【第60回『映画編』】

01
 

■世界的大ヒット作に影響を与えた、日本のヒーロー

 
昨今では長期休暇期間の度に、ライダーか戦隊の映画が必ず上映される時代になりました。その中にも傑作映画はたくさんあるのですが、今日はそれ以外の映画作品から特撮の魅力を感じることができる作品を紹介したいと思います。
 
1982年にソリッドでスタイリッシュなヒーロー、宇宙刑事ギャバンが日本で放映を開始しました。ギャバンの魅力は以前書いたコラムをみてもらうとして、今回何が言いたいのかというと、このギャバンがある世界的大ヒット作品に影響を与えていたということです。その作品の名は『ロボコップ』。銀色のメタリックなボディの発想元はギャバンからきているのです。『ロボコップ』の監督、ポール・バーホーベンが、ギャバンのデザインをした村上克司さんにあらかじめ筋を通したというのはファンの間では有名な話です。公式では、デザインだけという感じになっていますが、実際に見てみるとギャバンのみならず、メタルヒーローシリーズのあの場面、この場面だというシーンが結構あります。

 

 

■世界と日本が融合、斬新な特撮が続々!

 
『ロボコップ』の機械的な動きを東映はさらに逆輸入します。そしてできたのが、1989年の機動刑事ジバンです。ボディから出てくる警察手帳、敵を倒す前にそれをかざし、対バイオロン法という法律を読み上げるジバンは、水戸黄門を感じさせつつも、とても斬新で強烈な印象を与えました。これで終わりかと思いきや、2014年にまた『ロボコップ』が作られたのですが、このデザインが仮面ライダーオーズに出てきた仮面ライダーバースに似ているのです。実際にモチーフにしたという話は出ていませんが、なんにせよ日本の特撮が世界に影響を与えているというのはファンにとっても嬉しいことです。

 

 
まだまだ日本の特撮は、ハリウッドに影響を与えています。2013年の『パシフィック・リム』は日本の特撮に影響を受けている証拠に、作中に出てくる巨大モンスターの名前がカイジューと言います。そうです、怪獣です。日本の特撮のいいところをうまく取り入れ、かつ日本の特撮には見られない設定や映像も作っていて思わず唸らせられました。
 

■特撮俳優たちの原点回帰

 
そんなアメリカ映画もいいのですが、邦画で是非とも見て欲しいのは『イン・ザ・ヒーロー』。唐沢寿明さんが主演で、特撮ヒーローの中に入ってアクションするスーツアクターがテーマの映画なのですが、最初この映画の話を聞いた特撮ファンはきっと感嘆の声をあげたはず。なぜなら唐沢寿明さんは、実はかつて実際にスーツアクターをやられていたことが、特撮ファンの間では語り草になっているからです。仮面ライダーZXが、念願のテレビ放映されたスペシャル番組「10号誕生! 仮面ライダー全員集合!!」で、なんとライダーマンのスーツアクターをやられているのです。その唐沢さんが大俳優になって原点のスーツアクターの映画をやるということで、ファンは口を揃えてこう言ったはず。「おかえりなさい」と。内容を見ていくと「ここはあのことをモチーフにしているな」とか、「あの人がモデルなのかな」などと思わずニヤニヤしてしまいます。そして、仮面ライダーフォーゼで主演を務めた福士蒼汰さんも出演。フォーゼでの役とは違い、めちゃくちゃ嫌な野郎なのですが、唐沢寿明さん演じる渉の指導のおかげで性格も変わっていき、アクションも教わるにつれて上達していきます。そして後半で、福士蒼汰さんの殺陣のシーンがあるのですが、これが本当にかっこいいのです。唐沢寿明さんと福士蒼汰さんのかっこよさを堪能できる『イン・ザ・ヒーロー』、是非エンドロールまでじっくり見てみてください。エンドロールにはスーツアクター界の有名人の名前がずらりと並び、「どんだけ豪華やねん」と驚愕すること間違いなしです。

  

 
 
60回も書かせていただきまして、ありがとうございました。
今回で最終回ということで、最後の月は作品紹介ではなく、より特撮ってこんなところからも楽しめるのですよと、いろんな入口を紹介させてもらいました。これを読んで特撮に興味があまりなかった人が、少しでも関心を持っていただけていたら幸いです。
 
篠宮暁
 
<イチオシ記事>
◆大人も唸る! 特撮おもちゃ7選(おもちゃ編)
◆秘話を知れる! 特撮愛を深める必須本(雑誌編)
◆興奮が止まらない! 特撮漫画の世界(漫画編)
◆全米にも影響!? 元祖メタルヒーロー(宇宙刑事ギャバン)
◆昭和のヤンキー姿でも爽やか!(仮面ライダーフォーゼ)
 

 

    この記事をまとめると…

  • お笑いコンビ・オジンオズボーンの篠宮暁が愛して止まない“特撮作品”を紹介
  • 特撮の魅力を感じることができる『映画編』
  • 特撮が影響を与えた名作映画を解説!
この記事を書いたライター
篠宮暁(しのみや・あきら)
お笑いコンビ・オジンオズボーンのボケ担当。物心ついた時から特撮にハマる。Twitter「@shinomiyaakira」で検索! 東映特撮YouTube Official東映特撮ファンクラブにて10月2日(日)朝8時30分配信スタートの『仮面ライダー情報番組 ポッピーピポパポの部屋』に出演。
         

この記事にコメントする

     
関連記事  
   
Pick up!