01
日本最大級のマンション相場情報サイト「マンションマーケット」のデータ用いて、東京メトロ9路線を対象に各線の2007年築マンションの平均㎡単価を算出。2007年当時の価格と2017年現在の価格を比較し、資産性が高い沿線を調査した。その結果から、「築10年マンション・価格下落率が低い沿線ランキング」が明らかに。
 

【築10年マンション・価格下落率が低い東京メトロ線ランキング】

   
築10年マンション・価格下落率が低い東京メトロ線ランキング
    
最も下落率が低かったのは「千代田線」(-5.7%)だった。千代田線全体の平均㎡単価ではマイナスとなっているが、内訳をみると2007年当時よりも価格が上昇しているマンションもあった。例えば、霞ヶ関駅が最寄り駅の「グランスイート虎ノ門」は、2007年当時の平均㎡単価は110万7220円、2017年現在は131万9250円と19.2%上昇しているなど、価値が上がっているマンションも存在している。このようなマンションの平均㎡単価の平均上昇率は10.2%だった。
 
2位の「南北線」(-6.7%)にも、築10年を経て価格が上昇しているマンションが多数。白金高輪駅が最寄り駅の「Dグランセ白金」は、2007年当時の平均㎡単価は90万672円、2017年現在は103万3062円と14.7%上昇。南北線沿線の価格が上昇したマンションの平均上昇率は8.0%と、こちらも高い上昇率となっていた。
 
家の価格や価値は、築年が古ければ古いほど下落することが一般的だが、たとえ同じ築年のマンションでも“立地”という観点を加味することで、価格の下落率を抑えることができるかもしれない。春の新生活に向けて、引っ越しを検討している人は上記を参考にしてみては?
 
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
調査対象沿線:「銀座線」「丸ノ内線」「日比谷線」「東西線」「千代田線」「有楽町線」「半蔵門線」「南北線」「副都心線」の9路線
調査対象マンション:駅徒歩10分(800m)圏内に存在する2007年築の中古分譲マンション
調査データ:2017年3月7日時点のもの
 
マンションマーケット
URL:https://mansion-market.com/
  
<イチオシ記事>
◆太りにくいお酒1位は? 脂肪を溜めない飲み方のポイント3つ
◆お風呂選び、大手メーカー3社の満足度を検証
◆一番好きなブラジャーの色、男女1000人が選ぶ1位が決定!
◆旅行でした一番の失敗 病気、衝動買いを超えた1位は?
◆女性が感じる男性の優しさ1位は? NG行為、本音も暴露

    この記事をまとめると…

  • 東京メトロ9路線を対象にした「築10年マンション・価格下落率が低い沿線ランキング」が発表
  • 最も資産性が高い路線は「千代田線」。築10年でも価格が上昇しているマンションも!
  • 春の新生活に向けて、引っ越しを検討している人は参考にしてみては?
この記事を書いたライター
四條(WB編集部)
急上昇・急降下・急展開するアトラクションのような人生を送る、アラサー女子。好きな言葉は「十人十色」。
         

この記事にコメントする

     
関連記事  
   
Pick up!