本日、いよいよプロ野球が開幕! 昨年は、日本ハムが10年ぶり3度目の優勝を果たしたのをはじめ、広島カープが25年ぶりのリーグ制覇、日本ハムの大谷翔平による日本最速記録の更新(165km)、ヤクルトの山田哲人の史上初2年連続“トリプルスリー”達成など、記録にも記憶にも残るシーズンとなった。そこで、衛星放送を提供するスカパーJSAT株式会社が、全国の20~79歳のプロ野球ファンを対象に「プロ野球に関する調査2017」を実施した。
 

■この選手に注目!

今シーズン活躍すると思う選手を聞いたところ、大谷翔平が2年連続となる1位を獲得、次いで2位はDeNAの筒香嘉智、3位は山田哲人という順に。大谷は昨シーズン、投手として3年連続2桁勝利し、防御率も自己最高の1.86を記録、打撃でも3割2分2厘、22本塁打と飛躍的に成績を向上させた。また、2位の筒香嘉智も昨年は自己最多となる44本塁打を記録、本塁打と打点の二冠に輝いた。彼らがさらなる活躍を見せれば、球界はますます盛り上がるだろう。
サヨナラの場面で打ちそうな選手 
また、サヨナラの場面でヒットやホームランを打ちそうな選手を聞いたところ、トップはこちらも大谷翔平、2位は日本ハムの中田翔、3位は筒香嘉智となった。大谷は、昨年の打撃成績によって二刀流としての期待値をさらにアップさせたようだ。2位にランクインした不動の4番・中田翔は、昨年は自己最高の110打点を記録し2度目の打点王を獲得。日本シリーズでも優秀選手賞を受賞するなど、要所での活躍が目立った。
電撃結婚しそうな選手 
さらに、プレイから横道にそれるが、芸能人やアナウンサーと電撃結婚しそうな選手についても、大谷翔平が2割近い得票でダントツ。以下、2位は巨人の坂本勇人、3位は山田哲人という結果に。上位には女性ファンに人気のイケメン選手がそろっていることから、予想が的中した場合は“○○ロス”に陥る女性が続出するかもしれない。
 

■現役がミスター超え! 史上最強の選手は誰?

最強の打者は? 
これまで日本球界でプレーした選手の中で、最強の打者だと思う選手を聞いたところ、トップは王貞治、2位はイチロー、3位は松井秀喜となり、“ミスタープロ野球”長嶋茂雄は4位に。プロ野球の歴史の中には数多くの名選手がいるが、通算本塁打858本、本塁打王15回を数える“世界の王”に軍配が上がったようだ。また、5位には大谷翔平がランクイン。大谷は現在22歳で、史上最強と讃えるには少し早い気もするが、二刀流を体現する彼の存在は、球界でも無二の存在といえるだろう。
最高のエースは? 
プロ野球史上最高のエースだと思う投手を聞いたところ、トップはまたまた大谷翔平。昨シーズンの日本最高球速の記録を更新するかにも注目が集まっている。次いで2位には金田正一、3位はダルビッシュ有という順位に。現役選手も多くの票を獲得する中、通算400勝の金田正一、シーズン401奪三振記録を持つ江夏豊など、オールドファンにも人気の高い名選手も多くあがった。
 
プロ野球史上最もすばらしい“女房役”だと思う捕手についても聞いたところ、トップは古田敦也、2位はその師ともいえる野村克也、3位は巨人の阿部慎之助という結果に。1位の古田は、ヤクルト入団後に野村克也監督の徹底指導によって鍛えられ、その卓越したリードで“ID野球の申し子”と評された。また、昨期までに373本塁打を打った阿部は、17年目を迎える今季は内野手登録となっている。さらに、4位には、巨人のV9時代を王・長嶋らと支えた森祇晶がランクインした。
 
今日から始まるペナントレースでは、どんなドラマが待っているのだろうか? 応援するチームの健闘と共に、新しいスターの誕生にも期待したい!
 
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
調査方法:インターネット調査
対象:20~79歳のプロ野球ファン男女1000人(男女各500人)
期間:2017年2月6日~2月8日
 
<お知らせ>
◆「WB(ダブルビー)」サービス終了について

    この記事をまとめると…

  • プロ野球2017年シーズン、活躍する選手予想1位は大谷翔平
  • 電撃結婚しそうな選手予想でも大谷が1位になった
  • 最高選手投票では、打者は王、投手は大谷、捕手は古田がトップ
この記事を書いたライター
難波(WB編集部)
カープファン歴40年。脚本家との二足のワラジスト。
         

この記事にコメントする

     
関連記事  
   
Pick up!