01
 
2月24日(金)から始まる「プレミアムフライデー」。毎月末の金曜日は勤務時間を短くするよう企業に働きかけるキャンペーンで、政府が経団連などと連携して進めている。消費の拡大と働き方改革が狙いだが、実際のところ、働く人はどう思っているのだろうか? 株式会社DeNAトラベルが、25~69歳の男女を対象に「プレミアムフライデー」に関するアンケート調査を実施した。
 

■導入予定はわずか

 
勤め先について、プレミアムフライデーを導入する予定か聞くと、「導入済み」はわずか0.8%、「導入予定」も1.4%に留まり、半数を超える55.0%が「導入予定ではない」と回答。「分からない」という人も39.5%おり、まだ実感がない人も多いようだ。一方、勤め先がプレミアムフライデーを導入したらどう思うか聞くと、「とても嬉しい」(43.6%)、「やや嬉しい」(23.6%)を合わせ7割近くが肯定的に捉えており、「金曜日の夕方頃から出発できると、より旅行へ行く機会が増える」「早い時間から飲める」「心のゆとりが生まれる」といった声があがった。逆に、否定的な人のコメントからは、「業務量は変わらない」「派遣なのでその分給与が減る」など、現場の厳しい現実が垣間見えた。
 

■買い物より休養が優先?

 
もしプレミアムフライデーが導入されたら、仕事の後は誰と過ごしたいか複数回答で聞くと、1位は「パートナー」(50.1%)、2位は「ひとり」(48.1%)、3位は「友人」(45.6%)という結果に。また、何をして過ごすかについては、ダントツで「旅行」(70.9%)が人気だったが、2位には、「買い物」(36.0%)や「外食」(33.6%)を押さえて「自宅でゆっくり」(46.4%)が入り、遊ぶよりひとりでゆっくり休みたい人も多いようだ。
 
また、導入された場合の出費について聞くと、「増えそう」が38.1%、「やや増えそう」が36.3%となり、自由回答には「旅行や外食などの機会が増える」と、出費は痛いものの休みを楽しみにしている様子がうかがえた。一方、「変わらなさそう」と回答した人からは、「今も充分に楽しんでいるから」「使うお金がない」といった声があがった。
 

■旅行するならどこへ?

 
プレミアムフライデーが導入されたら「旅行」に行きたいと回答した人に対し、どこに行きたいか複数回答で聞いた。
 
1位 台湾/17.3%
 
2位 韓国/12.8%
 
3位 沖縄/9.8%
 
4位 北海道/8.3%
 
5位 香港/6.5%

 
トップ2を近場の海外が占め、続いて「沖縄」「北海道」と国内の人気観光地がランクインした。5位の「香港」も含め、2日3日でも十分楽しむことが可能な場所に関心が高まっているようだ。
 
住友商事をはじめ大手企業が導入を決定し、航空会社やホテル、スーパーなど、各方面でプレミアムフライデーを狙った商戦もスタートしている。まだ恩恵にあずかれる人は限られているようだが、週末が半日長くなったら何をするか…しばし想像を楽しんでみるのも良いかもしれない。
 
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
調査方法:インターネット調査
対象:25~69歳の男女509人
期間:2017年1月11日~1月15日
DeNAトラベル調べ
 
<お知らせ>
◆「WB(ダブルビー)」サービス終了について

    この記事をまとめると…

  • 勤め先がプレミアムフライデーを導入する予定の人は0.8%
  • 導入された場合にやりたいこと1位は「旅行」、2位は「自宅でゆっくり」
  • 旅行するなら行きたい場所1位は「台湾」。“ちょっと遠方”が人気
この記事を書いたライター
樋口(WB編集部)
京都府出身。報道の撮影畑を経て、紆余曲折の末「WB編集部」に行きつく。
         

この記事にコメントする

     
関連記事  
   
Pick up!