残業時間の管理やメンタルケアなど、ビジネスマンを取り巻くストレス環境が注目されていてる。そんな中、アンケートサイト・アイリサーチが、管理職に就く既婚男性を対象に「ビジネスマンのリラックス事情」について調査した。
 

■仕事のストレス…辛い理由は

辛い理由 
上司と部下の板挟みになりストレスを抱えやすい管理職。調査の結果、全体の8割が仕事にストレスを抱えていることがわかった。具体的に辛いと感じている理由を複数回答で聞いたところ、全体で最も多かったのは「努力しても結果のみを求められがち」(33.3%)で、「努力しても努力を認めてもらえない」(31.1%)が僅差で続いた。年代別に見ると、30代では「上司に良いように使われる」が、40代では「努力しても結果のみを求められがち」に不満を感じている人が多かった。また、回答者の9割以上が、自分は日々「頑張っている」と自負しており、その頑張りがなかなか認められないことがストレスに繋がっているようだ。
 

■リラックスのためにしていること

リラックス法 
そうしたストレスから解放されるために、ビジネスマンはどのようなリラックス法を実践しているのだろうか? 実際に行っているリラックス法を聞いたところ、全体の半数以上が「お酒を飲む」(52.2%)と回答。30代と40代で比べると、40代の方がより飲酒を好んでいる傾向がうかがえた。ほかには「眠る」(48.8%)、「入浴する」(37.6%)、「子どもと触れ合う」(33.3%)が上位にランクインした。
 

■ねぎらいの言葉をかけてもらいたい相手は…

ねぎらって欲しい相手 
日頃の頑張りに対して、誰からねぎらいの言葉をかけてもらいたいと思うか複数回答で聞いたところ、ダントツだったのは「妻」(73.2%)、次いで「上司」(40.7%)、「子ども」(25.1%)という結果に。時にはケンカすることがあったとしても、妻からの温かい言葉は何よりも励みになるのだろう。
 
ちなみ、にねぎらいの言葉をかけられたい芸能人を聞いところ、トップは「石田ゆり子」(37.0%)、2位は「吉瀬美智子」(19.9%)、3位は「松島奈々子」(19.1%)となり、ドラマでの優しい“癒し系”のイメージが、そのまま反映されたかたちとなった。
 
ビジネスマンの多くがストレスを抱えながらも、懸命に働いている様子がうかがえる結果となった。女性は、夫や恋人が仕事にストレスを抱えているなと感じときには、その頑張りをねぎらってあげると、なによりの活力になるのではないだろうか。
 
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
調査方法:アンケートサイト・アイリサーチのシステムを利用したWebアンケート
対象:全国の30~49歳の管理職かつ妻帯者である男性1000人(30・40代各500人)
期間:2017年1月30日~2月1日
 
<お知らせ>
◆「WB(ダブルビー)」サービス終了について

 

    この記事をまとめると…

  • 管理職男性の3割以上が、努力しても結果だけを求められて辛いと感じていた
  • 半数以上の人がお酒を飲むことでリラックスしようとしていた
  • 日頃の頑張りをねぎらって欲しい相手として、7割の人が妻と回答した
この記事を書いたライター
難波(WB編集部)
カープファン歴40年。脚本家との二足のワラジスト。
         

この記事にコメントする