01-50
今週の「1000人リサーチ(※)」は、「結婚と聞いてイメージすること」について調査した。今日は、50代の調査結果を発表!
 
※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画
 

【結婚と聞いてイメージすること(50代編)】

順位
(票数)
イメージすること
1位
(85票)
家族
2位
(37票)
幸せ
3位
(14票)
4位
(13票)
責任
5位
(12票)
安心

トップは「家族」。男女それぞれに40票以上を獲得しダントツだった。「結婚によって個人から家族になった実感があるから」「配偶者、子どもと家族が増え、その存在から一番影響を受けるから」「親のありがたみが分かり、子ができれば親となる。家族が受け継がれて行くから」など、人生のさまざまな面を見てきた50代ならではの、実感のこもった厚みのあるコメントが多くあがった。また、票数は下がるものの2位に「幸せ」、3位は「愛」など、前向きなイメージが上位に入り、若者にとっては希望に溢れたランキングとなった。
 
<コメント>
・若い頃は愛とか幸せとか考えますが、年数を重ねていくと、家族になることが一番ふさわしいイメージだと思います(52歳、女性、「家族」)
 
・正直そう思うから(51歳、男性、「幸せ」)
 
・互いと向き合い、育てていく(51歳、女性、「愛」)
 

■50代・男性トップ3

順位
(票数)
イメージすること
1位
(45票)
家族
2位
(18票)
幸せ
3位
(9票)
3位
(9票)
責任

上位2項目は女性と同じ。男性に多かったのは3位の「愛」と「責任」で、「愛」は既婚者が多く、「愛そのものでしょう」「一緒にいて楽しいから」など、幸せな結婚生活を送っていることが伝わってくるコメントがあがった。一方、「責任」は半分以上が未婚男性からの票で、「自分だけの人生ではなくなるから」「守るものが増えるから」といった意見が寄せられた。既婚者の意見も「家族の数だけ責任が増える」「食べさせていくから」など似ており、未婚者が持つイメージと実際が近いことがうかがえる。
 
<コメント>
・1人の世界から世帯へ変化し、新たな家族となるから(52歳、「家族」)
 
・愛があるから結婚すると思うので(59歳、「愛」)
 
・別々に育った人間が一緒に暮らして行くためには、互いを尊重し、責任を持って過ごす必要があるから(52歳、「責任」)
 

■50代・女性トップ3

順位
(票数)
イメージすること
1位
(40票)
家族
2位
(19票)
幸せ
3位
(8票)
安心

トップの「家族」には、「結婚は家族になることだと思う」といったコメントが非常に多く、男性の意見と似ていた。結婚に「家族」をイメージする人は、男女の差なく同じ価値観を共有しているようだ。一方、3位の「安心」には男女で違いが。男性は「安心」に「帰る所ができる」「家庭は安らぐ」など心理的な面をあげたが、女性では「経済的安定と老後のことを考えて」など、お金の面をあげる声がチラホラあった。
 
<コメント>
・結婚して子どもができて、新しい家族を作るから(56歳、「家族」)
 
・好きな人と共に歩めることは、色々な感情が生じるけれど、一言で言うならやっぱり「幸せ」だなと思って(56歳、「幸せ」)
 
・一緒に生活することで、経済的にも精神的にも安心感が生まれると思う(51歳、「安心」)
 
 
◇ ◇ ◇
 
【調査概要】
人数:1000人(10代から50代まで世代別の男女、各100人)に行った調査のうち、50代の男女200人
期間:2016年5月19日(木)~5月21日(土)
方法:インターネット調査
 
<お知らせ>
◆「WB(ダブルビー)」サービス終了について

    この記事をまとめると…

  • 50代のトップは「家族」
  • 前向きな結婚イメージが上位にずらり
  • 「家族」には男女共通のイメージ、「安心」には違いが
この記事を書いたライター
樋口(WB編集部)
京都府出身。報道の撮影畑を経て、紆余曲折の末「WB編集部」に行きつく。
         

この記事にコメントする

     
関連記事  
   
Pick up!