01-30
今週の「1000人リサーチ(※)」は、「コンビニで一番損したと思う商品」について調査した。今日は、30代の調査結果を発表!
 
※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画
 

【コンビニで一番損したと思う商品(30代編)】

順位
(票数)
商品
1位
(26票)
カップ麺・レトルト食品・缶詰
2位
(23票)
日用品
3位
(17票)
ドリンク
4位
(14票)
弁当・おにぎり
5位
(12票)
文房具・事務用品

トップの「カップ麺・レトルト食品・缶詰」と3位の「ドリンク」は、男女両方から「損した」と声があがった。同じく3位の「文房具・事務用品」は男性が女性の3倍近くおり、値段が高いという声や、質について、また、種類が選べないことへの不満が寄せられた。
 
<コメント>
・近くのスーパーならもっと安いから(37歳、女性、「カップ麺・レトルト食品・缶詰」)
 
・意外とボリュームがなく、おかずが少ない(37歳、男性、「弁当・おにぎり」)
 
・100円ショップで売っていた(34歳、男性、「文房具・事務用品」)
 

■30代・男性トップ3

順位
(票数)
商品
1位
(14票)
カップ麺・レトルト食品・缶詰
1位
(14票)
文房具・事務用品
2位
(12票)
弁当・おにぎり
3位
(10票)
ドリンク

男性では同数で「カップ麺・レトルト食品・缶詰」と「文房具・事務用品」がトップに並んだ。どちらも値段に関するコメントが多く、「カップ麺など」ではスーパーが、「文房具」では100円ショップが比較の対象となっていた。少数意見には「スイーツ」「デジタル雑貨」「ホットスナック」などがあがり、値段のほか味に関する声もあった。
 
<コメント>
・スーパーなどで購入する方が安いから(37歳、「カップ麺・レトルト食品・缶詰」)
 
・家電量販店よりも値段が倍(34歳、「デジタル雑貨」)
 
・ぺちゃぺちゃだったことがある(36歳、「ホットスナック」)
 

■30代・女性トップ3

順位
(票数)
商品
1位
(13票)
カップ麺・レトルト食品・缶詰
2位
(10票)
日用品
3位
(9票)
ドリンク

上位に入った項目には、値段に関するガッカリ経験談が多くあがり、「定価でしか売っていない」(36歳、「カップ麺・レトルト食品・缶詰」)、「すぐ隣のスーパーで100円安く売っていた」(30歳、「ドリンク」)といったコメントが寄せられた。また、少数意見には「パン」「ホットスナック」「衣料品」などがあがった。
 
<コメント>
・同じ商品ならスーパーで安く購入できるに越したことはない(34歳、「カップ麺・レトルト食品・缶詰」)
 
・想像した味とも、名前の印象とも違っていて残念(33歳、「パン」)
 
・ぴったりのサイズではないし、試着もできないから(39歳、「衣料品」)
 
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
方法:インターネット調査
対象:1000人(10~50代の男女、各100人)に行った調査のうち、30代の男女200人
期間:2016年9月28日~10月2日
 
<お知らせ>
◆「WB(ダブルビー)」サービス終了について

    この記事をまとめると…

  • 「コンビニで一番損したと思う商品」について30代のランキングを発表!
  • トップは「カップ麺・レトルト食品・缶詰」。男女共に不満あり
  • スーパーや100円ショップと値段を比較している人が多数
この記事を書いたライター
樋口(WB編集部)
京都府出身。報道の撮影畑を経て、紆余曲折の末「WB編集部」に行きつく。
         

この記事にコメントする

     
関連記事  
   
Pick up!