01-20
今週の「1000人リサーチ(※)」は、「旅行でした一番の失敗」について調査した。今日は、20代の調査結果を発表!
 
※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画
 

【旅行でした一番の失敗(20代編)】

順位
(票数)
失敗
1位
(26票)
同行者との喧嘩
2位
(19票)
病気
3位
(12票)
食べ過ぎ
4位
(9票)
遅刻
5位
(8票)
衝動買い

トップの「同行者との喧嘩」は、男女共に多かった。原因はさまざまだが、思うように予定が進まなかったり、価値観が合わないなどのストレスに、旅の疲れが重なってイライラしてしまうことが多いようだ。また、中には相手のマナーを注意したことがきっかけで喧嘩をし、その後ずっと険悪なムードの中旅行を続けたという人も。2位には「病気」がランクイン。楽しいはずの旅行が、体調不良で台無しになったという声が多く寄せられた。3位は女性を中心に票が集まった「食べ過ぎ」。ご当地料理の美味しさに、ついつい食べ過ぎお腹を壊したことのある人は少なくないようだ。
 
<コメント>
・同行した相手が重度のクチャラー(音を立てながら咀嚼する人)であることを知り注意したら「うるさい、食事がまずくなる」と逆ギレされた。それ以降の旅行はただただ苦痛だったし食事もろくにとれなかった(27歳、男性、「同行者との喧嘩」)
 
・修学旅行でインフルエンザにかかった(24歳、女性、「病気」)
 
・美味しくて、食べ過ぎたらお腹を壊した(28歳、女性、「食べ過ぎ」)
 

■20代・男性トップ3

順位
(票数)
失敗
1位
(12票)
病気
1位
(12票)
同行者との喧嘩
2位
(4票)
遅刻
2位
(4票)
食べ過ぎ
2位
(4票)
衝動買い
3位
(3票)
落し物
3位
(3票)
外国語
3位
(3票)
怪我

旅行で失敗経験のある男性は約半数に留まり、「失敗はない」という人も多数いた。失敗の中で最も多かったのは「病気」と「同行者との喧嘩」で、「病気」には「旅行当日になって熱が出たのは、夜更かしをしたからです」(28歳)など反省がにじむ声も。2位以下は軒並み1桁の得票にとどまり、ランク外には「空港トラブル」「車の故障」「破損」などがあった。
 
<コメント>
・いつも注意を払って行動しているので、今のところ失敗はないです(29歳、「旅行での失敗はない」)
 
・旅行前のスケジュールが過密で、いざ旅行に出発したら、車の中で気分が悪くなり、旅行初日が台無しになってしまった(26歳、「病気」)
 
・観光地でビデオカメラで撮影した後、不安定なスーツケースの上にビデオカメラを置いてしまい、落下した衝撃でビデオカメラが破損してしまった(27歳、「破損」)
 

■20代・女性トップ3

順位
(票数)
失敗
1位
(14票)
同行者との喧嘩
2位
(8票)
食べ過ぎ
3位
(7票)
病気

トップとなった「同行者との喧嘩」には、「相手の知ったかのせい」(27歳)、「相手の身勝手さに耐え切れなかった」(28歳)など、同行者を非難する声があった一方、「自分の気持ちのコントロールが下手だから」(20歳)、「行きたいところにいけないなど、うまくいかなくてイライラして八つ当たりしてしまったから」(26歳)と、自身の行動を後悔している人も。また、少数意見には「怪我」「予約忘れ」「外国語」などがあった。
 
<コメント>
・旅行に慣れてない彼にイラついて喧嘩になった(23歳、「同行者との喧嘩」)
 
・事前予約と知らず、帰りのバスを予約し忘れた(29歳、「予約忘れ」)
 
・値切ってたら、なぜかペンと物々交換になってた(23歳、「外国語」)
 
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
方法:インターネット調査
対象:1000人(10~50代の男女、各100人)に行った調査のうち、20代の男女200人
期間:2017年1月18日~1月27日
 
<イチオシ記事>
◆太りにくいお酒1位は? 脂肪を溜めない飲み方のポイント3つ
◆お風呂選び、大手メーカー3社の満足度を検証
◆一番好きなブラジャーの色、男女1000人が選ぶ1位が決定!
◆旅行でした一番の失敗 病気、衝動買いを超えた1位は?
◆女性が感じる男性の優しさ1位は? NG行為、本音も暴露

    この記事をまとめると…

  • 「旅行でした一番の失敗」について20代のランキングを発表!
  • トップは「同行者との喧嘩」。男女共に多く、原因はさまざま
  • 少数意見には「怪我」「予約忘れ」「車の故障」など
この記事を書いたライター
樋口(WB編集部)
京都府出身。報道の撮影畑を経て、紆余曲折の末「WB編集部」に行きつく。
         

この記事にコメントする

     
関連記事  
   
Pick up!