【第29回『魔法戦隊マジレンジャー』】

01
 

■戦隊×魔法×家族の絆

 
満を持して現れた魔法を使う戦隊ヒーロー。「ハリー・ポッター」の大ヒット後、魔法が日本に馴染んだ空気の中、作られました。戦隊と魔法の組み合わせなんて、ワクワクしないわけがありません。いざ始まってみると、その期待を裏切ることなく僕たちを熱くしてくれました。
 
マジレンジャーのみどころの一つは家族の絆です。90年の「地球戦隊ファイブマン」、99年の「救急戦隊ゴーゴーファイブ」に続いてシリーズ3作目の兄弟戦隊なのですが、過去2作と違う点は、今までレッドが長男だったのに対し、マジレンジャーはレッドが末っ子なのです。まとめてくれるのはマジグリーンの蒔人兄ちゃんなので、マジレッドの魁は多少無茶して動けるあたりが同じ兄弟戦隊でも新鮮に感じました。
 

  

 

■一家勢ぞろいの変身にヒートアップ!

 
そして、マジレンジャーではお父さんとお母さんも過去2作以上にスポットが当てられています。お父さんにはある秘密があり、それが後半で判明して、なんやかんやあって息子たちと一緒に変身するのです。その際に、お母さんも変身します。そして一家が勢ぞろいするシーンがあるのですが、これが圧巻&感動。とにかく盛り上がる名シーンなので、そこを目指して見て欲しいです。ちなみにお母さんが変身するとマジマザーになります。でも、お父さんはマジファザーにはなりません。マジファザーなんてのは出てきません。そこはツッコまずに、そういうものなのだと流してください。あと追加戦士のマジシャインも、まさかの家族入りを果たします。そこも注目です。
 
毎回魔法を使ったりするその世界観は、否が応でもファンタジー満載となり、シリーズで1番と言ってもいいくらいのファンタジー作品となっています。オープニングも飛翔感バツグンの感じが、一気にマジレンジャーの世界に引き込んでくれます。ニュージーランドで撮影されたというオープニングは、日本では今や見られないほどの大爆発や綺麗な風景を織り交ぜており、その映像は鮮明に焼きついています。
 

■“ミスター平成ライダー”の戦隊アクションは必見

 
そろそろ、ここでもスーツアクターさんの話をしてもいいでしょうか? スーツアクターというのは、実際にヒーローや怪人の中に入ってアクションする人たちのことです。現在“ミスター平成ライダー”と呼ばれ、数々の伝説を持つ高岩成二さんというスーツアクター界のリーダー的存在の方がいるのですが、このマジレンジャーと同じ時期にやっていた仮面ライダー響鬼には伊藤慎さんが入っておられまして、高岩成二さんはなんとマジレンジャーのマジレッドをやられているのです。数少ない高岩さんの戦隊アクション。僕はこのマジレッドのアクションが、ザ高岩アクションといった感じで、とても好きです。
 
興味ない人もマジレンジャー見て特撮ファンに混じれンジャー!
 
マジレンジャーのロボ、マジキングのオモチャは歴代のロボの中で、最も美しくて最も遊びごたえがあると思います。
 
篠宮暁
 
<イチオシ記事>
◆頼れる平成ライダーに論争勃発!?(仮面ライダー響鬼)
◆戦隊シリーズ屈指の最終回(五星戦隊ダイレンジャー)
◆挑戦の連続! 恐竜ヒーローに白熱(獣電戦隊キョウリュウジャー)
◆日本人の魂を刺激したヒーローの原点(秘密戦隊ゴレンジャー)
◆トレンディドラマ風の強刺激ヒーロー(鳥人戦隊ジェットマン)
 

 

    この記事をまとめると…

  • お笑いコンビ・オジンオズボーンの篠宮暁が愛して止まない“特撮作品”を紹介
  • 今週は、魔法を使う戦隊ヒーロー『魔法戦隊マジレンジャー』
  • 兄弟&父母がそろった、家族の変身シーンを見逃すな!
この記事を書いたライター
篠宮暁(しのみや・あきら)
お笑いコンビ・オジンオズボーンのボケ担当。物心ついた時から特撮にハマる。Twitter「@shinomiyaakira」で検索! 東映特撮YouTube Official東映特撮ファンクラブにて10月2日(日)朝8時30分配信スタートの『仮面ライダー情報番組 ポッピーピポパポの部屋』に出演。
         

この記事にコメントする

     
関連記事  
   
Pick up!