01
 
気象情報を提供するウェザーニュースによると、今春は例年より花粉の飛散開始が早く、関東・九州ではすでにシーズンに突入した地域もあるという。花粉症の女性にとっては、体の不調はもちろんのこと、かゆみや涙などで顔がぐしゃぐしゃになってしまうのも辛いところ。そこで、参天製薬株式会社が、花粉症に悩む20~40代の働く女性を対象に「花粉症とメイク」に関する調査を実施した。
 

■メイクの悩み、ダントツは…

 
花粉シーズンは、メイクが崩れやすくなると思うか聞いたところ、86%もの女性が「そう思う」と回答。最も崩れやすくなるポイントについては、「アイメイク」(63%)がダントツで、「ベースメイク」(34%)、「リップメイク」(3%)などを大きく上回った。そこで、花粉症シーズンの目の周りの様子で当てはまるものを選んでもらうと、「かゆみで、つい目元をこすってしまうことがある」の83%を筆頭に、「よく涙目になる」は67%、「よく目が充血する」は62%と、いずれも多くの女性が辛い症状に苦しんでいた。
 
また、こういった花粉症の症状によって、目元のメイクが崩れて“残念目元”になったことがあるか聞くと、過半数の58%が経験しており、「涙が止まらず、アイシャドーがにじんでパンダ目に」(24歳)、「涙が出ると、アイラインが消えてなくなる」(28歳)、「花粉で目が充血すると、アイメイク自体が映えない」(44歳)、「かゆくて目の周りを触ってしまい、マスカラが取れて汚くなる」(31歳)など、症状の辛さに加えてメイクも台無し…とと散々な様子がうかがえる。さらに、「目元だけはマスクで隠せない」(43歳)、「マスクの隙間から息が漏れると、アイメイクがにじむ」(27歳)といった声もあり、アイメイクならではの対処の難しさもあるようだ。
  

■“残念目元”の対策は?

 
対策は?
 
“残念目元”を防ぐために使用している対策アイテムを複数回答で聞くと、王道の「目薬」が76%で圧倒的に多く、次いで「飲み薬」(38%)、「食品(ヨーグルトなど)」(21%)、「空気清浄機」(19%)、「カップ型洗眼剤」(15%)となった。また、自由回答には、「落ちても目立たない透明マスカラを使用する」(40歳)、「ダテ眼鏡をすると、普段通りの視界が保てて、ファッションのポイントにもできる」(29歳)といった意見もあり、さまざまな工夫をして花粉シーズンを乗り切っているようだ。
 
今シーズンの花粉の飛散量は、広範囲で平年より「やや多い」から「多い」となる見込みで、特に西日本では平年の1.3~1.5倍となるエリアも。花粉アレルギーのある人は、早めに対策を講じるようにしてほしい。
 
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
調査方法:インターネット調査
対象:20~40代の花粉症があり、普段メイクをする習慣がある働く女性500人(性別・年代で均等割り付け)
期間:2017年1月11日~1月13日
 
<お知らせ>
◆「WB(ダブルビー)」サービス終了について

    この記事をまとめると…

  • 86%が花粉シーズンはメイクが崩れやすくなると思っている
  • 過半数が花粉のせいで“残念目元”になった経験あり
  • 対策アイテム1位は王道の「目薬」
この記事を書いたライター
樋口(WB編集部)
京都府出身。報道の撮影畑を経て、紆余曲折の末「WB編集部」に行きつく。
         

この記事にコメントする