01-30
今週の「1000人リサーチ(※)」は、「旅行でした一番の失敗」について調査した。今日は、30代の調査結果を発表!
 
※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画
 

【旅行でした一番の失敗(30代編)】

順位
(票数)
失敗
1位
(22票)
同行者との喧嘩
2位
(21票)
病気
3位
(18票)
落し物
4位
(14票)
衝動買い
5位
(12票)
食べ過ぎ

トップは「同行者との喧嘩」。親や友人、先輩、恋人など、身近で仲が良いはずの相手と、旅先で言い争いになったエピソードが多かったが、中には「前日に大喧嘩のまま旅行へ」(30歳、女性)と、旅行前から険悪な空気だった人も。また、「彼女に別れ話をしたから」(32歳、男性)と、自ら気まずい状況を作り出した人もいるようだ。「喧嘩」は女性が多かったが、意外にも男性が上回ったのが「衝動買い」。旅行でテンションが上がり、不要なものを買ってしまった経験のある男性が多かった。
 
<コメント>
・親が、デジカメの使い方が分からず、写真が全く撮れなかった(38歳、女性、「同行者との喧嘩」)
 
・温泉で倒れた。帰ってきてから病院に行ったら、インフルエンザにかかっていたことが分かった(36歳、女性、「病気」)
 
・旅行先でノリと勢いで後先考えずに買い物しまくった。その後は数カ月極貧生活をした(34歳、男性、「衝動買い」)
 

■30代・男性トップ3

順位
(票数)
失敗
1位
(11票)
落し物
1位
(11票)
衝動買い
2位
(8票)
同行者との喧嘩
3位
(7票)
病気

男性では「同行者との喧嘩」は1桁の得票となり、「落し物」や「衝動買い」の方が上回った。「落とし物」は、カメラや財布をあげる声がいくつもあったが、中にはハワイの海でメガネを失くした人も。不慣れな異国の地で、しかも美しい自然を堪能できるチャンスなのに、メガネがなくてはさぞや困ったことだろう。また、少数意見には「迷子」「空港トラブル」「チケットの日付を間違えた」などがあがった。
 
<コメント>
・ワイキキビーチでメガネをかけて泳いでいたら、波にさらわれた(39歳、「落とし物」)
 
・海外で、時差を考えずローカルタイムを知らなかったため、飛行機の時間を間違えた(39歳、「空港トラブル」)
 
・ネットでの予約が分かりにくかった(38歳、「チケットの日付を間違えた」)
 

■30代・女性トップ3

順位
(票数)
失敗
1位
(14票)
病気
1位
(14票)
同行者との喧嘩
2位
(7票)
落し物
2位
(7票)
食べ過ぎ
3位
(4票)
外国語

女性では「病気」と「同行者との喧嘩」が同数でトップに。「病気」には、「風邪を引いてスキューバダイビングができなかった」(39歳)など、せっかくの旅行が台無しになってしまったというエピソードが寄せられた。一方の「喧嘩」は、観光の行き先や食事など些細なことで口論となるケースが多いようで、中には詳細を「答えたくない」(33歳)と、今でも嫌な思いを引きずっている人もいることがうかがえる。少数意見には「遅刻」「飲み過ぎ」「時差ボケ」「迷子」などがあがった。
 
<コメント>
・帰りの車の中で喧嘩をして、長い間口をきかずに帰ってきました。途中トイレに行きたかったけれど、喧嘩をしていたから言えず、かなり辛かったです(38歳、「同行者との喧嘩」)
 
・寝坊して飛行機に間に合わなかった(31歳、「遅刻」)
 
・飲み過ぎて、翌日は何もできなかった(39歳、「飲み過ぎ」)
 
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
方法:インターネット調査
対象:1000人(10~50代の男女、各100人)に行った調査のうち、30代の男女200人
期間:2017年1月18日~1月27日
 
<お知らせ>
◆「WB(ダブルビー)」サービス終了について

    この記事をまとめると…

  • 「旅行でした一番の失敗」について代のランキングを発表!
  • トップは「同行者との喧嘩」。旅先だけでなく旅行前から険悪な空気になったという人も
  • 男性では「衝動買い」が1位に
この記事を書いたライター
樋口(WB編集部)
京都府出身。報道の撮影畑を経て、紆余曲折の末「WB編集部」に行きつく。
         

この記事にコメントする

     
関連記事  
   
Pick up!