今年のゴールデンウィークは最大9連休となり、恋人とゆっくり海外旅行へ…なんて計画中の人もいるかもしれない。そこで、株式会社DeNAトラベルが、16~85歳の男女を対象に「婚前旅行」について調査したところ、結婚前に恋人との海外旅行を経験した人の7割以上が結婚前に行くべきと考えていた。果たしてそのメリットは…?
 

■婚前の海外旅行は定番に?

結婚経験があり、婚前に結婚相手と海外旅行の経験がある人は、20~40代では過半数を超え、50代で44.2%、60代以上で27.7%となった。上の世代になるにつれ割合が減り、若い世代を中心に結婚前に海外旅行へ行く傾向が高まっていることがうかがえた。

新しい発見は?
また、旅行で相手について新しい発見があったかも聞いたところ、男性では61.9%、女性では75.2%が「あった」と回答。女性の方が10ポイント以上も上回ったが、男性でも6割を超えており、旅行は相手をより知るための良い機会となっているようだ。
  

■嫌いになる言動とは

相手を嫌いになったことは? 
ここで重要なのは、どんな“発見”かということ。恋人との海外旅行で、相手を嫌いになったことがあるか聞いたところ、「ある」と答えた男性は23.3%、女性では32.4%という結果になった。相手のことを嫌いになる人は少数派であるが、女性の3人に1人、男性の4人に1人と考えると、決して少なくはないのではないだろうか。

嫌になったのは… 
嫌いになったことがある人に対し、それは相手のどんな面を見たときか聞いたところ、トップは男女共に「自分勝手」(男性26.8%、女性23.3%)となった。2位は男女で異なり、男性では「文句を言う」(18.6%)だったのに対し、女性は「段取りが悪い」(21.4%)という結果に。恋人と旅行する際には、異性が気にするポイントを押さえて行動すると、ケンカせずに楽しめるかもしれない。
 

■頼りがいのある姿に…

より相手を好きになったことは? 
反対に、海外旅行に行ったことで、より相手を好きになったことがあるか聞くと、男性の41.4%、女性では52.8%が「ある」と回答。自由回答を見ると、女性からは「日本語しか話せないのに、どこに行っても現地の人としゃべって盛り上がっていた。どこでも生きていける人だと思った」「記念になるものを買ってくれたり、食事など少し贅沢しても賛成してくれた」など、男性の頼もしい姿や寛容さに惹かれるようだ。一方、男性からは「苦労して探したガイドブックの店で、大して美味しくない料理を満足そうに食べているのを見たとき」という意見が寄せられ、今まで気付かなかった天真爛漫な姿にキュンときたようだ。
 
相手のことを嫌いになるよりも、好きになる割合が高いという、嬉しい結果となった。交際中のカップルは、上記を参考にして旅行をすれば、2人の仲がさらに深まるかも?
  
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
調査方法:インターネット調査
対象:16~85歳の男女992人
期間:2017年2月3日~2月7日
株式会社DeNAトラベル調べ
 
<イチオシ記事>
◆太りにくいお酒1位は? 脂肪を溜めない飲み方のポイント3つ
◆お風呂選び、大手メーカー3社の満足度を検証
◆一番好きなブラジャーの色、男女1000人が選ぶ1位が決定!
◆旅行でした一番の失敗 病気、衝動買いを超えた1位は?
◆女性が感じる男性の優しさ1位は? NG行為、本音も暴露

    この記事をまとめると…

  • 恋人との海外旅行で、男性の6割、女性の7割以上が、相手について新しい発見があったと回答
  • 恋人との海外旅行で、男性の4人に1人、女性の3人に1人が相手を嫌いになった経験があった
  • 反対に男性の4割、女性では5割がより相手を好きになったと回答した
この記事を書いたライター
難波(WB編集部)
カープファン歴40年。脚本家との二足のワラジスト。
         

この記事にコメントする

     
関連記事  
   
Pick up!