首を温めると、すぐに体がぽかぽかしてきて、なんだかホッとした経験はないだろうか? 女性が知っておきたい健康の基礎知識などの情報を発信している「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」が、寒さ対策として首を温めるとよい理由を解説している。

夫の愛情表現は的外れ? 妻が本当に求めていること

本日1月31日は、日本愛妻家協会の定める「愛妻の日」。そこで、住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」を運営する株式会社リクルート住まいカンパニーが「夫の愛情表現」について調査を実施。男性が女性への愛情表現で心がけていることと、女性が男性から愛されていると感じることのギャップから、パートナーへの効果的な愛情表現が見えてきた。

  • 男性が女性への愛情表現で心がけていることと、女性が男性から愛されていると感じていることを調査した
  • 1位は男女とも「感謝を口にする」がトップになったが、男性の23.4%に対して、女性は43.1%と大きな隔たりがあった
  • 女性は男性が思う以上に言葉による愛情表現を望んでいることがわかった
本日1月31日は、日本愛妻家協会の定める「愛妻の日」。そこで、住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」を運営する株式会社リクルート住まいカンパニーが「夫の愛情表現」について調査を実施。男性が女性への愛情表現で心がけていることと、女性が男性から愛されていると感じることのギャップから、パートナーへの効果的な愛情表現が見えてきた。

老後の生活資金、不安が8割…必要だと思う生活費は?

世界に先駆けて超高齢社会を迎えた日本。昨年12月には年金制度改革法が成立したが、老後の生活に不安を訴える人は依然として多いようだ。NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が、「老後とお金に関する調査」を実施した。

  • 約4割の人が老後の生活資金に不安を抱えている
  • 若年層の人は、現実よりも少ない額で老後の生活資金を見積もっている
  • 30代から50代の働き盛りの世代の約4割は、老後も働こうと考えている
世界に先駆けて超高齢社会を迎えた日本。昨年12月には年金制度改革法が成立したが、老後の生活に不安を訴える人は依然として多いようだ。NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が、「老後とお金に関する調査」を実施した。