【第72回『カネキッチン ヌードル』】

カネキッチン ヌードル
 

■間借り営業を経て独立

カネキッチン ヌードル朝霞や麹町での間借り営業を終え、独立の路面店として昨年の12月にオープンした注目のお店。朝霞時代には「有吉ジャポン」に出演し、祝い花にはミシュランの星付き店『Japanese Soba Noodles 蔦』(東京都豊島区)や『鳴龍』(東京都豊島区)も名を連ねるなど話題に事欠かない。
 
 

■醤油色が美しい艶やかなビジュアル

基本の「醤油らぁめん」を注文。運ばれてきたラーメンは綺麗な醤油色が美しい艶やかなもの。多めの鶏油が表面を覆い、黄色の光沢が食欲をそそる。スープを一口。洗練された醤油の風味に、鶏の深い旨味が重なる重層的な味わい。若干の魚介味がスープのふくらみを引き締める。麺は『三河屋製麺』お得意の全粒粉麺で、咀嚼するほどの小麦の甘味が押し寄せる。
 
カネキッチン ヌードル
 

■名古屋コーチンに銘柄醤油を複数ブレンド

使われる食材はまさに贅沢の極み。三大地鶏の代表「名古屋コーチン」の丸鶏をはじめ、「日本一醤油」や「弓削多醤油」など銘柄揃い。これらをしっかりとラーメンに落とし込み、表現できている点がこちらのお店のすごい所。チャーシューもしっかりと下味のついた低温調理のものが鶏と豚肩ロースの2種。しっとりジューシーな食感がクセになる。
 
前評判をいろいろ聞いていたが、噂に違わぬハイクオリティな一杯に至福の一時を堪能させていただいた。
 
カネキッチン ヌードル
 
◇ ◇ ◇
 
【カネキッチン ヌードル】
住所:東京都豊島区南長崎5-26-15
電話:03-5906-5377
営業:11:30~15:00/18:00~21:00(日 11:00~15:00、祝 11:00~15:00/18:00~21:00)
定休:月曜
Twitter:https://twitter.com/freedam99999
 
<イチオシ記事>
◆まるでテーマパーク! スパイス系の行列店
◆『麺屋武蔵』のDNA!? 激戦区で話題のお店
◆メンマの代わりにピーマン!? 注目の新店
◆名店のレシピを受け継いだ絶品ワンタン
◆2017年“シェル系”が流行する3つの理由

    この記事をまとめると…

  • ラーメン研究家の石山勇人が、毎週オススメのお店を紹介
  • 今週は、話題に事欠かない注目のお店『カネキッチン ヌードル』を訪問
  • 前評判をいろいろ聞いていたが、噂に違わぬハイクオリティな一杯
この記事を書いたライター
石山勇人(いしやま・はやと)
ラーメン研究家。食べ歩いたラーメン店は6000軒を超え、今なお1日2軒のペースでラーメン店をリサーチ&取材に明け暮れる毎日。『王様のブランチ』の出演をはじめ、テレビ番組への出演、企画協力多数。
         

この記事にコメントする