50dai_2
今週の「1000人リサーチ(※)」は、「最も好きな青春映画」について調査した。今日は、50代の調査結果を発表!
 
※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画
 

【最も好きな青春映画(50代編)】

順位
(票数)
作品名(製作年)
1位
(11票)
『愛と青春の旅だち』(1982年)
2位
(6票)
『スタンド・バイ・ミー』(1987年)
3位
(5票)
『君の名は。』(2016年)
4位
(3票)
『小さな恋のメロディ』(1971年)
『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)
『時をかける少女』(複数作品あり)
5位
(2票)
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(複数作品あり)
『トップガン』(1986年)
『ウォーターボーイズ』(2001年)

トップの『愛と青春の旅だち』は男性からの票が多かったが、女性からも主人公とヒロインのロマンスに「胸キュンの元祖映画」(55歳、女性)なんて声もあがった。全世代で支持された『君の名は。』には、「とても印象に残った」(54歳、男性)、「ストーリー、映像、音楽全てが素晴らしい」(56歳、女性)とのコメントが寄せられ“総合芸術”として評価が高いようだ。ランク外ではあるが、『太陽を盗んだ男』(1979年)には「日本映画の可能性を見た」(53歳、男性)とのコメントがあがった。

<コメント>
・海軍の訓練のなかで友情が生まれ、そのなかで恋が感動的に表現されているから(55歳、男性、『愛と青春の旅だち』)
 
・子どもの頃の気持ちに戻れる。少しスリリングなところも見応えがあった(58歳、男性、『スタンド・バイ・ミー』)
 
・高校生のみずみずしい感情に懐かしさを感じた(57歳、女性、『君の名は。』)
 
・命のはかなさを思い知り、青春時の純粋な愛が尊く思える作品だから(58歳、女性、『世界の中心で、愛をさけぶ』)
 

■50代・男性トップ3

順位
(票数)
作品名(製作年)
1位
(8票)
『愛と青春の旅だち』(1982年)
2位
(3票)
『時をかける少女』(複数作品あり)
3位
(2票)
『君の名は。』(2016年)
『小さな恋のメロディ』(1971年)
『セント・エルモス・ファイアー』(1985年)
『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(複数作品あり)
『スタンド・バイ・ミー』(1987年) 他

「リチャード・ギアがカッコイイから」(53歳、『愛と青春の旅だち』)や「富田靖子さんが可愛かった」(50歳、『ときめき海岸物語』)など主演俳優、女優に魅力を感じたコメントが多かった。ランク外には「複数の主観が入りまじる巧みな構成が素晴らしい」(50歳、『桐島、部活やめるってよ』)など。
 
<コメント>
・自分の時代にオーバーラップするから(57歳、『愛と青春の旅だち』)
 
・薬師丸ひろ子の魅力が出ているので(51歳、『翔んだカップル』)
 
・淡い恋心が芽生え始めた少年少女の純真な心が描かれていて、心洗われる気がする(59歳、『小さな恋のメロディ』)
 

■50代・女性トップ3

順位
(票数)
作品名(製作年)
1位
(4票)
『スタンド・バイ・ミー』(1987年)
2位
(3票)
『君の名は。』(2016年)
『愛と青春の旅だち』(1982年)
3位
(2票)
『トップガン』(1989年)

上位には80年代の作品がランクインした一方、全体的に70〜80年代の作品が占めた男性と比べると、近年の作品もおおくあがった。「百人一首の今昔青春時代を楽しめる」(50歳、『ちはやふる』)、「ワクワクした」(54歳、『チアーズ!』)、「学園もので青春を感じる。ドロドロしたところがなく、俳優陣も良かった」(56歳、『花より男子』)といった意見があった。
 
<コメント>
・リバー・フェニックスが素晴らしいから(53歳、『スタンド・バイ・ミー』)
 
・懐かしい(56歳、『クローズZERO』)
 
・青春って感じがした(53歳、『アオハライド』)
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
方法:インターネット調査
対象:1000人(10〜50代の男女、各100人)に行った調査のうち、50代の男女200人
期間:2017年2月22日~3月1日
 
<お知らせ>
◆「WB(ダブルビー)」サービス終了について

    この記事をまとめると…

  • 「最も好きな青春映画」について50代のランキングを発表!
  • トップは『愛と青春の旅だち』制服姿に50代男女が胸キュン
  • 全世代で圧倒的な人気…『君の名は。』
この記事を書いたライター
橘川(WB編集部)
神奈川出身。富山と東京を行き来する、二地域居住生活中。
         

この記事にコメントする