昔と食べる量は変わらないのに、なぜか脂肪の増加が止まらない…と嘆いている人もいるのでは? ドコモ・ヘルスケア株式会社が、同社のウェアラブル活動量計を用いて、20~60代の男女を対象に年齢と体質の変化を調査したところ、年齢が上がるにつれ痩せにくい体に変化していくことが明らかになった。

■年齢と体脂肪の皮肉な関係

 
性・年代別の1日の平均歩数を計測したところ、男女共に50代が最も多く歩いており、男性では7297歩、女性でも6305歩だった。逆に、最も歩数が少なかったのは、意外にも男女共に20代で、男性は6127歩、女性は5354歩となり、50代は20代の約1.2倍歩いていた。また、男女別に見ると、全世代で男性の方が女性より歩数が多かった。
 
若者より中高年が、女性より男性がよく歩いていることが分かったが、肥満度を調べるとなんとも皮肉な結果に。BMIを基準とした肥満度を見ると、「やや肥満」と「肥満」を合わせた肥満率は、男女共に30代以降に大きく上昇し、最も高いのは男性が40代(57.2%)、女性は50代(42.8%)。男女を比較すると、全世代で男性の方が高かった。体脂肪率についても、男女どちらも年齢が上がるにつれて上昇した。これらのことから、年齢と共に体脂肪率が増える一方で筋肉量が減り、そのことで代謝が落ち、痩せにくい体質になっていることが推測できる。若い頃と同じ運動では痩せられないのは、このためなのだ。
 

■年代別のダイエット法

 
管理栄養士の小島美和子氏に、各年代に適したダイエット法を聞いた。
 
●20~30代前半
 
筋肉量があり基礎代謝も高いので、規則正しい生活を送るだけで太りにくい体質になる。NGなのは朝食を抜くこと。代謝を落として、消費カロリーを減らす要因になるので、朝食はしっかりと食べ、ウォーキングや水泳などの有酸素運動で脂肪燃焼効果を高めよう。
 
<ポイント>
・1日3食を心がける(朝食を抜いたり、菓子を食事代わりにしない)
 
・菓子などの間食を控える
 
・1日の中で歩く時間を増やす
 
  
●30代後半~40代
 
働き盛りと言われる年代だが、基礎代謝はぐっと落ちてくる。夕食の時間が遅かったり、量が多い人は、脂肪に変わりやすくなるので要注意。栄養バランスも体脂肪の蓄積に大きく影響するので、丼ものなどの脂質や糖質が多く食物繊維が少ない単品料理は控えめに。筋肉量も減ってくるので、筋肉に負荷がかかる運動を加え、基礎代謝の低下を防ごう。
 
<ポイント>
・夕食時間は20時までに食べ終え、量を少し減らす
 
・単品料理より、主食・主菜・副菜のそろった食事を選ぶ
 
・歩く時間を確保しつつ、スクワットや階段上りなど、筋肉に負荷がかかる運動を加える
 
  
●50代
 
筋肉量が減り、基礎代謝が落ちてくるが、体調は安定してくる。ただし、暴飲暴食など、極端な生活をすると元に戻すのに苦労するので、飲食の量の振れ幅を小さくすると◎。ダイエットだからといって食事を大幅に減らすのは、代謝が落ちてしまうので良くない。また、激しい運動をすると、疲労が残り逆効果なので、速足で歩く、坂道を歩くなど、日々継続できる程度の運動がおススメだ。
 
<ポイント>
・朝食は、ご飯+納豆・卵・魚で代謝を上げる
 
・朝は速足や階段の上り下り、昼も30分以上歩く時間を確保する
 
・毎食たんぱく質食品(卵・大豆製品・魚・肉)を1品食べる
 
・夕食は20時までに。飲み会の頻度を減らし、飲み過ぎはNG
 
年代別のダイエット法は、どれも日頃の生活に取り入れられる簡単なものばかり。年齢と共に痩せにくさを感じている人は、上記を参考にして生活習慣を見直してみてはいかがだろうか。
 
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
調査方法:WM(わたしムーヴ)蓄積データから算出した歩数、BMI、体脂肪率データの集計・分析
対象:20~60代のムーヴバンド2もしくは3の利用者男女3350人
期間:2015年12月1日~2016年11月30日
ドコモ・ヘルスケア調べ
 
【小島美和子】
管理栄養士、健康運動指導士、食コンディショニングプロデューサー
 
 
(「WB(ダブルビー)」編集部)
<イチオシ記事>
◆移住って実際どうなの? 体験者が語る本音「子育てが…」
◆浴衣でテンションUP! カップル人気NO.1の温泉地は?
◆一番好きなブラジャーの色、男女1000人が選ぶ1位が決定!
◆時短でごめん…7割超の母親が申し訳なく思う食事とは?
◆EXILE SHOKICHIとの空白の10年…佐藤広大が語る秘話

 

    この記事をまとめると…

  • ウェアラブル活動量計を用いて年齢と体質の変化を調査したところ、年齢が上がるにつれ痩せにくい体に変化していくことが明らかに
  • 50代男女は20代男女の約1.2倍歩いていたが、50代の方が肥満度が高いという、皮肉な結果に
  • 30代後半から40代は筋肉に負荷をかけ代謝の低下を予防、50代は日々継続可能な軽めの運動を
この記事を書いたライター
難波(WB編集部)
カープファン歴40年。脚本家との二足のワラジスト。
         

この記事にコメントする

     
関連記事  
   
Pick up!