心理学の権威・齊藤勇教授が教える、“相づち”の技術をまとめた本「超・相槌 心理学の権威が教える 人生が劇的に変わるコミュニケーションスキル」が発売された。
 
超・相槌 心理学の権威が教える 人生が劇的に変わるコミュニケーションスキル
 
「他人とうまく話せない」「初対面は人見知りしてしまう」「苦手な人にはどんな話題を振ってよいかわからない」といった悩みは尽きないもの。コミュニケーションが苦手な人は、“話す”ということ意識している場合が多いかもしれない。しかし、会話は話す人と聞く人がいて成り立つもので、話すだけではなく“聞く”ということも重要だ。インターネットリサーチ「Qzoo」が、全国の20~60代の男女1345人に行った調査(2015年8月21日~24日)でも、「あなたが『仕事ができそう』と感じる人は?」という質問に対し、最も多かったのが「話を聞くのがうまい」69.9%と過半数を超え、「話を聞く」という素養の大切さを裏付ける結果となった。同書には、コミュニケーション能力をアップさせる、聞き上手に成長するための相づちのテクニックが収録されている。
  
今回特別に、同書で紹介されているテクニックの一部を紹介しよう。調味料を入れる順番を表現した「料理の基本さしすせそ」という言葉があるように、相づちにも「基本のさしすせそ」が存在するのだ。
 

<心理学で効果が実証されている相づちの「さしすせそ」「あいうえお」>

 
【相づちの「さしすせそ」】
さ:さすが(承認欲求が最も満たせる相づち)
し:実力ですね、知らなかった(成功者と友人になれる相づち)
す:すごい(自己重要感を満たす相づち)
せ:絶対、センスいいですね(是認欲求を満たす相づち)
そ:そうですね、そうなんだ、それで(人間関係の基盤をつくる相づち)
 
【相づちの「あいうえお」】
あ:ありがたい(感謝の相づち)
い:いえ、いえ(最も使い勝手のいい相づち)
う:運が悪かったですね(相手の気持ちを救う相づち)
え:縁がありますね(強い絆を生む相づち)
お:恩を感じます(深い感謝を表す相づち)

 
特に意識しなくても、口をついていることがある言葉ではないだろうか。このような相づちを網羅的に紹介し、どのような場面に使うことが効果的かをつまびらかにした一冊になっている。論理的に解説するだけでなく、使用シーンも具体的に紹介しているので、実践しやすいのも嬉しい。
超・相槌 心理学の権威が教える 人生が劇的に変わるコミュニケーションスキル
   
同書は、本日12月9日(金)より各書店、オンラインショップにて販売。さまざまな人と接する忘年会や新年会の前に読んでおけば、会話に困らなくてすむかも?
 

◇ ◇ ◇
 
【超・相槌(ちょう・あいづち) 心理学の権威が教える 人生が劇的に変わるコミュニケーションスキル】
著者:齊藤勇
定価:1380円(税別)
判型:四六判並製 1921ページ
出版社:文響社
 
文響社 詳細サイト
URL:http://bunkyosha.com/book/9784905073666
 
<イチオシ記事>
◆太りにくいお酒1位は? 脂肪を溜めない飲み方のポイント3つ
◆お風呂選び、大手メーカー3社の満足度を検証
◆一番好きなブラジャーの色、男女1000人が選ぶ1位が決定!
◆旅行でした一番の失敗 病気、衝動買いを超えた1位は?
◆女性が感じる男性の優しさ1位は? NG行為、本音も暴露

 

 

    この記事をまとめると…

  • 心理学の権威・齊藤勇教授の「超・相槌 心理学の権威が教える 人生が劇的に変わるコミュニケーションスキル」が発売
  • コミュニケーション能力をアップさせる、聞き上手に成長するための相づちのテクニックを紹介
  • 忘年会や新年会の前に読んでおけば、会話に困らなくてすむかも?
この記事を書いたライター
四條(WB編集部)
急上昇・急降下・急展開するアトラクションのような人生を送る、アラサー女子。好きな言葉は「十人十色」。
         

この記事にコメントする

     
関連記事  
   
Pick up!