01-20
今週の「1000人リサーチ(※)」は、「“旅立ちソング”と聞いて一番に思いつくアーティスト」について調査した。今日は、20代の調査結果を発表!
 
※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画
 

【“旅立ちソング”と聞いて一番に思いつくアーティスト(20代編)】

順位
(票数)
アーティスト
1位
(16票)
レミオロメン
2位
(12票)
ゆず
3位
(10票)
松任谷由実
3位
(10票)
コブクロ
3位
(10票)
いきものがかり
4位
(7票)
森山直太朗
5位
(5票)
ケツメイシ
5位
(5票)
Mr.Children
5位
(5票)
EXILE

女性を中心に人気が集まった「レミオロメン」が1位に。10代では男性からも熱い支持があったが、20代男性は3票にとどまった。2位の「ゆず」は男女両方から支持され、「卒業式のシーズンによく聴く」(23歳、男性)、「なんとなく桜の下で歌っていそうなイメージだから。前向きな歌が多いから」(26歳、女性)といった声があがった。また、10代では少数派だった「松任谷由実」が3位にランクイン。女性票が多く、「世代ではないが、『卒業写真』という曲が印象的で好きだから」(28歳、女性)など、曲がリリースされた当時を知らない若い世代にも支持されていることがうかがえる。
 
<コメント>
・その時期によくラジオでかかるから(29歳、女性、「レミオロメン」)
 
・「栄光の架橋」が好きだから(24歳、男性、「ゆず」)
 
・「春よ、来い」が浮かんだから(23歳、女性、「松任谷由実」)
 

■20代・男性トップ3

順位
(票数)
アーティスト
1位
(6票)
ゆず
2位
(5票)
いきものがかり
3位
(4票)
コブクロ

男性はさまざまなアーティストに人気が分散し、1位の「ゆず」も6票と、全てが1桁の得票となった。2位に入った「いきものがかり」には、「『SAKURA』をよく聴くから」(20歳)、「旅立ちの季節も含め名曲がたくさんある」(26歳)、「勇気をくれる歌詞だから」(28歳)など、強い思い入れを感じさせるコメントが寄せられた。また、ランク外には「AAA」「DEEP」「GReeeeN」などがあがり、中には「ベースが脱退したので」(28歳、「絶景クジラ」)と、アーティスト自身の旅立ちから連想した人もいた。
 
<コメント>
・昔よく良い曲を出していたので(21歳、「コブクロ」)
 
・応援ソングが多いと思うので(27歳、「DEEP」)
 
・「旅立ち」など春の曲に強いイメージがある(27歳、「GReeeeN」)
 

■20代・女性トップ3

順位
(票数)
アーティスト
1位
(13票)
レミオロメン
2位
(8票)
松任谷由実
3位
(6票)
ゆず
3位
(6票)
コブクロ

トップの「レミオロメン」には、自身の卒業式で歌ったり、学生時代によく聴いた思い出のある人が多いようだ。3位の「コブクロ」も、同様に「中学の卒業のときに歌った記憶がある」(20歳)といった声がいくつもあがった。そのほかランク外には「Dreams Come True」「海援隊」「ケツメイシ」などがあった。
 
<コメント>
・私が学生時代、レミオロメンの曲が流れていて、この時期になると思い出す(24歳、「レミオロメン」)
 
・「贈る言葉」が好きだから(27歳、「海援隊」)
 
・「未来予想図II」を卒業式で歌ったから(28歳、「Dreams Come True」)
 
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
方法:インターネット調査
対象:1000人(10~50代の男女、各100人)に行った調査のうち、20代の男女200人
期間:2017年2月22日~3月1日
 
<お知らせ>
◆「WB(ダブルビー)」サービス終了について

    この記事をまとめると…

  • 「“旅立ちソング”と聞いて一番に思いつくアーティスト」について20代のランキングを発表!
  • トップは「レミオロメン」。女性を中心に人気が高い
  • 少数意見には「Dreams Come True」「海援隊」「絶景クジラ」など
この記事を書いたライター
樋口(WB編集部)
京都府出身。報道の撮影畑を経て、紆余曲折の末「WB編集部」に行きつく。
         

この記事にコメントする

     
関連記事  
   
Pick up!