01-total
今週の「1000人リサーチ(※)」は、「コンビニで一番損したと思う商品」について調査した。
 
※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画
 

【コンビニで一番損したと思う商品】

順位
(票数)
商品
1位
(90票)
カップ麺・レトルト食品・缶詰
1位
(90票)
文房具・事務用品
2位
(85票)
ドリンク
3位
(84票)
弁当・おにぎり
4位
(81票)
日用品
5位
(47票)
スナック菓子

■価格に厳しい目

 
トップには「カップ麺・レトルト食品・缶詰」、次いで「文房具・事務用品」と、スーパーなどほかの店でも買えるものが上位に入り、各コンビニがオリジナルで販売している「弁当・おにぎり」は3位、「ホットスナック」はランク外だった。その理由は価格で、トップ3の全ての項目で「値段が高い」という不満が非常に多く噴出。中には「値段が高すぎて、ぼったくられている」(43歳、男性、「ドリンク」)という人もおり、ディスカウントショップなど安さを売りにする店が増えていることもあってか、定価での販売が“ぼったくり”に見えてしまうこともあるようだ。また、定価販売であることは分かっているが、必要に迫られていたり、新商品につられたりして買ってしまったという人もいた。
 
<コメント>
・スーパーやドラッグストアで同じものが安く買えるので(38歳、男性、「カップ麺・レトルト食品・缶詰」)
 
・緊急に必要だったから買ったが、高かった(57歳、女性、「文房具・事務用品」)
 
・新商品を見ると買ってしまうが、大型スーパーの方が安かった(28歳、男性、「ドリンク」)
  

■一番くじに「損した!」少数派の声

 
一方、オリジナルで販売している商品に関しては価格に関するコメントは少なく、「想像していた味と違った」(17歳、女性、「弁当・おにぎり」)といった味や内容について指摘する声が目立った。そのほか、ランク外の少数意見には「雑誌・本・DVD」「パン」「衣料品」「ロウソク・線香」などがあがり、中には「一番くじ」で狙っていた商品とは違うものを引いてしまい「損した」という人もいた。
 
<コメント>
・苦手なものが入っていることに、食べるときになって気付いた。煮卵のおにぎりに、まさかマヨネーズと焼豚が入っているとは思わなかった(33歳、女性、「弁当・おにぎり」)
 
・「もっちり」と書いてあったが、もっちりしていなかった(44歳、男性、「パン」)
 
・後で行った場所でセットで安く売っていたから(51歳、男性、「ロウソク・線香」)
 
さまざまな「損した」体験があがったが、見方を変えると、困ったときに駆け込めば必要なものが手に入ったり、新商品がいち早く店頭に並んだりと、コンビニの魅力も再確認することができた。身近な存在のコンビニ、あなたの好きな点、損した体験は何だろうか?
 
なお、各世代別の調査結果も公開中。詳細はコチラ!
 
・10代の「コンビニで一番損したと思う商品」に関するアンケート
・20代の「コンビニで一番損したと思う商品」に関するアンケート
・30代の「コンビニで一番損したと思う商品」に関するアンケート
・40代の「コンビニで一番損したと思う商品」に関するアンケート
・50代の「コンビニで一番損したと思う商品」に関するアンケート
 
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
方法:インターネット調査
対象:1000人(10~50代の男女、各100人)
期間:2016年9月28日~10月2日
 
<お知らせ>
◆「WB(ダブルビー)」サービス終了について

    この記事をまとめると…

  • 「コンビニで一番損したと思う商品」についてランキングを発表!
  • 総合トップは「カップ麺・レトルト食品・缶詰」
  • 価格に不満が多い一方、困ったときには頼りになる面も
この記事を書いたライター
樋口(WB編集部)
京都府出身。報道の撮影畑を経て、紆余曲折の末「WB編集部」に行きつく。
         

この記事にコメントする

     
関連記事  
   
Pick up!