1000人リサーチ冒頭-総合
今週の「1000人リサーチ(※)」は、「一番好きなスタジオジブリの長編アニメ」について調査した。圧倒的人気を誇ったのは、老若男女が楽しめるあの作品!
 
※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画
 

【一番好きなスタジオジブリの長編アニメ】

順位
(票数)
作品名
1位
(197票)
となりのトトロ
2位
(157票)
好きなジブリ作品はない
3位
(125票)
天空の城ラピュタ
4位
(111票)
千と千尋の神隠し
5位
(106票)
風の谷のナウシカ

1位は『となりのトトロ』(1988年)。どの世代でもトップ3に入り、その心温まるストーリーや、ユニークなキャラクターが人気だ。2位には「好きなジブリ作品はない」。自由回答を見ると、アニメ自体を観ない人と、ジブリの作品世界に好感を持てない人に大きく分かれた。人気は上位4作品に集中し、6位の『魔女の宅急便』(64票、1989年)以下とは大きく差が開いた。
 
<コメント>
・トトロがかわいい。メイとサツキ姉妹の夏の思い出がうらやましい(28歳、女性、『となりのトトロ』)
 
・アニメに興味がない(46歳、男性、「好きなジブリ作品はない」)
 
・ストーリーに感動した。神秘的で好き(25歳、女性、『天空の城ラピュタ』)
 
・奇想天外な発想が魅力的(55歳、男性、『千と千尋の神隠し』)
 
・最も物語が深くてメッセージ性が強いから(39歳、男性、『風の谷のナウシカ』)
 

■『風立ちぬ』は票が伸びず…新しい作品より馴染みの深いものを

 
推定興行収入120億円とも言われ、大ヒットとなった『風立ちぬ』(2013年)は、「一番好きなスタジオジブリの長編アニメ」としては票が伸びず、今回の調査で選択項目に挙げた21作品中で14位だった。同作に限らず、全体として新しい作品は順位が低く、子ども時代や若い頃から繰り返し観て親しんでいる作品を「一番好き」に選ぶ傾向があるようだ。
 
<コメント>
・戦争もので考えさせられたから(13歳、男性、『風立ちぬ』)
 
・子どもの頃に、おそらく初めて観たジブリの映画。キャラクターやストーリー、音楽など嫌いなところがなく、ずっと印象に残っているため(28歳、女性、『天空の城ラピュタ』)
 

■『トトロ』男女で約40票差! 10代女性はハウルに胸キュン

 
男女別に見ると、男性の1位は「好きなジブリ作品はない」(92票)、次いで、2位『となりのトトロ』(77票)、3位『天空の城ラピュタ』(69票、1986年)だった。『となりのトトロ』は、子どもと一緒に観たり、作品の情景に懐かしさを覚える50代男性から支持が集まった。女性では、1位『となりのトトロ』(120票)、2位「好きなジブリ作品はない」(65票)、3位『天空の城ラピュタ』(56票)となり、『となりのトトロ』が圧倒的な強さを見せた。男性とは40票以上差が出るほどの人気ぶりだ。他に男女差が目立ったのは、『ハウルの動く城』(2004年)で、男性では12位(7票)だったのに対し、女性では7位(20票)と健闘した。特に10代女性に人気が高く、ハウルに胸キュンなようだ。
 
<コメント>
・子どもが何度も観ていたから(52歳、男性、『となりのトトロ』)
 
・ハウルがかっこいいから(16歳、女性、『ハウルの動く城』)
 
子どもから大人までほのぼの楽しめる『となりのトトロ』や、ドキドキワクワクが止まらない『天空の城ラピュタ』『千と千尋の神隠し』など、ジブリ作品ならではの世界観や、作品から発信される強いメッセージに魅了される人は多い。宮崎駿監督が引退した今、次はどんな作品を見せてくれるのか、今後も注目だ。
 
 
 
なお、各世代別の調査結果も公開中。詳細はコチラ!
 
・10代の「一番好きなスタジオジブリの長編アニメ」に関するアンケート
・20代の「一番好きなスタジオジブリの長編アニメ」に関するアンケート
・30代の「一番好きなスタジオジブリの長編アニメ」に関するアンケート
・40代の「一番好きなスタジオジブリの長編アニメ」に関するアンケート
・50代の「一番好きなスタジオジブリの長編アニメ」に関するアンケート
 

◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
人数:1000人(10代から50代まで世代別の男女、各100人)
期間:2015年10月15日(木)~10月21日(水)
方法:インターネット調査
 

 

    この記事をまとめると…

  • 1位は『となりのトトロ』。全世代でトップ3に
  • 『風立ちぬ』は14位。新しい作品より馴染みの深いものが好まれる傾向
  • 『となりのトトロ』は、男女で票数に大差が
この記事を書いたライター
樋口(WB編集部)
京都府出身。報道の撮影畑を経て、紆余曲折の末「WB編集部」に行きつく。
         

この記事にコメントする