01-total
今週の「1000人リサーチ(※)」は、「キスする時、最も気になるところ」について調査した。
 
※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画
 

【キスする時、最も気になるところ】

順位
(票数)
気になること
1位
(635票)
口臭
2位
(61票)
唇の荒れ
3位
(36票)
歯の汚れ
4位
(28票)
肌荒れ
5位
(19票)
鼻毛

  
 

■ごまかせないニオイの深刻な問題

 
自分または相手について、キスの際に最も気になる点を聞いたところ、6割以上という圧倒的な得票率で、「口臭」がトップ。全ての世代・性別で1位となり、特に30代・40代では7割を超える程関心が高かった。「相手に不快な思いをさせたくない」(19歳、男性)、「臭かったら印象が悪いし、逆の立場だったらもうしたくなくなる」(29歳、女性)、「生理的にダメ」(52歳、男性)など、男女問わず多くの人が非常に気にしていた。口臭にこれほど関心が集まった要因としては、ニオイは目をつぶってもごまかせない上に、キスは口の接近が避けられないことがある。さらに、本人はニオイに気付きにくいことが「私は大丈夫だろうか?」と心配する気持ちに拍車をかけるようだ。
 
<コメント>
・口臭は話をしていてもバツ。キスなんてとんでもない(34歳、男性、「口臭」)
 
・ケアしているつもりでも、自分では気が付かない場合もあるから気になる(45歳、女性、「口臭」)
 
・全て台無しになる(18歳、女性、「口臭」)
 

■顔はあまり見られてない?

 
トップ3には「口臭」「唇の荒れ」「歯の汚れ」といった口まわりの項目が入り、自分についてはもちろんのこと、相手の状態が気になるという回答も多かった。一方、それ以外の項目、例えば「肌荒れ」「顔のうぶ毛」「顔の角度」「ヘアスタイル」などは、自分のことを気にしている人が大半で、相手のことを指摘する声はほとんどなかった。特に、30代以下の女性で見られた、化粧崩れなど「メイクの具合」に関しては、男性では全世代を通して1票しか入っておらず、本人が思う程には相手は重視していないようだ。化粧や髪を気にする前に、まずは口のケアを万全にする方が賢明と言えるだろう。
 
<コメント>
・歯が汚れているのは問題外(29歳、男性、「歯の汚れ」)
 
・カサカサしていると不快(49歳、男性、「唇の荒れ」)
 
・近くで見られた時にメイクが崩れていたり、隠したい部分を隠せていなかったら恥ずかしい(25歳、女性、「メイクの具合」)
 
何をおいても「口臭」は絶対にNGであることがはっきりした本調査だったが、もう1点、少数ながら注目すべき点があった。それは、「気になるところはない」「気にしない」といった声が主に若い男性からあがったが、女性では極少数だったこと。男性は「愛さえあれば…」とケアを怠ると、女性にそっぽを向かれてしまいかねないので要注意だ。
 
なお、各世代別の調査結果も公開中。詳細はコチラ!
 
・10代の「キスする時、最も気になるところ」に関するアンケート
・20代の「キスする時、最も気になるところ」に関するアンケート
・30代の「キスする時、最も気になるところ」に関するアンケート
・40代の「キスする時、最も気になるところ」に関するアンケート
・50代の「キスする時、最も気になるところ」に関するアンケート
 
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
人数:1000人(10代から50代まで世代別の男女、各100人)
期間:2016年5月11日(水)~5月18日(水)
方法:インターネット調査
 
<お知らせ>
◆「WB(ダブルビー)」サービス終了について

    この記事をまとめると…

  • 「キスする時、最も気になるところ」総合1位は「口臭」
  • 「口臭」はごまかしが効かず、自分では気づきにくい点も関心を集める理由か
  • 相手は、口周辺以外はあまり見ていない
この記事を書いたライター
樋口(WB編集部)
京都府出身。報道の撮影畑を経て、紆余曲折の末「WB編集部」に行きつく。
         

この記事にコメントする