小さな子どもがいる家庭では、なかなか満足な睡眠をとれずにいるママも多いのでは? そこで、インターネット広告・メディアを運営する株式会社インタースペースが、同社の運営する母親向け情報サイト「ママスタジアム」にて、子育て中の女性を対象に「家族の寝床」について実態調査を行った。
 

■睡眠満足度「80点以上」の真意は…

睡眠満足度を採点すると… 
睡眠の満足度について、100点満点で何点か、10点刻みで採点してもらった。平均得点は63.4点で、80点以上と満足度が高かった人は32.9%、100点満点を付けた人は8.1%だった。点数を付けた理由を見ると、80点未満では、授乳や夜泣きで起こされたり、子どもの寝相の悪さをあげる人が多数。中には「子どものキックとパパのいびきのダブルパンチ」という声もあり、過酷な環境が垣間見えた。一方、80点以上の高得点を付けた人はさぞや快適な睡眠を得ているだろうと思いきや、コメントには「思ったより寝られる」「割と満足」「多少狭いけど、子どもと一緒で幸せ」など、前置きのある回答がずらり…。決して無条件で満足しているわけではないようだ。
 
また、睡眠に関する不満を自由回答形で聞くと、「子ども2人、両腕腕枕で全く寝返り打てず」「狭い中で子どもと寝ていて、肩こり・腰痛がひどい」「朝起きたとき、全身に倦怠感」など、体の不調を訴える声が多く聞かれた。
  

■寝室と夫婦仲の関係

理想の寝室・寝具について複数回答で尋ねると、1位は「家族全員同じ寝室で寝たい」(34.1%)、次いで「自分だけの寝具で寝たい」(30.3%)となった。3位には「夫婦2人だけの寝室で寝たい」(19.3%)が入り、「子どもと同じ寝室で寝たい」(12.3%)を上回った。
 
実際に家族でどのように寝室を使っているか尋ねると、69.4%が「家族全員で寝ている」と回答しダントツ、次いで「パパのみ別室」(17.8%)となり、「夫婦の寝室と子どもの寝室」という分け方をしている家庭はわずか3.6%だった。
夫婦の仲についてあてはまるのは?
興味深いのは、これを夫婦仲別で見た結果。夫婦仲が「良い・割と良い」と答えたママでは、「家族全員一緒に寝ている」が72.0%だったのに対し、「悪い・割と悪い」ママでは53.4%。さらに、「パパのみ別室で寝ている」ケースは、夫婦仲が「良い・割と良い」では15.2%だったが、「悪い・割と悪い」では36.2%と、いずれも約20ポイントもの差があった。夫婦仲があまり良くないから別々の寝室にしているのか、離れて寝るから夫婦仲が悪くなったのか、因果関係が気になるところだ。
 
家族一緒に寝ることを望んでいるママが3人に1人と、多くいることが分かった。しかし、寝返りも満足に打てず体に不調をきたしてしまっては元も子もない。パパは、たまにはママをゆっくりと寝かせてあげる配慮をすると、夫婦円満度がアップするかも?
 
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
調査方法:ママスタジアムでのインターネット調査
対象:全国の子育て中の女性555人(年齢内訳:20代144人、30代339人、40代以上72人、長子年齢内訳:0~2歳172人、3~5歳199人、6~9歳107人、10歳以上78人)
調査期間:2017年1月12日~年1月18日

<お知らせ>
◆「WB(ダブルビー)」サービス終了について

 

    この記事をまとめると…

  • 子育て中のママの睡眠満足度、平均は63.4点
  • 理想の寝室、トップは「家族全員で同じ寝室で寝たい」
  • 夫婦仲が良い女性では、家族全員同じ寝室で寝ている割合が高かった
この記事を書いたライター
難波(WB編集部)
カープファン歴40年。脚本家との二足のワラジスト。
         

この記事にコメントする